2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【昭和天皇こそ史上最強の反日売国奴!】3

1 :てんころりん:03/10/31 23:14 ID:/vNeOIwk
前スレ
【昭和天皇こそ史上最強の反日売国奴】2
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1065455103/l50

1971年に昭和天皇が訪欧したとき、イギリスやオランダでは歓迎されず、怒れる人々のデモがあり、大衆紙には「戦争犯罪人」とも「ヒロヒトラー」とも書きたてられた。
1975年の訪米の際には、自身の戦争責任を曖昧にし、太平洋戦争のことを「私が深く悲しみとするあの不幸な戦争」と、自分で宣戦しておきながら、まるで、第三者みたいなスピーチをした。
そのため帰国後、外国人記者クラブとの公式記者会見では、『ロンドン・タイムズ』紙の記者が天皇に、その発言の真意を質し、
「ご発言がありましたが、このことは戦争にたいして責任を感じておられるという意味と解してよろしゅうございますか。
また、陛下はいわゆる戦争責任について、どのようにお考えになっておられますか、おうかがいします。」と質問したところ、
昭和天皇は「そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしていないのでよくわかりませんから、そういう問題についてはお答えが出来かねます」と返答した。
すなわち、天皇自身は全く戦争に対する悔恨も責任も持たず、宮内省がつくった作文を、無自覚に読んでいただけだった。
やはり、戦争責任を誤魔化し、責任をA級戦犯や「一億総懺悔」という言葉で民衆に擦り付けて、自分は被害者面している昭和天皇は、とんでもないクズと言うほか無い。


2 :朝まで名無しさん:03/10/31 23:15 ID:odRtAdcj
2

3 :朝まで名無しさん:03/10/31 23:18 ID:ovaOujyY
自らの戦争責任を平気でしらばっくれる最悪のクズでつね。


こんな香具師に忠誠を誓って、死んだ靖国の英霊は、まさに「犬死」だね。



4 :朝まで名無しさん:03/10/31 23:22 ID:i3h+u+6v
レイプ事件の早稲田当局みたいなもんか。

5 :朝まで名無しさん:03/10/31 23:34 ID:ovaOujyY
早稲田も「国体護持」で必至だもんね。

でも、人気凋落もテンコロ同様。



6 :朝まで名無しさん:03/10/31 23:35 ID:SyKzHuQh
責任は無いだろ。 あるの?


7 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/10/31 23:55 ID:C6tEClD6
スレのアドが違うな。
【昭和天皇こそ史上最強の反日売国奴!】 2
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1065455103/
初代スレ
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1061024424/l50

で、他のスレにいこうって言ってるのに性懲りも無くスレ立ててまた同じ議論をループさせるのか。

懲りないね。何はともあれ、1は乙。

でも、てんころって喚くのは
テンコロ逝っていいよ
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1062600292/
行ってね。

8 :???:03/11/01 02:39 ID:/q5huniP
同じことを何度も書きたがるのは、本人が書いたことを本心では納得していない
証拠だろう。それ以外どういう説明が。(w

9 :朝まで名無しさん:03/11/01 02:42 ID:sB7TihKA
http://zetabbs.org/
避難所です。(ipとってない)

10 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/01 03:14 ID:rvv/q5xQ
今回の鯖移転についてのスレ
gamble/news3鯖が重い重い重い重い重い重いkuri7
http://qb3.2ch.net/test/read.cgi/operate/1058976800/


11 :朝まで名無しさん:03/11/01 07:04 ID:fXbCr8Gl
ここは、あくまでも史上最悪の君主である昭和天皇についてのスレです。

弁護も非難も両方O.K.です。マターリと昭和天皇について語り合いましょう(w


12 :朝まで名無しさん:03/11/01 07:28 ID:fXbCr8Gl
もともと日本人にあった「謙譲」や「潔さ」という美徳は、昭和天皇によって踏みにじられたといっていいだろう。
昭和天皇が戦争責任を全部、部下に押し付け、自らは「保身」に遁走した姿を見て、多くの日本人は、大犯罪を犯してもしらばっくれた方が勝ちということを覚えてしまった。

そのために、今でも汚職政治家が秘書に責任をなすりつけたり、大企業の経営役員が業績悪化の責任をみんな従業員に押し付けてリストラをして、自分は莫大な退職金を受け取ったりしている。
こうした醜い日本人の姿の元凶は全て昭和天皇にあると言えうる。



13 :朝まで名無しさん:03/11/01 07:50 ID:x5yXS6+g
天皇に戦争責任なんかあるわけ無いだろ。
>>1は東京裁判を盲信してる史上最強の能無し反日売国奴ですか?


14 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/01 07:52 ID:rvv/q5xQ
朝っぱらから・・・・・もう2000レス近くも話て元気だな・・・・

15 :朝まで名無しさん:03/11/01 07:55 ID:agYVA9c0
ID:fXbCr8Glみたいに(特定のヤツだろうが)テンコロスレやこういうスレを定期ageしてるのって何がしたいんだ?

16 :朝まで名無しさん:03/11/01 08:07 ID:sOEyvqCN
東条内閣は「和他非はハッタリ子機だからあやつりでそたと責任のがれでしもか。」

「欧州王国主義の傀儡に甘んじるだけだとしらねんだろかな。国賊薩魔−払ランス陣。」

17 :朝まで名無しさん:03/11/01 16:29 ID:x5yXS6+g
ヒロヒトのおかげで父親や夫が殺されたんだからね、
旅先で石のひとつでも投げられりゃあいいんだ。

ヒロヒトが40歳を過ぎた猫背の小男ということを
日本人に知らしめてやる必要がある。
神さまじゃなくて人間だ、ということをね。

それが生きた民主主義の教育というものだよ。

昭和21年2月、昭和天皇が全国御巡幸を始められた時、
占領軍総司令部の高官たちの間では、こんな会話が交わされた。

しかし、その結果は高官達の"期待"を裏切るものだった。
昭和天皇は沖縄以外の全国を約8年半かけて回られた。
行程は3万3千キロ、総日数165日。
各地で数万の群衆にもみくちゃにされたが、石一つ投げられたことはなかった。

イギリスの新聞は次のように驚きを率直に述べた。

日本は敗戦し、外国軍隊に占領されているが、
天皇の声望はほとんど衰えていない。
各地の巡幸で、群衆は天皇に対し超人的な存在に対するように敬礼した。
何もかも破壊された日本の社会では、天皇が唯一の安定点をなしている。

イタリアのエマヌエレ国王は国外に追放され、長男が即位したが、
わずか1ヶ月で廃位に追い込まれた。
それに対して、日本の国民は、まだ現人神という神話を信じているのだろうか?
欧米人の常識では理解できないことが起こっていた。


18 :朝まで名無しさん:03/11/01 16:33 ID:x5yXS6+g
昭和天皇が全国御巡幸の決意を示されたのは、
敗戦直後、昭和20年10月であった。
宮内府次長加藤進氏に次のように指示された。

この戦争により先祖からの領土を失ひ、国民の多くの生命を失ひ、
たいへん災厄を受けた。
この際、わたくしとしては、どうすればよいのかと考へ、また退位も考えた。
しかし、よくよく考へた末、全国を隈無く歩いて、国民を慰め、励まし、
また復興のために立ちがらせる為の勇気を与へることが自分の責任と思ふ。
このことをどうしても早い時期に行ひたいと思ふ。
ついては、宮内官たちはわたくしの健康を心配するだらうが、
自分はどんなになってもやりぬくつもりであるから、健康とか何とかはまつたく考へる
ことなくやってほしい。
宮内官はその志を達するやう全力を挙げて計画し実行してほしい。

御巡幸の打診を受けた占領軍総司令部は、冒頭で紹介したような魂胆もあって、許可した。


19 :朝まで名無しさん:03/11/01 16:36 ID:x5yXS6+g
昭和21年2月19日の最初のご訪問の地は、昭和電工・川崎工場であった。
食糧増産に必要な化学肥料の硫安を生産していたが、
空襲で70%の設備が破壊され、社員は必死で復旧に努めていた。

一列に並んだ工員たちに、昭和天皇は「生活状態はどうか」、
「食べ物は大丈夫か」「家はあるのか」と聞かれた。
感極まって泣いているものも多かった。
案内していた森社長は、天皇が身近な質問ばかりされるので、
宮中で安楽な生活をされていたら、こんなことは口だけでは言えまい、
と急に深い親しみを感じた。

二度目の御巡幸は、2月28日、都内をまわられた。
大空襲で一面、焼け野原である。新宿では、昭和天皇の行幸を知った
群衆が待ちかまえ、自然に「天皇陛下、万歳」の声が巻き起こった。
昭和天皇が帽子をとってお応えになると、群衆は米兵の制止も振り切って、
車道にまでなだれこんだ。これ以降、巡幸される先々で、このような光景が繰り返された。


20 :朝まで名無しさん:03/11/01 16:43 ID:x5yXS6+g
昭和21年には、関東、東海地方の各県を廻られ、
22年6月には、大阪、兵庫、和歌山。
そして8月の酷暑の中を東北全県の巡幸を希望された。
側近が驚いて、涼しくなってからでは、と延期を願ったが、
「東北の運命(食料の増産)は、真夏にかかっている。
東北人の働くありのままの姿を是非この目に見て激励してやりたい」と許されなかった。

敗戦直後で、宿舎がままならず、列車の中や、学校の教室に泊まられた事もあった。
「戦災の国民のことを考へればなんでもない。十日間くらゐ風呂に入らなくともかまはぬ」
と言われて、行幸を続けられた。

出炭量の40%を占める重要なエネルギー供給基地福島県の常磐炭坑では、
地下450mの坑内を歩かれ、40度の中を背広、ネクタイ姿で、
上半身裸の鉱夫たちを激励された。深い坑内で万歳の声が轟いた。
この時の御製(お歌)である。


「あつさつよき磐城の里の炭山にはたらく人をををしとぞ見し」


21 :朝まで名無しさん:03/11/01 16:56 ID:x5yXS6+g
この2ヶ月後には休む暇なく、甲信越地方9日間の御巡幸に出られた。
最初に浅間山の初雪の中を2キロも歩かれて、山麓の大日向開拓村を訪問された。
大日向村は満州への分村移民を全国で最初に実行した村である。
しかしソ連の満州侵略により、移民694名中、ようやく半数の323名が生き残って、
村に帰ってきた。
そして標高1095mの荒れ地を切り開いて、入植していたのである。

天皇をお迎えした開拓団長堀川源雄の奏上は、幾度となく涙でとだえた。
昭和天皇のお顔も涙に濡れた。


「浅間おろしつよき麓にかへりきていそしむ田人とふとくもあるか」


22 :朝まで名無しさん:03/11/01 16:58 ID:x5yXS6+g
この年、11月から12月にかけてには、
さらに鳥取、島根、山口、広島、岡山をまわられた。
島根県では新川開拓村で3万人の奉迎に応えられた後、伊波野村で農作業をご覧になられた。
農業会長が、働いている老夫をさして、
「我が子を二人とも失いましたが、村人の助けも得て、屈することなく働いております」
と説明すると、天皇は次のようなお言葉とお歌を賜った。

この度は大事な二人の息子を失いながら、
猶屈せずに食糧増産に懸命に努力する老農の姿を見、一方又、
これを助ける青年男女の働きぶりを見て、まことに心うたれるものがあった。
このやうな涙ぐましい農民の努力に対しては深い感動を覚える。
いろいろ苦しいこともあらうが、努力を続けて貰ひたい。


「老人(おひびと)をわかき田子らのたすけあひていそしむすがたたふとしとみし」


23 :朝まで名無しさん:03/11/01 17:02 ID:x5yXS6+g
12月5日、広島に入られる。広島市では戦災児育成所の原爆孤児84名に会われた。
原爆で頭のはげた一人の男の子の頭を抱えるようにして、目頭を押さえられた。
周囲の群衆も静まりかえって、すすり泣く。

爆心地「相生橋」を通過されて、平和の鐘が鳴る中を元護国神社跡で
7万の奉迎を受けられた。周囲には黒こげの立木、あめのように曲がった鉄骨が残る中で、
天皇はマイクで次のように語られた。

このたびは皆のものの熱心な歓迎を受けてうれしく思ふ。
本日は親しく市内の災害地を視察するが、
広島市は特別な災害を受けて誠に気の毒に思ふ。
広島市民は復興に努力し、世界の平和に貢献せねばならぬ。

「ああ広島平和の鐘も鳴りはじめたちなおる見えてうれしかりけり」

この中国地方行幸にお目付役として同行していた占領軍総司令部民政局のケントは、
原爆を落とされた広島の地ですら誰一人天皇を恨む者がいないことに、
ただただ驚くばかりであった。
もともと天皇制廃止を目論んでいた民政局は、兵庫県で小学生達が禁止されていた
日の丸を振ってお出迎えしたのを「指令違反」であるとして、以後の御巡幸中止を命じた。

しかし、御巡幸を期待する九州、四国地方からの嘆願や議会決議が相次ぎ、
昭和天皇も直接マッカーサーにお話しされた模様で、翌々年に再開が許可された。


24 :朝まで名無しさん:03/11/01 17:02 ID:0u1DBIKA
昭和のテンコロの巡業なんて見たくねえな。
猿芝居もいいとこだ。
こいつ、巡業中はいい顔しているけど、戦争に負けたのは国民のせいだとか。
共産主義革命が起こりそうだから、侵略戦争をやめられなかっただとか、ちっとも国民を信用していなかった。
こんなクズの巡業に簡単に騙されるから日本人はバカなのだ。


25 :朝まで名無しさん:03/11/01 17:05 ID:x5yXS6+g
昭和24年5月18日から6月10日にかけては、九州全県を巡幸された。
5月22日に立ち寄られた佐賀県基山町の因通寺には、
40余名の戦災孤児のための洗心寮があった。
孤児たちの中に、位牌を二つ胸に抱きしめていた女の子がいた。

昭和天皇は、その女の子に近づかれて、「お父さん、お母さん?」と尋ねられた。
「はい、これは父と母の位牌です」とはっきり返事をする女の子に、さらに「どこで?」。

「はい。父はソ満国境で名誉の戦死を遂げました。
母は引上げの途中病のためになくなりました。」

天皇は悲しそうな顔で「お寂しい」と言われると、女の子は首を横に振って、
「いいえ、寂しいことはありません。私は仏の子です。
仏の子供は亡くなったお父さんとも、亡くなったお母さんともお浄土にいったら、
きっともう一度会うことができるのです。・・・」

昭和天皇は、すっと右の手を伸ばされ、女の子の頭を2度、3度と撫でながら、
「仏の子供はお幸せね。これからも立派に育っておくれよ」と言われた。
数滴の涙が畳の上に落ちた。
「お父さん」、女の子は小さな声で昭和天皇を呼んだ。


「みほとけの教へまもりてすくすくと生い育つべき子らに幸あれ」


26 :朝まで名無しさん:03/11/01 17:08 ID:+8qRVymk
でも死ぬまで沖縄には行きませんでした。

27 :朝まで名無しさん:03/11/01 17:09 ID:x5yXS6+g
因通寺の参道には、遺族や引き揚げ者も大勢つめかけていた。
昭和天皇は最前列に座っていた老婆に声をかけられた。
「どなたが戦死をされたのか」
「息子でございます。たった一人の息子でございました」
声を詰まらせながら返事をする老婆に「どこで戦死をされたの?」
「ビルマでございます。激しい戦いだったそうですが、
息子は最後に天皇陛下万歳と言って戦死をしたそうです。・・・
天皇陛下様、息子の命はあなた様に差し上げております。
息子の命のためにも、天皇陛下さま、長生きをしてください」

老婆は泣き伏してしまった。じっと耳を傾けていた天皇は、
流れる涙をそのままに、老婆を見つめられていた。

引き揚げ者の一行の前では、昭和天皇は、深々と頭を下げた。
「長い間遠い外国でいろいろ苦労して大変だったであろう」と
お言葉をかけられた。一人の引き揚げ者がにじり寄って言った。

天皇陛下さまを怨んだこともありました。
しかし苦しんでいるのは私だけではなかったのでした。
天皇陛下さまも苦しんでいらっしゃることが今わかりました。
今日からは決して世の中を呪いません。人を恨みません。
天皇陛下さまと一緒に私も頑張ります。

この言葉に、側にいた青年がワーッと泣き伏した。
「こんな筈じゃなかった。こんな筈じゃなかった。
俺がまちがっておった。俺が誤っておった。」

シベリア抑留中に、徹底的に洗脳され、日本の共産革命の尖兵として、
いち早く帰国を許されていた青年達の一人であった。
今回の行幸で、天皇に暴力をもってしても戦争責任を認めさせ、
それを革命の起爆剤にしようと待ちかまえていたのである。
天皇は泣きじゃくる青年に、頷きながら微笑みかけられた。

28 :朝まで名無しさん:03/11/01 17:12 ID:+8qRVymk
そういえば昭和天皇は「原爆は止むを得なかった」とも発言していたね。

29 :朝まで名無しさん:03/11/01 17:13 ID:0u1DBIKA
>引き揚げ者の一行の前では、昭和天皇は、深々と頭を下げた。
>「長い間遠い外国でいろいろ苦労して大変だったであろう」と
>お言葉をかけられた

誰のせいで、外国に侵略戦争しに行かされたと思ってるんだろうね。
「偉大な大元帥」は、ホントにクズだな。こいつのやることは、大勢の迷惑をかけた人のために切腹することだったのではないだろうか?


30 :朝まで名無しさん:03/11/01 17:13 ID:x5yXS6+g
九州御巡幸では約190カ所にお立ち寄りになり、
各県とも6、7割の県民が奉迎したので、約700万人とお会いになった。

御巡幸はその後も、四国、北海道と昭和29年まで続き、8年半の間に昭和天皇は沖縄をのぞく、
全都道府県をまわられ、お立ち寄り箇所は1411カ所におよんだ。
奉迎者の総数は数千万人に達したであろう。

「戦のわざはひうけし国民を思ふこころにいでたちてきぬ
わざはひをわすれてわれを出むかふる民のこころをうれしとぞ思ふ
国をおこすもとゐとみえてなりはひにいそしむ民の姿たのもし 」

大日本帝国が崩壊して、始めて国民は間近に天皇を拝する機会を得た。
驚くべき事に、それは人々と共に悲しみ、涙を流す天皇であった。
一人ひとりが孤独に抱えていた苦しみ、悲しみに、天皇が涙を流された時、
人々は国民同胞全体が自分達の悲しみ、苦しみを分かち合ってくれたと感じ、
そこからともに頑張ろう、という気持ちが芽生えていった。
戦後のめざましい復興のエネルギーはここから生まれた。

昭和63年9月、昭和天皇が病床につかれると、全国の御平癒祈願所に約9百万人が記帳に訪れた。
40数年前の御巡幸で昭和天皇に励まされた人々も少なくなかったであろう。

昭和天皇は病床で「もう、だめか」と言われた。医師たちは、ご自分の命の事かと思ったが、
実は「沖縄訪問はもうだめか」と問われたのである。
御巡幸の最後の地、沖縄に寄せられた昭和天皇の御心は、今上陛下によって平成5年に果たされた。


31 :朝まで名無しさん:03/11/01 17:53 ID:nmyYB8vf
ID:x5yXS6+g
ご苦労様です。

ALL>「売国奴」の意味判らんから説明してホスイ。。。

それと、世界史の中でこれは、と思う「売国奴」を
何人か揚げて説明してちょ。日本人は除外してね。

32 :朝まで名無しさん:03/11/01 18:22 ID:kQEzpZHz
昭和天皇のお涙頂戴話って、
北朝鮮の平壌放送で偉大なる主席さまに
リサイクルされてるよなw

33 :朝まで名無しさん:03/11/01 18:26 ID:M8S37Omu
>>32
北朝鮮の金王朝体制の形成に貢献した人々には
大日本帝国の帝国大学を卒業した連中らが多いです。
北朝鮮の核兵器開発にも大日本帝国大学卒が関わっているそうだ。

34 :朝まで名無しさん:03/11/01 18:27 ID:uEMJuWgO
天皇家は日本最古の在日で、最大の寄生虫!!



35 :朝まで名無しさん:03/11/01 18:28 ID:GavlHO6l
>>29
東京裁判で指導部の戦争責任を問う動きが出た際、「自分が退位する事で
何とか収めてもらうわけにはいかないだろうか」と言ってたそうだが。
それを実行出来なかったのかね。

36 :朝まで名無しさん:03/11/01 18:31 ID:kQEzpZHz
俺アメリカに洗脳されてようがサヨクに支配されてようが
今のほうがいいな。TVでしか看たこともないような大福顔一家
を無理矢理「尊敬」させられて、命まで捨てさせられる北朝鮮
みたいな国なんて願い下げだね

37 :朝まで名無しさん:03/11/01 18:32 ID:M8S37Omu
皇族がチョン顔であるから、天皇制の廃止を唱える奴が出現してしまうのは、
仕方が無い。
皇族が欧州の王室並の美男美女だったら、
こんなスレみたいなものは乱立して居無かっただろうに。
昭和天皇って、ひ弱な体で、ヲタク顔で、カリスマ性がゼロ。
こんな人間の為に死んでいった人々は可愛そう。

38 :朝まで名無しさん:03/11/01 18:41 ID:GavlHO6l
>>36
日本でも、1868年から1945年8月の敗戦まで、庶民は天皇の顔を直視する事さえ
許されていなかったのですが。
その時代を生きた人は叩き込まれてるはずだけどな。“陛下に対し、奉り最敬礼”
“陛下の顔を見ると目が潰れる”と。

39 :朝まで名無しさん:03/11/01 18:41 ID:eDqDfZk/
>>37
イギリスのチャールズ皇太子も結構笑える顔だと思うけど。
二人の息子は母親似でイケメンだけどね。

40 :朝まで名無しさん:03/11/01 18:45 ID:8g4vL4KN
「退位問題について・・昭和45年4月24日に稲田侍従長が承った要旨による」

明治天皇御紀編纂に携わっていた三上参次から聞いたことであるが、明治天皇は、大臣が辞職するのとは違って、天皇は記紀に書かれている神勅を履行しなければならないから退位できないと仰せられたとのことである。
明治天皇の思召しは尤もであろうと思う。

わたしの任務は祖先から受け継いだ此の国を子孫に伝えることである。
わたしは明治天皇の思召に鑑み、苦難に堪えて義務を果たす方が国家に忠を尽すことになると思う。
熟慮の上、苦難に堪え日本再建に尽す決意である。

もし退位した場合はどうであろう。
何故退位したかと問われるであろうし、混乱も起るであろう。
又靖国神社の宮司にまつりあげて何かしようとしている人々もあるとの噂もあり、又摂政になると予期して、戦時中の役目から追放になる身でありながら動きを見せた皇族もあるから、退位はなさらない方がよいと言ってくれたのは松平慶民(注・敗戦直後の宮内大臣)であった。

木戸(注・幸一)内大臣が終戦前に将来退位問題が起るであろうと言ってくれた時、反対はしなかったが、その時とその後では事情が違う。
退位すると言ったことはない。

その他、東京裁判の頃にマッカーサー元帥から退位はなさらないでしょうねと聞いて来た時、三谷(注・隆信侍従長)、田島(注・道治宮内府長官)と相談して、退位しないと答えさせたことがある。
今、退位すると言っては信義にもとることになる。
以上二つの理由から退位しない方がよいと思っている。

41 :朝まで名無しさん:03/11/01 19:08 ID:kQEzpZHz
>>38 ようするに「北朝鮮だった」っていいたいわけだろ?w

42 :朝まで名無しさん:03/11/01 19:16 ID:0u1DBIKA
そう、まさに昭和天皇=じょんいる だね。

今の北の体制も昭和天皇を真似したのでは?
先祖が神様なんていうところとか…。


43 :朝まで名無しさん:03/11/01 19:35 ID:IBD9iaTT
てことで、イラナイね天皇制。

44 ::03/11/01 19:36 ID:DJYgys4e
>>38

よくも、まあウソばかり言えるよな〜

なんのタメに二重橋を利用してたのだか…

天皇スレでも、最悪のレベル。

どうぞ、傷を舐め合って下さいませ。(笑)

45 :朝まで名無しさん:03/11/01 19:42 ID:q02WAFHe
>>38
おいおい無茶苦茶書くなよ。

46 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/01 19:55 ID:ZW0NQFkk
さて、事実だけを。

>>29
不況により各国はブロック経済を形成。
日本に食料を安価で売ってくれなくなった。
確かに屑鉄の輸入停止は痛かったが、行幸の記述にもあるように、食糧の増産こそが至上命題であり
増えすぎた人口と市場のハケ口を求め、かつ資源を求めて戦前から委任統治されていた南方や朝鮮
、満州に移民させた。

時に、昭和帝の攻めた地域は中華民国(満州)、インドシナ、インドネシア、委任統治領以外の太平洋の島々。
これ以外の大韓帝国、台湾、委任統治領南洋諸島などは、名目的には明治帝や大正帝の責任。

ここははっきりさせとく。

>>31
スターリンにとってのトロツキー。
スターリン批判を受けるまではトロツキーは絶対のアクであり、「トロツキスト」は売国奴の代名詞だった。

しかし、実際にはトロツキーはソ連の歴史から1998年頃まで抹殺されていたため、若者はトロツキーが誰か
知らなかった。

フランスのナチ政権を担ったペタン元帥とか。

>わたしの任務は祖先から受け継いだ此の国を子孫に伝えることである。
>わたしは明治天皇の思召に鑑み、苦難に堪えて義務を果たす方が国家に忠を尽すことになると思う。
これは理解できる・・・だからこそ、行幸に繋げたのだろう。

47 :朝まで名無しさん:03/11/01 19:56 ID:x5yXS6+g
「日本破れたりとはいへ、その国民性は決して軽視することができぬ。
例へば日本国民の皇室に対する忠誠、敗戦後における威武不屈、
秩序整然たる態度はわが国の範とするに足る」 (中華民国国民政府・王世杰外交部長)

滞京二週間の印象としてまづあげられることは日本国民がこの僅か二週間の間にも
最初の衝撃から段々に醒めて雄々しくも着々復興の準備にとりかゝりつゝあると
いふことである。日本に着くまでは「浪人」や右翼の連中が相当うるさいことだらう
と想像してゐたが実際来て見て全国民が余りにも冷静なのに驚いた。
(AP通信社東京支配人ラッセル・ブラインズ氏)

敗戦直後の日本は、世界にこのような驚きを与えていた。国家存亡の危機に発揮された
この「国民性」とはどのようなものであったか、同じ敗戦国ドイツと比較しつつ、
史実をたどってみたい。


48 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/01 19:58 ID:ZW0NQFkk
うーむ、それを知ってるはずなのに、欲に狂って日本を攻めようとして呆れられて米軍に撤退され
竹島制圧時点で北朝鮮に先端を開かれた韓国って現実が見えてなかったのかな・・・

49 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/01 19:59 ID:ZW0NQFkk
先端→戦端

50 :朝まで名無しさん:03/11/01 19:59 ID:x5yXS6+g
「ドイツ国民がいつかもう強くもなく、自らの生存のために血を流すほど
献身的でもなくなれば、滅びてもっと強い国に抹殺されるがよい」

この恐ろしい言葉が彼(ヒットラー)の本心だったのはドイツの敗戦が近づく
につれて明らかとなり、彼は断固として降伏を拒否して傷ついたドイツ陸軍を
勝ち目のない戦いにかり立てた。

降伏するためには、ヒットラーを暗殺する以外になかったが、ライプチヒ市長だった
ゴードラー、および、ロンメル将軍によるそれぞれの暗殺計画はいずれも成功しなかった。

1945年5月には、ドイツの全領土は連合軍に蹂躙されていた。ヒットラーは自殺し、
政府要人はすべて自殺、逃亡、あるいは、捕虜となり、まったくの無政府状態に陥った。

わずかにデーニッツ提督がヒットラー総統の後継者として、降伏条件に署名したが、
これは軍に関する降伏だけで、国家としての降伏ではなかった。
しかも提督は降伏直後、捕えられて、以後、後継者と称するものはいなかった。

戦後のニュールンベルグ裁判では、ゲーリング、ローゼンベルグ、リッペントロップ、
ヘス、カイテル、カルテンプルンナーら、指導者達は、
「総統の催眠術にかけられていた」などと、ヒトラーにすべての罪をかぶせようとした。
後にイスラエルの法廷で裁かれたアイヒマンも「総統の命令に従っただけ」と述べている。


51 :朝まで名無しさん:03/11/01 20:03 ID:x5yXS6+g
当時日本本土には陸軍二百二十五万三千、海軍百二十五万、計三百五十万余の
兵力が依然として温存されていた。また陸海軍を合せて一万六十機の
保有航空機のうち、少くとも六千機以上は特攻作戦に使用可能と考えられていた。・・・
海軍こそ戦闘可能の戦艦は皆無で、空母二隻、巡洋艦三隻、駆逐艦三十隻、
潜水艦五十隻という劣勢に追い詰められていたが、
この温存兵力の無言の圧力は無視することができない。

ドイツは交渉の余力もなく壊滅したが、連合国はこの「無言の圧力」を考慮して、
ポツダム宣言において条件を示して降伏勧告を行い、日本政府はさらに、
「天皇の国家統治の大権を変更するの要求を包含し居らざることの了解の下に」
という条件付きで受諾する事を宣言した。これを受け取ったアメリカ側では敗戦国とは
思えぬ堂々たる対応と迫力に打たれたという。

今日ドイツが有する唯一の「政府」は聯合国にこれを仰ぐほかなく、ドイツ人みづから
政府を構成する許可が与へられるまではこの状態が続くであらう、
しかし日本は全体としては今後も占領されることになつてをらず
(占領は一部の地点のみで、全土ではない)、これはドイツと比較して真に大きな
差異である。日本には政府喪失といふ事態がないばかりか、強大且つ活溌な政府を
有してゐる。聯合国はこの政府に対して命令を発することは出来ても、
聯合国みづから日本を支配することはないであらう。(NBC放送、R.G.スウィング氏)


52 :朝まで名無しさん:03/11/01 20:07 ID:x5yXS6+g
さて日本政府がぎりぎりの条件として提示した「天皇の国家統治の大権」という条項で、
日本政府は具体的には何を守ろうとしたのか?

東京裁判で裁かれた東条英機は、次のような証言を行っている。

国政に関する事柄は、必ず右手続で成立した内閣、及び統帥部の輔弼輔翼に
よって行われるのであります。これらの助言によらずして、陛下が独自の考えで
国政または統帥に関する行動を遊ばされることはありませぬ。
この点は旧憲法にもその明文があります。・・・
それ故に一九四一年(昭和十六年)十二月一日開戦の決定の責任も、また内閣閣員及び
統帥部の者の責任でありまして、絶対的に陛下の御責任ではありません。

開戦の決定は、自分たち内閣の責任だと言う。東条は自らの生命を抛って、
天皇を戦犯として起訴することの非を訴えたのである。

占領軍司令官マッカーサーも、東条と同様に、天皇を守ろうとする国民の無言の気迫を
感じていたのであろう。
「天皇を戦犯にするようなことがあれば20個師団100万の軍隊と数十万の民政要員が
必要だ」と述べている。


53 :朝まで名無しさん:03/11/01 20:13 ID:x5yXS6+g
一方、昭和天皇はどのように、この困難な時期に対処されたのか。マッカーサーは、
昭和20年9月27日の昭和天皇との最初の会談を次のように語っている。

どんな態度で、陛下が私に会われるかと好奇心をもって御出会いしました。
しかるに実に驚きました。陛下は、まず戦争責任の問題を自ら持ち出され、
つぎのようにおっしゃいました。これには実にびっくりさせられました。

すなわち「私は、日本の戦争遂行に伴ういかなることにも、また事件にも全責任をとります。
また私は、日本の名においてなされた、すべての軍事指揮官、軍人および政治家の行為に
対しても直接に責任を負います。自分自身の運命について貴下の判断が如何様のもので
あろうとも、それは自分には問題でない。 構わずに総ての事を進めていただきたい。
私は全責任を負います」

これが陛下のお言葉でした。私は、これを聞いて、興奮の余り、陛下にキスしようとした位です。
もし国の罪をあがのうことが出来れば進んで絞首台に上ることを申出るという、
この日本の元首に対する占領軍の司令官としての私の尊敬の念は、その後ますます高まるばかりでした。

陛下は御自身に対して、いまだかつて恩恵を私に要請した事はありませんでした。
とともに決して、その尊厳を傷つけた行為に出たこともありませんでした。

昭和天皇のお言葉は、終戦時の次のお歌と照応している。

「爆撃にたふれゆく民のうへをおもひいくさとめけり身はいかならむとも
身はいかになるともいくさとどめけりただたふれゆく民を思ひて」


54 :朝まで名無しさん:03/11/01 20:16 ID:x5yXS6+g
戦争は避けられるなら避けた方が良い。またひとたび、開戦となったら、
負けない方が良い。しかし負けたらお終いで、勝者がすべて正しく、敗者がすべて
悪かったとという事ではない。敗戦に処して、昭和天皇も、東条英機も、そして多くの国民も、
自らの生命を投げ出しても、守ろうとした「なにもの」かがあった。

その姿勢において示される敗者の尊厳によって、勝者の尊敬を受けることもある。
一国を国際社会の中で、存在感あるものにするのは、こうした自尊自立の精神である。
決して国の大きさや経済力、武力、戦争の勝ち負けといった物理的な要因だけではない。

これを敷衍すれば、戦後の日本経済の奇跡的な成功に勝者として驕ってはならず、
また第二の敗戦とも呼ばれる現在の経済危機においても、敗者として卑屈になる必要はない。
勝者はその勝利によってどのような価値を追求するのか、また敗者は敗戦に処して、
本当に守るべき価値は何なのか、を問うべきである。

敗戦当時に、昭和天皇と国民が示された「敗者の威厳」は、
今後の日本の取るべき道を考える上でも、重要な指針を示唆している。


55 ::03/11/01 20:29 ID:DJYgys4e
ちく氏。
>>54氏。

素晴らしい文献の提示、感服しました。
特に、ドイツや韓国についての実情など未知の分野でしたので参考になります。
(以後、理論武装の一つとして引用したくなります)

ところで記憶の範囲内で構わないので引用先を教授してくれませんか?
お願いします。

56 :朝まで名無しさん:03/11/01 20:38 ID:WXtfytLU

わいせつ寸劇 前田直人は露出狂 前田直人は氏ね



57 :朝まで名無しさん:03/11/01 22:03 ID:zKshCiB8
>>55
1128は此処でも媚び売ってるのか(笑
しょーがねー奴だなあ。
>特に、ドイツや韓国についての実情など未知の分野でしたので参考になります。
50〜54は
インターネット上では結構有名な保守系ページのコピペだよ(w
ページの言い分をのままパクるのは、オマイも良くやるけど知らなかったか?
俺は親切だから教えてやるよ。ホレ(w
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_1/jog034.html




58 :朝まで名無しさん:03/11/01 22:12 ID:C7fPuNbB
>>56
 それは、本当に実名なの?
やばくない?ばらしちゃって…。

まあ、日本の恥さらしには違いないが…。


59 :朝まで名無しさん:03/11/01 22:26 ID:ApAc/mJh
昭和天皇は逝ってよし

60 :朝まで名無しさん:03/11/01 23:06 ID:IBD9iaTT
>>59
もう逝っちゃてるけどね。

61 :朝まで名無しさん:03/11/01 23:14 ID:MZUdtGUL
じゃあ、死体を墓から取り出して鞭うとうぜ。

62 :朝まで名無しさん:03/11/01 23:18 ID:VnewC14m
日王の墓など暴いてしまえ!

63 :朝まで名無しさん:03/11/01 23:26 ID:IBD9iaTT
最近のはやる必要ないけど、古墳は発掘してーな。

64 ::03/11/01 23:32 ID:6hzkNCCI
>>61

ちなみに、そんな事を言うのは日本人でない証拠。

はやく、帰れよ。w

65 :朝まで名無しさん:03/11/01 23:38 ID:MZUdtGUL
古墳を暴けば出自ばればれだから、垢無弔が認めないだろうな。(w

66 :朝まで名無しさん:03/11/01 23:48 ID:kRGK9GKE
宮内庁がいいかげんだから天皇陵とされてない古墳が調査してみたら「あれ?これ、実は天皇陵なんじゃないの?」なんて事になっちゃったりしてる訳で。w
そういう意味ではきちんとした学術調査が必要かもしんないと思うけど。


67 :朝まで名無しさん:03/11/02 00:01 ID:L2q+C58h
>>66
擁護派の中にも、かなーりの「陵墓の発掘調査」に対する理解者が居るんだから、
近い将来可能な感じがするな。



68 :朝まで名無しさん:03/11/02 00:02 ID:A0OZ61cf
>>64
何処に?

69 :朝まで名無しさん:03/11/02 00:11 ID:UkS5wjnk
>>64
ちなみにの用法が間違ってます。
正しい日本語を使いましょう。

70 :朝まで名無しさん:03/11/02 00:29 ID:BwqZfOxD
最近だと早稲田当局みたいなもんだろ。



71 :朝まで名無しさん:03/11/02 07:08 ID:jU8Fnsas
古墳を暴いたら、ますます天皇家が朝鮮系であることがばれてしまうだろう。



72 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/02 11:39 ID:669DsU1L
>>55
トロツキーが抹殺されていた、というのは新聞。

食料については2箇所40人の80代以上の古老への民俗調査の際に明らかになった事。

侵攻地域は調べればわかる。

で、韓国の侵攻について、以前から頭にあったものだが、問われて今調べて見ると
2ちゃんソースしかないな。ガセかもしれん。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&c2coff=1&q=%8A%D8%8D%91%81@%92%7C%93%87%90N%8DU%81@%92%A9%91N%90%ED%91%88&lr=

古墳の発掘調査、やれば良いんじゃない?俺は一切関わりたくないけど。

73 :S−RAM:03/11/02 11:46 ID:CUMRxLQx
>>72
>古墳の発掘調査、やれば良いんじゃない?俺は一切関わりたくないけど。
やれば良いなんてことを、BBSで書いた時点でもう関わっているとおもふよ。

74 :朝まで名無しさん:03/11/02 11:52 ID:25WRCaqc
古墳が発掘されて真実が明らかになったら悔しさで泣き叫ぶ尊皇厨が
数多く散見されることだろな。(w

75 :朝まで名無しさん:03/11/02 11:59 ID:Ys42EV34
わが国では、「公の体現者」・天皇の権威を否定したならば、
いかなる覇者も、公共性を持ち得ない、そう信じられてきたことを、
歴史は示しています。政権の覇者たちの系譜にそれを見ることができます。
例えば藤原氏は、もとは中臣氏で、天児屋根命(あめのこやねのみこと)を
先祖とします。この氏神は、皇室の祖先神・天照大神に仕えたと、
古事記等に記されています。それゆえ、藤原氏は、いかに権勢を極めた時にも、
あくまで皇室に仕えるという立場を保ちました。
次に、武力をもって台頭した武家も、決して力によって皇位を奪おうとまでは
しませんでした。むしろ、平氏は桓武天皇、源氏は清和天皇の末裔(まつえい)で
あることを家の誉れとしました。また徳川氏は、皇室の分家・源氏の流れを
汲むことを、武家の棟梁にふさわしい由縁としました。
皇室が自分の家の本家のようなものであるとすれば、皇室に歯向かうことは、
自分の祖先の意に反することになります。「公」である天皇・朝廷に対し、
朝敵となることは、大罪と意識され、「私」の専横への強い自制が働いたものと
思われます。
ところで、姓氏の由来を調べてみると、多くの家が、皇室を宗本家とした
本家・分家に由来を持つことがわかります。
今日ある多数の名字が、藤原氏・橘氏・源氏・平氏などから分かれたものと
伝えられます。藤原氏からは、足利国佐野の佐藤、伊勢国の伊藤、
加賀国の加藤、近江国の近藤などの家が分かれました。もとの藤原という姓氏と、
地名の一部とが合体して、名字が作られたのです。
また、源氏からは、新田、今川、秋山などが分かれました。
村岡、相馬、梶原などは平氏の子孫です。

76 :朝まで名無しさん:03/11/02 12:00 ID:jRyzis3k

TRICKの糸節村ですか?

77 :朝まで名無しさん:03/11/02 12:03 ID:Ys42EV34
今日、日本人の名字は29万もあるといわれます。ところが、日本には、
たった一つ名字のない家があります。それが、皇室です。皇室には姓がないのです。
ある家から分かれた家は、新たな姓氏・名字を持ちます。皇室に姓がないと
いうことは、天皇家がどこかから分家したのではないということを示すと
考えられます。つまり、本家の本家、宗本家にあたることを意味します。
そして、日本の多くの家は、この皇室を中心とした本家・分家・別家の系統に
連なると考えられます。あるいは、そうでなくとも、長い年月の中で、
皇室の系統となんらかの親族関係を結んできたと考えられます。
このことは、次のようなことを考えるとわかるでしょう。あなたには、
ご両親がいます。父母にはその親がいます。こうして両親で2、祖父母で4、
曾祖父母で8、さらに16、34、68と先祖をさかのぼると、28代でなんと
1億3千万人にもなります。日本の現在の人口を超えてしまうわけです。
過去の時代の日本人の人口は、それよりはるかに少ない。ということは、
さかのぼっていくと、日本人はみなどこかで共通の先祖を持っているはずです。
そして、また皇室とも、つながっているとも考えられるわけです。
日本は、一大家族的共同体としての「公(おおやけ=大きい家)」を基盤とした
国柄であると、考える所以の一つがここにあります。
こうしたことが事実かどうかは、ここでも二次的です。私たちの先祖が、
こうした家族的なつながりの意識を共有しつづけてきたことが重要なのです。
そこに、「天皇と公民」の関係が長い歴史を貫いて保たれてきた要因があると
思います。

78 :朝まで名無しさん:03/11/02 12:05 ID:Ys42EV34
さて、頃は19世紀の半ば。アヘン戦争、そしてペリーの黒船来航によって、
わが国に、白人列強による植民地化の危機が迫ってきました。
開国か鎖国か、倒幕か佐幕か、国論は二分しました。
そうした状況において、わが国の独自の国体と歴史が、強く自覚されました。
浅見絅斎の「靖献遺言」は、勤王の志士たちの愛読書となりました。
絅斎の倫理において、君主を藩主・将軍から、天皇に置き換えるならば、
天皇の「公」的権威と、個人の「私」的規範とが、ともに確立します。
吉田松陰・西郷隆盛らは、「靖献遺言」を読んで鼓舞激励され、志を立てたと
伝えられます。
幕府政治の「公儀」は「私」に傾いたとして批判され、国内に天皇を中心とする
「公」の精神が広まりました。幕府は独断で外交・内政を進めることができなくなり、
諸侯の意見を集め、「天下公論」に基いて政治をすることを余儀なくされました。
また、藩やお家という「私」よりも、日本という国の「公」を優先しなければならない
という意識が、武士たちの新たな規範となりました。
そうした意識を最も強く持つ脱藩者・坂本竜馬の建策が容れられ、薩長同盟が実現し、
遂には将軍・徳川慶喜による天皇への大政奉還がなされました。
そして、江戸の町を争いの場にして、その隙に欧米諸国に突き入られてはならないと、
勝海舟と西郷隆盛によって江戸城の無血開城が実現しました。
「公」の精神が、「私」の確執を超えて、大きな「和」を生み出したのです。

79 :朝まで名無しさん:03/11/02 12:07 ID:jRyzis3k
こうやって天皇使って新興宗教まがいを始めるのは
朝鮮系右翼の特徴だなW

80 :朝まで名無しさん:03/11/02 12:08 ID:BwqZfOxD
天皇に朝鮮の血が混じってるとどうだってんだ?

全世界の人間は5人のアフリカ人を祖先に持ってるんだろ。



81 :朝まで名無しさん:03/11/02 12:09 ID:Ys42EV34
かくして、日本の独立と伝統は保たれました。国家・民族存亡の危機の中で、
「私」を超える「公」の精神が確立・高揚していきました。
こうした幕末の時代の「公」を一言で言えば、「一君万民」の精神と言えるでしょう。
日本人の中に、「公の体現者」である天皇を統合の象徴として、近代的な国民意識が
形成されていきました。それは、古来の「天皇と公民」の関係が、
危機の中で再生された、歴史的な共有体験でもありました。
もし、この時代、わが国に、天皇という「公」の象徴が存在しなければ、
どうなっていたでしょうか。わが国は多数の「私」に分裂・対立し、
欧米諸国の手で分断、植民地にされ、国民の多くは、白人に隷属することになったに
違いありません。

82 :S−RAM:03/11/02 12:09 ID:CUMRxLQx
>>75
早い話、現代では天皇制は無用ってことね。

83 :朝まで名無しさん:03/11/02 12:14 ID:53n6JPIJ
コピペウザいよ。
賛成、反対、どっちでもいいから自分の言葉で語ってくれ。

コピペするならリンク先のURL貼ればいいだろうに・・・

84 :朝まで名無しさん:03/11/02 12:24 ID:Ys42EV34
日本に民主主義がもたらされたのは、戦後、アメリカから、というように
考えている人が多い。しかしこれは事実だろうか?
 
たとえば、選挙制度の発展を見てみよう。非納税者にも選挙権が
与えられたのは、日本では1925(大正14)年だが、イギリスでは1918年と
わずか7年の遅れである。

アメリカでは、黒人の政治参加を合法的に排除するために南部諸州は
選挙人資格として人頭税を導入しており、これが完全に撤廃されたのは、
なんと1960年である。 欧米諸国に比べて、日本の選挙制度がそれほど
遅れていたとは言えない。


85 :朝まで名無しさん:03/11/02 12:34 ID:Ys42EV34
西洋における民主主義の源流は、古代ギリシア、ローマ、ゲルマン社会で
行われていた民会である。財産や身分などで参加制限はあったが、
そこで市民の話し合いによって、共同体としての意思決定が行われていた。
 
面白いことに、民会と同様の集まりが、日本神話にも見られる。
速須佐の男の命(はやすさのおのみこと)が、高天の原を訪ね、乱暴狼藉を
働いたので、姉の天照らす大御神は天の岩屋戸に籠もってしまわれ、
それがために高天の原は真っ暗となってしまった。
 
ここで、八百万の神々は天の安の河原(あめのやすのかわら)に
「神集い集ひて(かむつどいつどい)」て、相談をする。その結果が、
お祭り騒ぎをして、天照らす大御神が少し岩戸を開けて、外をのぞいた時に、
その手をとって引き出すという妙案となり、見事成功する。そして、再び
「八百万の神共に謀りて」、速須佐の男の命を罰し、追放する。


86 :朝まで名無しさん:03/11/02 12:35 ID:jRyzis3k

部分を普遍化させて錯覚を起こさせる宗教ウヨの卑劣な手口

87 :朝まで名無しさん:03/11/02 12:44 ID:Ys42EV34
ここで興味深いのは、天照らす大御神の態度である。高天の原の統治者なのだから、
号令一下、八百万の神々を動員して、いきなり速須佐の男の命を
追放してもよいのに、そうしていない。しかし、もしそうしたのでは、
天照らすと速須佐の男の武力による権力闘争となってしまう。
これでは毛沢東と劉少奇の争いと同じだ。
 
天照らすはそれを避け、岩屋戸に閉じこもって、八百万の神々に自ら考えさせる
機会を与えたのである。八百万の神々は、皆で相談して、天照らすを統治者として迎え、
速須佐の男を追放した。衆議によって、天照らすを正統な統治者とする事を公
論として決定したと言える。

神話だけでなく、中国の史書、魏志倭人伝にも女王ヒミコが共立されたと記されている。
天照らすと同様、話し合いによって、推戴されていたのである。


88 :朝まで名無しさん:03/11/02 12:57 ID:Ys42EV34
聖徳太子が推古天皇12(602)年に作られたとされる憲法十七条は、
この衆議公論の伝統を最初に明文化したものである。
 
第一条の有名な「和をもって貴しとなす」というのは、単に仲良くせよ、
というのではない。人間はみな党派心があるので、エゴのぶつかりあいが、
争いを起こしがちである。太子は「和」の必要な理由を次のように述べている。
 
 然(しか)れども、上和らぎ、下睦びて事を論(あげつら)
ふに諧(かな)ひぬるときは、則(すなは)ち事理自ずから通
ふ。何事か成らざらむ。

地位や年齢の上下はあっても、和気藹々(あいあい)と議論を尽くせば、
物事の道理が自ずから明らかになる。そうなれば、出来ない事などあろうか、
と言われるのである。

クラブとか、職場などで、和やかなムードの中で自由な話し合いが行われれば、
衆知を集め、皆の意思統一もできて、何事もきわめてスムーズに行く、
という事を体験された方も多いだろう。「和をもって貴しとなす」という第一条は、
「和」に基づいた衆議を国家統治の基本として定めたものである。


89 :朝まで名無しさん:03/11/02 13:00 ID:Ys42EV34
武家の時代となって、長く法治の拠り所とされたのは、貞永元(1232)年に
制定された御成敗式目(貞永式目)である。これは幕府の評定衆13人の多数決
によって制定された。その起請文には、彼らが、いかに厳粛な衆議を行ったかに
ついて述べている。

 およそ評定の間、理非においては親疎あるべからず、好悪あ
るべからず。ただ道理の推すところ、心中の存知、傍輩を憚ら
ず、権門を恐れず、詞(ことば)を出すべきなり
 
法を決めれば、当然、不利な者、有利な者が出てくる。法を考える場合、
自分の親しい者、好む者の利益を考えてはならない。ただただ、道理を追求して、
他のメンバーの思惑を憚ったり、権力者を恐れたりせず、発言するべきだ、
と言うのである。現代の国会で、特定集団の利益代表となっている議員に聞かせた
い言葉だ。このような公平無私な態度で衆議をつくしてこそ、真の公論、すなわち、
国民全体の意思を発見できるのであろう。こうして制定された貞永式目は
長く武士や庶民の法として定着し、民主政治に不可欠な法治社会の土壌となった。


90 :朝まで名無しさん:03/11/02 13:11 ID:Ys42EV34
明治元(1868)年、明治新政府は基本方針として、五箇条のご誓文を発表した。
その第一条が「広ク会議ヲ興(オコ)シ万機公論ニ決スベシ」である。
このような民主政治の根本原理が、いきなり成立直後の新政府の第一方針として
打ち出された、という点が注目される。

第一に、民主政治が西洋諸国の国民全体のエネルギーを引き出し、経済的・軍事的発展の
基盤となっていると、明治新政府は見ていた点である。西洋諸国の攻勢から独立を
守るためには、我が国も同じ基盤を持たねばならない。そのような新政府の決意を、
この冒頭第一条に見る事ができる。

第二は、この方針を当時の国民全体が何の違和感もなく、自然に受けとめたと
いう点である。新興国で民主選挙をいきなり実施しても、少数派がクーデターを
起こしたりして、なかなか安定しない場合が多い。それに比べれば、明治維新後、
わずか20数年でアジアで最初の近代憲法を制定し、選挙に基づく議会開催に
こぎつけたのは、やはりそれだけの下地があったからだと考えざるをえない。


91 :朝まで名無しさん:03/11/02 13:24 ID:Ys42EV34
昭和20年7月、敗色濃厚の日本に対して、連合国はポツダム宣言を発し、
降伏条件を提示した。その第10条には、

 日本国政府ハ日本国国民ノ間ニ於ケル民主主義的傾向ノ復活
強化ニ対スル一切ノ障礙(しょうがい)ヲ除去スヘシ

という一節がある。「民主主義的傾向ノ復活強化」という言葉に注目されたい。
連合国側も、民主主義的傾向が戦前から日本にあったと認識していたのである。
昭和21年年頭に「新日本建設の詔書」が発表された。その冒頭には、
昭和天皇の意思により、五箇条のご誓文がそのまま引用された。戦後の再出発にあたり、
近代日本の出発点が「万機公論に決すべし」にあったことを思いおこさせるためである。

占領軍は「デモクラシー」という聞き慣れない用語を持ち込んだが、
国民はそれを何の抵抗もなく、スムーズに受け入れた。昔からの衆議公論の
伝統から見れば、特に違和感はなかったのである。


92 :朝まで名無しさん:03/11/02 13:38 ID:L2q+C58h
>占領軍は「デモクラシー」という聞き慣れない用語を持ち込んだが、

よっぽど、この文章書いた人間の方が、戦前の日本を馬鹿にしとるなあ・・・
http://216.239.57.104/search?q=cache:E1SnvyngF7oJ:www.rmc.ne.jp/it-hissa/pdf/history/page21.pdf+%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E3%80%80%E3%83%87%E3%83%A2%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%80%80%E6%B5%81%E8%A1%8C%E8%AA%9E&hl=ja&ie=UTF-8

93 :朝まで名無しさん:03/11/02 13:40 ID:Ys42EV34
君主制と民主主義が対立すると考える人が多いが、これが大きな誤解である事は、
イギリス、オランダ、ベルギー、スウェーデン、デンマークなど、
安定した民主主義国は君主制国家に多い事を見ればすぐに分かる。

民主主義の本質は、「権力」が国民にある事であり、その反対は独裁制である。
君主制は、元首という国家統合の「権威」が世襲である事を意味し、
その反対概念は共和制である。したがってこれらの組み合わせで、
以下の4通りのパターンがある。
君主制民主国家:イギリス、日本など
共和制民主国家:アメリカなど
君主制独裁国家:帝政ロシア、清帝国など
共和制独裁国家:旧ソ連、中国など

衆議公論の伝統のある所では、イギリスのような君主制にしろ、アメリカのような
共和制にしろ、安定した民主主義を発展させている。逆に帝政ロシアや清帝国
などの君主制独裁国家を革命で倒しても、衆議公論の伝統のない所では、
共和制独裁国家となるだけだ。

民主主義が安定的に機能するためには、衆議をつくした結果、定められた公論には、
反対派も従う、という国民的コンセンサスが必要だ。この衆議公論の伝統が、
古代から、我が国の政治文化に脈々と受け継がれていたからこそ、
アジアでは群を抜いて早く、また西洋にも比肩しうる民主政治の発展が可能で
あったのである。


94 :朝まで名無しさん:03/11/02 14:02 ID:25WRCaqc
で、ID:Ys42EV34の言いたいことは何なんだ?

95 :朝まで名無しさん:03/11/02 14:05 ID:L2q+C58h
まあ 君主制民主国家てのは笑わせてもらったが(w



96 :朝まで名無しさん:03/11/02 14:13 ID:25WRCaqc
弟子がすべてやったこと。 BY 焼香

部下がすべてやったこと。 BY ヒロヒト

97 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/02 14:16 ID:669DsU1L
>>73
そうか。

>>75
まぁ中臣氏に関しては移民説もあるしなあ・・・それにしても、幕府を起こしたり、棟梁になったり
明治政府を作ったりしたヤシらのことごとくが、元「朝敵」や「朝敵の子孫」あんだよね・・・

>>77
その発想に基づいて家族主義的ファシズムが台頭したわけだね・・・

>>84
戦争で立ち消えになったとはいえ、陪審制も導入してたしね。
>>85
古代ギリシア、ローマ、ゲルマン、これらは十字軍イスラム経由で蛮人と化した暗黒時代後の欧州に伝わった。

・・・時に、そろそろ岩戸神楽の最盛期ですなあ。
>>89
貞永式目って武家とその支配地にのみ有効なんだっけ?
基本的に武家と武家の絡む訴訟だけじゃなかったっけ?

>>95
正確には立憲君主型民主主義国家、なんだけどな。
つーか、イギリスには未だに貴族が居て身分制階級社会なわけだし。

98 :朝まで名無しさん:03/11/02 14:21 ID:L2q+C58h
>>97
ああ、単純に四つに分類すること自体乱暴だが
上の分類で天皇を君主とするなら、
「議会制君主国家」が適当でないかい。

99 :朝まで名無しさん:03/11/02 14:31 ID:L2q+C58h
訂正 議会君主制か(w 突っ込んで 此方が間違ってるんじゃしょうーもないのお

100 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/02 14:51 ID:669DsU1L
うーん・・・・議会立憲君主制になるのかねぇ・・・議会君主制だと、君主のやり放題だし。

101 :朝まで名無しさん:03/11/02 15:19 ID:L2q+C58h
>>100
立憲君主は、戦前の日本がそうであるように、憲法次第で君主の統治権が、議会より
優位にあります。
議会君主制は、君主の意志が議会によって覆せる状態。つまり実質的な国民(選挙民
だが)主権。

102 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/02 21:00 ID:KFmW3FB2
>>101
なるほどねぇ・・・今の日本も実質的には憲法で統治権をしばってる状態、なのかもね。

それにしても・・・1年〜1年半前には10行単位のレスが怒涛のように流れアンチ議論AAが
貼り付けられると言う廃止も擁護も議論潰しのAAが一番怖い、そして議論終盤の廃止派の
蒸し返し、勝手な次スレ立てに苦しめられる・・・これは今も変わらないけど、俺達は無限に
議論してるんだなぁ・・・・・と、1年前まで通ってた友達のネットアイドルの流出エロ画像を見つけて
愕然としながら考えてたわけだが。

思えば、【D】(←分かる人には分かる最凶の存在)みたいな基地害にも気軽に接して痛い目にあったり
ネアドだろうとなんだろうと、普通の友達風に付き合ってて、あるひ突然、「あ、こいつネットアイドルだっ
たっけ」って思い出させられて愕然としたり。

天皇制もそれに似てるのかな、と不遜なここと考えてた。
疑問を呈さないと空気みたいなもんだから、普通に続く。
疑問を呈す事で初めて、「ん?どんなもんだったっけ?」と思う。
で、確認して「なぁんだ、知ってたじゃん」となるうちは良い。

今は、一から十まで言わないと相手に伝わらない時代になってしまってるから。
やっぱ議論をする事は大切なのかもしれん。
もうネット始めて6年、2ちゃん歴が、もうすぐ2年・・・・

103 :朝まで名無しさん:03/11/02 22:08 ID:L2q+C58h
>>102
いや 変な解説したかな・・
要するに、英国流立憲君主制の事です→議会君主制
名目上も統治者ではない、日本の象徴天皇制と英国のそれとは正確には別物で
ありますが、
民主主義に基づく君主制 という大雑把な括りで同じものとするYs42EV34
の言い分に理解を示し、英国流立憲君主であるとした上での発言。

>立憲君主制は、18 世紀の絶対君主制に対する19 世紀の民主的勢力によって、
>専主的原理と民主的原理との妥協の結果生まれたもので、国家の機構の主要な部分
>において、二つの原理を混在せしめている。
>すなわち、君主になお、かなり広大な権能を認めながらも、立法作用には、民選の
>議会を参与させ、君主の行政作用には大臣の協力を必要とし、司法作用は君主に
>かわって、独立の裁判所によって行われるものとするなどがその特色である。
>わが明治憲法もその仲間入りをした。ところが、19 世紀から20 世紀にかけて、
>民主政治、議会政治がますます発達するにつれて、君主制の国家は、次第ににその
>数を減じ、なお君主制の外形を維持している国家においても、国民主権の確立
>ならびに議会制度および内閣制度の発達によって、君主の性格と機能とはさらに
>一変し、政治の実権はしだいに君主の手からはなれて他の機関に移り、イギリス
>国王のように、「君臨するも統治しない」君主が生まれるにいたった。
>ベルギーやオランダなどの君主もこれに近い。これらを議会君主制
>(parliamentary monarchy)という。

ネット上の適当なソースが、こんなのしか無いが・・
>そして、ピット内閣の時、国王の選任した首相が議会の支持を得られない場合には、下院を解散
>して選挙民に訴えるという先例が登場する。(1784年)
>●ここに「議会君主制」つまり議院内閣制を国政運用の原理とする立憲君主制が成立する。
http://216.239.57.104/search?q=cache:3N_LE_b2F3EJ:oak.zero.ad.jp/~zai68723/free/archives/history/+%E8%AD%B0%E4%BC%9A%E5%90%9B%E4%B8%BB%E5%88%B6&hl=ja&ie=UTF-8

104 :朝まで名無しさん:03/11/02 22:12 ID:L2q+C58h
>>102
「D」って何?
2ちゃん歴 三年以上だがワカラン・・・(^^;;




105 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/02 22:18 ID:KFmW3FB2
>>103
うん?それを踏まえた上での再解釈だと思ってた。

>>104
ダレチリョ、シャル、聞いた事無いかな?

一説によると昨年のノーマッド、クロコダイン、フレイザード、などのHNで「ギャラクシーエンジェル宣伝荒らし」
スクリプトで約50以上の板を機能麻痺に追いこんだ張本人とも言われ、何度もFFDQ板を板落とししようとした
人物とも同一とも言われる。

その悪質さは同じく伝説級最凶荒らしのチョビン並み。

106 :朝まで名無しさん:03/11/02 22:34 ID:L2q+C58h
>>105
俺の遊ぶ板は限られてるからなあ(比較的古い板ばかり)・・・ 知らないうちに
接触してたのかもしれんが・・。


107 :朝まで名無しさん:03/11/03 01:07 ID:/Kdv00qP
日本は共和政でいいじゃん。

天皇制なんて政治的には今日的意義を喪失している。

108 :???:03/11/03 01:44 ID:GKV2ojlp
毎日毎日ご苦労様。その文言飽きた。(w


109 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 02:45 ID:TgScUgr5
>>106
たいていの板には出没してたらしいからなあ・・・

>>107
なんつーか、あれだ、ローマ皇帝に対するローマ教皇の任命権だけ与えられたバージョンだと思えば良い
んじゃないの?

外国の大使とか公使とか全権とかってコロコロ変わるヤシに認証してもらいたくないだろうし、
逆に日本の大使、公使、特命全権あたりも、コロコロ変わる総理や大統領じゃ信頼を得にくいだろうよ。

・・・などと混ぜ返して見る。

110 :朝まで名無しさん:03/11/03 02:58 ID:aLouzL9c
現行憲法の規定する統治体制は立憲民主制ではない。
完全な共和制でもないが。

1条を他条項とどう絡めて読もうが、
天皇=「君主」ではない。
日本の国家権力の正当性は国民を契機とするもので、
天皇は「象徴」という特殊な地位。
「外国」がどう言おうとも関係ないし。

111 :朝まで名無しさん:03/11/03 03:01 ID:T75O94RC
憲法を改正して、天皇が日本国及び日本国民統合を象徴する元首であることを明確にするとともに、
衆議院議長及び参議院議長は、それぞれの院の指名に基づき、象徴元首としての天皇が任命することとし、
全権委任状並びに大使及び公使の信任状については、その認証ではなく、これを発することを天皇の国事行為と定めて、元首にかかる規定を整備すべきである。

112 :すまん>>110の間違い:03/11/03 03:02 ID:aLouzL9c
×立憲民主制
○立憲君主制

113 :朝まで名無しさん:03/11/03 03:07 ID:mhU450g/
>>111
ふーん、でも憲法改正の頃には天皇家の血筋も絶えてるだろうね。(w

114 :朝まで名無しさん:03/11/03 03:42 ID:kSPVS0Eo
>>113
再来年には憲法改正が政治日程に上ってくるだろ
憲法改正には旧自由党、旧自民党をはじめとする民主党の一部も同調するだろ

再来年に皇室の血が絶えるのかね?

それより共産党すら天皇制を容認しているのにどうやったら具体的に天皇制廃止を政治日程に上らせる事ができるのか知りたいね。w

115 :朝まで名無しさん:03/11/03 03:46 ID:mhU450g/
>>114
近々の憲法改正は9条が論点になっているはずだが?
天皇=元首は世論調査でも否定されているが。

116 :朝まで名無しさん:03/11/03 04:08 ID:kSPVS0Eo
>>115
自民党憲法調査会の憲法改正素案を知ってるかね?
天皇元首化がしっかり盛り込まれているよ。

117 :朝まで名無しさん:03/11/03 08:27 ID:1mSUkQLi
>>115
えっ、ホント?
否定されてんの?

118 :朝まで名無しさん:03/11/03 09:17 ID:HPdFd3UJ
>>116
そりゃあ、改憲政党である、自民党の憲法調査会が、天皇を元首化しようっていうのは
「八百屋が大根を売ってる」って位の当たり前の話(w
ただ、その自民党でさえ、「憲法は票にならない」という認識だし、党内に「護憲派」を
抱えている始末。
最近の保守化傾向で、改憲議論が具体的に起きてるが、そりゃ「9条」の話だ。
>>117
良く引用される、天皇支持率80%の世論調査においては
天皇の地位に関して、「象徴」とする人間が多数派で、「元首」は少数派。
ただ、これは現状の天皇に対しての認識で、元首化に反対か否かの質問ではないな。

俺は立憲君主っつーのは、長期的には破綻すると思ってるので(w
天皇の地位の評価を、政治的に扱おうとする「元首化」にゃ反対だがね。


119 :朝まで名無しさん:03/11/03 10:30 ID:3NyItCzj
>>116
痔民党の一部が主張してるだけの「天皇元首化」をどうやって憲法改正の国会発議に
かけるつもりかな。
一般の議案のように与党の賛成多数で可決と言うわけにはいかないのよ。

120 :朝まで名無しさん:03/11/03 10:53 ID:5cNheKJl
>>1を読む限りじゃ、天皇を元首にしたら国際的に日本の評判はガタ落ちだね。


121 :朝まで名無しさん:03/11/03 10:57 ID:Ug5l9eeK
>>120
今でも天皇はわが国の元首だろ
もしかして首相が元首だとでも思っているのか

122 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:00 ID:Ug5l9eeK
>>1
評価や基準を何でも外国に求めるお前が反日売国奴

123 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:07 ID:5cNheKJl
「ヒロヒトラー」と言われていたのが「アキヒトラー」になるだけ。
次の天皇になっても「ナルヒトラー」。

とにかく、この一族を元首にしてもネタにされるだけ。日本の威厳を損ねる。


124 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:10 ID:aLouzL9c
>>121
元首「的」扱いを海外で受けてるだけ。

125 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:15 ID:3NyItCzj
>>121
よかったじゃん、おまいの「脳内元首」で。
でもなんで必死になって出来もしない憲法改正しようとするのかな?

126 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:15 ID:Ug5l9eeK
>>123
お前らがネタにしなかったら済む話だろ馬鹿か?

127 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:18 ID:5cNheKJl
私がネタにしなくても、昭和天皇が愚劣な君主であったことは、
ビックスの「昭和天皇」がピューリッツァー賞を取ったことからも、
国際的には認知されている。
あれだけ、貢いでいるアメリカにすら、昭和天皇については、こういう
扱いなのだ。もう少し現実を知ったほうがいいよ。


128 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:22 ID:Ug5l9eeK
>>127
しかしお前ら反日日本人ってなんでも評価を外国に求めるな
卑屈だと思わんのか?

129 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:26 ID:3NyItCzj
>>128
海外に評価を求めてるのは尊皇厨のほうだろ。(w
いつも得意げに海外で天皇は元首扱いだとか、米大統領がホワイトタイで
お出迎えなどとわめいている品。

130 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:28 ID:UZL9gLCc
天皇は戦前・戦時中も権威のシンボルだったわけね。その辺の感じが
わかんないかなあ

131 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:31 ID:bKFKzyM/
>>128 おまえこそ「天皇がいるから日本の外交は」とか
   評価を外国に求めてるじゃないか

   しかも「日本はアジア解放(略」といいつつ、
   肝心のアジア諸国にいってそのありがたさを流布するわけでもなく
   国内でシコシコやってるだけだろが。反駁されて妄想が瓦解するのが
   そんなに恐いのか?自慰史観信者

132 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:35 ID:aLouzL9c
童貞だからオナニーは好きです。

133 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:39 ID:bKFKzyM/
だいたい個人の主観にすぎない「天皇が)好き嫌い」を
画一的に押しつけるのが天頃厨の特徴

それで「嫌い」といおうものなら陰湿な攻撃開始
さらに全く関係ないのに「サヨク」「チョン」と妄想レベルで
同一視されて攻撃開始(むしろ「サヨク」のやりかたである
強権主義・恐怖政治に近いのはオマエらのほうだろが?)

こんなバカが天下とったら日本は北朝鮮そのものになるだろうね


134 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:41 ID:Ug5l9eeK
で、お前らは何故そこまで天皇に憎悪を持つわけ?
そのように学校で習ったからか?

135 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:47 ID:aLouzL9c
天皇は憎くないよ。特に今の天皇は。

天皇厨を馬鹿にしたいだけ。

136 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:48 ID:3NyItCzj
で、お前らは何故そこまで天皇を崇拝するわけ?
そのように学校で習ったからか? (ぷうー



137 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:52 ID:Ug5l9eeK
戦時中とかならともかく何でもありの言論社会で
弱い日本の象徴である天皇を批判しても自慢にならんだろうに

138 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:54 ID:9j1WkhOX
大体、天皇厨は、自分に自信の無い役立たずが多い。
だから、すぐに何かしらの「権威」にすがりつこうとする。
天皇なんていう封建制の残滓にすがりつくことは、日本の民度の低さを、
内外に示すようなものだ。


139 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:54 ID:HPdFd3UJ
>>130
帝国憲法下の天皇は象徴ではないよ。
立憲君主=象徴に非ず 説明は >>103 へどうぞ。

>>135
アンタ自治スレでも、そんなこと言って無かったか?

140 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:56 ID:3T2uM6+S
>だいたい個人の主観にすぎない「天皇が)好き嫌い」を
>画一的に押しつけるのが天頃厨の特徴
画一的に天皇嫌いを押し付けていますよ


>>136
お前は
天皇に対し誹謗中傷しかしていないようですが

141 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:56 ID:aLouzL9c
自治スレって何?

142 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:58 ID:3NyItCzj
>>137
>弱い日本の象徴である天皇を批判しても自慢にならんだろうに

弱い日本を促進する尊皇厨を始末しないとな。(w



143 :朝まで名無しさん:03/11/03 11:58 ID:3T2uM6+S
>>141
>自治スレって何?
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1062600292/391
>テンコロって何?
立場が弱くなると
書き方がまったく同じになるのは相変わらずですね

144 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:00 ID:3T2uM6+S
>>142の価値観だけで天皇を否定しているが
そんな意見がまかりとおったらそれこそ独裁政権だな

>>142
北朝鮮に住んでる君のような人は
その思想が当たり前になるのかw

145 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:00 ID:aLouzL9c
俺じゃないなぁ。

ID変える方法も知らないし。
串とか何ってぐらいだからw

まぁあんまりつまらん妄想膨らますなよ。

146 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:03 ID:bKFKzyM/
>>144 おや?天皇好き嫌いの両名がいることが独裁なのですか?

    民主主義という言葉の意味すら分からないバカですか?君は

147 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:03 ID:+UB4qQZP
政界に憲法で天皇を明確に元首と規定しようという動きがあるのは事実でしょ?

で、共産党も天皇制を認めてるみたいだけど、天皇制を廃止を主張してる議員はいるの?

天皇制廃止より天皇元首化の方が実現される可能性が高いんじゃないの?


148 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:03 ID:3NyItCzj
で、海外の評価だけを気にする尊皇厨ってことで結論がでたようですね。(w
そろそろ都合が悪くなってきたので「ブサヨ」とか「チョン」などと
的はずれな罵倒がはじまりそうですな。(w

149 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:04 ID:3T2uM6+S
>>146
お前の意見だけで廃止が当たり前だとほざけるなんて
民主主義という言葉の意味すら分からないバカですか?君は

150 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:05 ID:3T2uM6+S
>>148
君の賛同者は日本の国会議員にいないから
北に帰りなさい

151 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:05 ID:HPdFd3UJ
>>141
この板の自治スレッドで ↓
107 :朝まで名無しさん :03/06/26 01:50 ID:wB2scAFc
天皇は嫌い。何でからかっちゃいけないの?
天皇や皇太子をバカにしてもいいじゃん。戦前じゃあるまいし。
別に、何の恨みも思想も特にはないが、小泉をイジってもおもろくないし。
まぁ実は天皇をコケにするとマジに怒る香具師がいるんでそれが面白いから止められない。
つーことで天皇廃止に"反対"!でも天皇イジリは止めない。

と発言した人が居るんで 同一人物かと思いました。


152 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:07 ID:aLouzL9c
おいっ3T2uM6+S

>立場が弱くなると書き方がまったく同じになるのは相変わらずですね

人違いしてんだからなんか一言あるだろ。
失礼とかさ。


153 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:07 ID:3T2uM6+S
>>145
誰も聞いていないのに
勝手に自己紹介してますな

つまり>>141http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1062600292/391
は同一人物

>ID変える方法も知らないし。
そうか、知っているんだ。

>串とか何ってぐらいだからw
串使っているんだ へぇ〜

>まぁあんまりつまらん妄想膨らますなよ。
天皇に対し妄想で誹謗中傷してますね


154 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:07 ID:bKFKzyM/
そういやイギリス国王も元首だしな

だったらイギリス国王みたいに、シンプソンズに登場して
浣腸されてるアニメながされたりしたほうが「元首」らしいねw

155 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:08 ID:3T2uM6+S
>>152
あー、それだけ必死になるのは
やっぱ事実をバラされると嫌だからですね

図星って言葉知ってる?w

156 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:10 ID:aLouzL9c
>>151
たしかに似てるw

でもそいつ嫌いと言いながら何の恨みもないか...
面白い奴だな。

157 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:10 ID:3T2uM6+S
>>145
たとえ話をしよう

泥棒に
「あなたは泥棒か?」と聞いて「はいそうです」と事実を言う泥棒はいない

158 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:12 ID:3T2uM6+S
>>154
テレビアニメの話をさも現実のように妄想し
そのまま悦に浸ってる病人ははじめて見た

159 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:12 ID:3NyItCzj
>>150
天皇を温存するような精神的弱小国だからこそ北もくみやすしと思って
舐めてるんじゃないのか?
王様のいないレバノンは速攻で経済援助なしで拉致被害者問題を解決したのに、天皇様が
君臨してらっしゃるこの国は全く相手にされてないようだな。
せいぜい人質を帰して欲しけりゃ金と食料よこせやって恫喝されてるだけだろ。
経済制裁にも及び腰の根性無し国家だしな、日本は。


160 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:13 ID:Ug5l9eeK
今皇室を誹謗中傷している奴らに限って
強権にはすぐ屈するんだろうね

161 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:13 ID:aLouzL9c
>>3T2uM6+S
お前最悪の童貞厨だなw

たとえも
>泥棒に 「あなたは泥棒か?」と聞いて「はいそうです」と事実を言う泥棒はいない
だもんな。



162 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:14 ID:HPdFd3UJ
>>157
そりゃ無茶だ・・ (笑
魔女裁判的発想。

つか 議論成立させろってよ 理屈の応酬にしないと面白く無い。

163 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:14 ID:3T2uM6+S
>>159
>天皇を温存するような精神的弱小国だからこそ北もくみやすしと思って
>舐めてるんじゃないのか?
根拠の無い妄想を出してきてる人は
そもそも現実を見る目が無い
以上

たまには外に出たら?引き篭もり何年目ですかw

164 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:14 ID:bKFKzyM/
わかったわかった、天皇陛下はありがたいお方だよ はいはい
病床人の手当したり、「朕はどうなっても(略」だろ わかりました
面倒くさいから平壌放送のデブの顔をアキヒトの顔に差し替えて、
コブとり爺さんをヒロヒトに差し替えて一日中フジテレビで流してれば?

んで反対するやつは「虐殺大好きサヨク」だろうから
収容所にブチこんで大量虐殺して
正月は皇居前で「マンセーマンセー」やってれば?
どうせお前らチョンだから、帰化大先輩の低脳屁以下でオナニーしてればぁ?w


165 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:17 ID:3T2uM6+S
>>161
何が言いたい?
事実を指摘されてそんなに嫌か

aLouzL9cよ,
その話には続きがある

「本当に泥棒じゃないの?」とさらに聞くと
そいつは
「もちろんです。アノ家に窓から侵入して右側のタンスをあさって
 通帳と判子を盗んだりなんかしていません」
と言った



aLouzL9cもバレバレの否定はやめなさいねw


166 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:18 ID:3T2uM6+S
>>162
はなから議論無視の誹謗中傷を繰り返してる君に
議論なんて意味がわかるの?辞書読めばぁ?

167 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:18 ID:3NyItCzj
>>163
レバノンのような小国ですら拉致問題を解決出来たのに元帝国が全く
解決出来ないのは事実だが何か。
人を北認定しといて都合が悪くなると論点のすり替えですか?


168 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:20 ID:3T2uM6+S
>>164
何の話だ?

そうかこいつには
>>164自身を叩く奴=天皇崇拝者」という図式があるのか

「お前誹謗中傷ばかりで馬鹿だなァ」と言われても天皇崇拝者と認識するようになっているのか


話を聞かない人ってこういう奴だよね

169 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:20 ID:HPdFd3UJ
>>165
3T2uM6+S
ちょっと無茶すぎるぞ。 相手の言い分に反論しろってよ。
ネットやってる以上、IP隠す、プロクシ位常識の範囲だし、キミ自身IDの異なる
書き込みに対して「同一人物」だと断定したんだから
IDなんか変える方法は知らない
とレスしても何の証拠にもならんぞ。

170 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:21 ID:3T2uM6+S
>>167
北の将軍がまともに応対しないのが事実ですよ
ニュース見てますか?

レバノンの話持ち出して北と日本の現状を認識せず
都合が悪くなると論点のすり替えですか?


171 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:22 ID:3T2uM6+S
>>169
>言い分に反論
妄想による決め付けや
誹謗中傷にどう反論しろと?

172 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:24 ID:HPdFd3UJ
>>171
誹謗中傷というと どの部分が誹謗中傷であると思うの?

173 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:25 ID:bKFKzyM/
だいたい「サヨクによる歪んだ歴史教育」っていうなら
正々堂々世界にいって自分らの歴史観をたたき込んでくりゃいいのに
本当に自分らが正しくて証拠も揃ってるなら、他国の学会で発表すれば
少なくともどこかは認めてくれるだろうに、なんでソレすらもしないのかねぇ??
なんで日本国内だけでしかウダウダやらないのかねぇ?アジアが日本のおかげで
恩恵うけてるんなら、まずそういうことからやるべきなんじゃないの?
だから「自慰史観」とかバカみたいなネーミングされちゃうんだよ?w

しかもその「作る会」リーダーといえば、リク●ートから未公開株もらって
私服肥やしてる凡そ「公」とはほど遠い泥棒政治家やら、某宗教関係者やら
元共産党やら元革労協やら、ようするに「恐怖政治大好き♪」集団じゃん

ようするにオマエら天皇を「将軍さま」化して、日本を独裁国家に
したいだけなんだろ?ことさらに「サヨク」っていうが、おまえらのほうが
「サヨク」そのものじゃない?w

174 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:26 ID:3T2uM6+S
>>172
過去ログ全般

マァ取りあえず テンコロとか表現はやめようね

あとは

>>1のニュースソースが無い
真偽の確かめようがない

175 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:29 ID:3T2uM6+S
>>173
歴史教育を選定してる香具師が偏った思考をお持ちだ
と聞いてるがね

そいつらを変えたらどうよ
君が賛同者募ってデモ行進すればよろしい


>日本を独裁国家に
>したいだけなんだろ?
皇室廃止を否定し現状維持をうたっただけでそんな扱いなのか
変わった世界だ。

176 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:30 ID:3NyItCzj
>>170
>北の将軍がまともに応対しないのが事実ですよ
>ニュース見てますか?

見てるよ。だから日本は舐められてるんだっていってるじゃん。

>レバノンの話持ち出して北と日本の現状を認識せず
>都合が悪くなると論点のすり替えですか?

天皇がいるから日本の外交はすべて上手く行くとわめいているのは
お前らジャン。
でも実際は拉致問題においては王様のいない国の方が外交上手なのは
事実だが。まあ反論できないだろ。







177 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:31 ID:3T2uM6+S
>>169
だからこそ必死に否定するか否かで決まるのですな


下手したら一晩中「俺はコイツじゃない」と否定しますからなw

178 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:31 ID:HPdFd3UJ
>>174
過去ログ全般といわれてもねえ・・・

まあテンコロっつー表現を使うのは、擁護派を挑発しようとする意志と受け取られても
仕方ないな

>>1
は結構有名なエピソード。ネット上で拾える。
つか過去で俺 リンクさせた経験があるが?

179 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:34 ID:3T2uM6+S
>>176
>北の将軍がまともに応対しないのが事実ですよ
>ニュース見てますか?

>見てるよ。だから日本は舐められてるんだっていってるじゃん。
他には?レバノンと比較できうる根拠でも?

>天皇がいるから日本の外交はすべて上手く行くとわめいているのは
                    ^~~~~~
オールorナッシングしか頭に浮かばないあなたは一般に厨房思考です
天皇は外交においてプラス面がある。それだけ

>お前らジャン。
妄想の産物で決め付けられても

>でも実際は拉致問題においては王様のいない国の方が外交上手なのは
>事実だが。
あ、天皇がいるほうがメリットがあると認めましたね

>まあ反論できないだろ。
確かに君は反論できてないね

180 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:36 ID:3T2uM6+S
>>178
>は結構有名なエピソード。ネット上で拾える。
>つか過去で俺 リンクさせた経験があるが?
情報量が膨大のインターネットで有名と言い切れるとは視野が狭い

181 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:38 ID:3T2uM6+S
なんかこちらが反応しないと逃げたとか言われそうだなぁ

テンコロって言う煽り文句使い人がいるようなスレだし
こっちは時間により暇だったり忙しかったりするんだが。

182 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:42 ID:3NyItCzj
>>179
じゃあ、実際は拉致問題においては天皇のいない国の方が外交上手と
いいかえるよ。はい反論どうぞ。



183 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:43 ID:HPdFd3UJ
>>180
インターネット上じゃなく、天皇問題を語る上で、良く使われるネタです。
日本史板とか思想板では常識として語られる。
擁護派も、評価はともかく、事実としてそれを否定しない。


184 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:44 ID:3NyItCzj
>>181
そろそろ書き逃げの準備に入ってるな。(にやり

185 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:46 ID:3NyItCzj
>>179
>妄想の産物で決め付けられても

それなら天皇がいるから外交が全て上手く行くと主張する天皇厨批判
でもすれば?



186 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:47 ID:3T2uM6+S
>>183
あー、ネタって言うのは2chでは大概
「嘘」の事を指すのだが
この板は特別か?

ま、事実であるならいいや
その大衆紙とやらがアカピーのようなゴシップじゃなければ。だが。

>>182
こちらがいくら言っても相手が反応しない
選挙後の6カ国協議がまた決裂したら脅しも入るでしょ

つーか、何が何でも天皇と繋げたいか?
じゃあこの前の 大学生による両親殺傷事件も天皇のせいか?w


187 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:48 ID:aLouzL9c
3T2uM6+S
>>177おもしろいな。
お前すげぇ必死だし。

いつもそんな事やってるの?
俺は間違えてすまんって一言あればいいだけなのに。

可哀想になってきたよ。
頑張れ。

188 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:49 ID:3T2uM6+S
>>184
残念、お前と違って
粘着ひっきーじゃないんでw



本能寺の変に出てきた武将の名とか知ってる?
以前とんでもない馬鹿がいたけどw

189 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:50 ID:3T2uM6+S
>>185
>それなら天皇がいるから外交が全て上手く行くと主張する天皇厨批判
>でもすれば?

その前に
>全て上手く行く
という発想をやめたら?
どんな人間だ?お前

190 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:51 ID:3T2uM6+S
>>187
まだ食い下がってるお前の言動に
腹抱えて笑っていますよ

また息が苦しくなってきた

191 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:55 ID:3T2uM6+S
aLouzL9c
こんなものが出回っているのをご存知?

【厨房の為の 煽り煽られ講座】
煽られて反論できなくなった
  → ○○ 必 死 だ な (w
予期せぬ自分の無知で煽られた
  → 釣れた
  → わーマジレス返ってきたよ
言い返せないけど 負けは認めたくない
  → お前すげぇ必死
  → ( ´,_ゝ`)プッ
  → 無知白痴は黙ってろ
  → 知能障害をおこす
  → 放置出来ないお前も厨なんだよ(w
相手の精神的に追い詰めてやる
  → ブラクラ、グロ画像のURL貼り
  → テンプレ(○○の特徴)、オタ系のAAで煽る
  → ○○Uzeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
最後の悪あがき
  → 可哀想になってきたよ
  → がんばれ
  → IP抜くぞゴルァ!
  → 知り合いのハッカーが(ry
  → スクリプトによる連カキ
  → 他のスレで相手のレスを貼って皮肉を吐く
完全敗北
  → F5連打
  → 田代砲



192 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:56 ID:3NyItCzj
>>186
>つーか、何が何でも天皇と繋げたいか?
>じゃあこの前の 大学生による両親殺傷事件も天皇のせいか?w

あのー、「今の日本の青少年が乱れてるのは尊皇が足りないせい。
     教育基本法を改正して少国民教育を復活しる」
と主張してるのは尊皇厨の方だが何か。





193 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:59 ID:3T2uM6+S
>>192
>じゃあ、実際は拉致問題においては天皇のいない国の方が外交上手と
>いいかえるよ。はい反論どうぞ。
この話はもうチャラですか?
勉強厨?
話のすり替え

>あのー、「今の日本の青少年が乱れてるのは尊皇が足りないせい。
>     教育基本法を改正して少国民教育を復活しる」
少年犯罪に警察が追いついていない
親や教師の教育が甘い
以上。

>と主張してるのは尊皇厨の方だが何か。
尊皇という言葉は廃止の誹謗中傷の一種だが何か?


194 :朝まで名無しさん:03/11/03 12:59 ID:HPdFd3UJ
http://www.mainichi.co.jp/eye/shasetsu/200005/20-1.html

まあ毎日も朝日の同類だとかいうレスが返ってきそうだが・・

この場合論点になるのは
英蘭の抗議運動に正統性があるのか?
英蘭の天皇への抗議運動は、一般国民の意思と言えるか?
皇室外交の評価の指標とするのに、この抗議運動は適当か?
というような事が語られます。

天皇の発言については 象徴という立場上、ああ発言するしかない という
擁護派の反論があるかと思います。


195 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:01 ID:3T2uM6+S

英蘭の抗議運動に正当性があるのか?
英蘭の天皇への抗議運動は、一般国民の意思と言えるか?
皇室外交の評価の指標とするのに、この抗議運動は適当か?


話をその方向に持って行けたら万々歳だが
政治思想版ではこの手の話は無いのか?

196 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:04 ID:3T2uM6+S
失礼

>政治思想版ではこの手の話は無いのか?
       ~~
修正

政治思想板ではこの手の話は無いのか?

197 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:07 ID:3T2uM6+S
お?皆昼飯か

198 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 13:13 ID:cK7znxkM
83レスついてるのか。
過去レスを読まずに書きこみすれば天皇の発言に関しては、今上帝は長年の風習を破って
自分の手元で子供を育てるなどしてるから、ともかく、因業に囚われてた昭和帝はねぇ・・・

さすが、連休らしくリア厨数名が喚いてるみたいだね。

>>151
まー若干1〜2名居る粘着はともかく、多くは連休だから暴れてる子供だと思うんだけど。

>>159
日本が相手に去れなかったのは自民党や旧社会党が貢物を与えていたからで天皇とは関係無い。
その証拠にやはり貢物をちらつかせながらではあったが小泉が一度恫喝しにいっただけで
簡単に折れたよね。


199 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:17 ID:ymL1XXK7
世界最古の歴史を誇る我が国の皇室。
その歴史は記紀の神話まで遡る。
皇室の歴史=日本の歴史と言っても過言ではないだろう。
この「世界遺産」ともいうべき日本国皇室(制度)を確たる理由なく、
思いつきで廃止を叫ぶ輩が、少なからず存在する。
分別有る人にとって「日本人」とは、先祖・我々現代人・子孫を
含めるが、歴史・伝統・文化に考えの及ばない輩にとっては
「日本人」とは自分自身だけのようである。
国内外を問わず、歴史・文化を軽んずる者は
軽蔑すべき最低レベルの人間というのが共通認識である。
国民の財産であり文化であり、日本の歴史そのものである
皇室・天皇を廃止しようなどとは
まさに、無知で、軽薄で、軽蔑すべき行為である。
国民の意思は圧倒的に皇室存続・象徴天皇制支持で固まっているが、
禍の元は早めに摘んでおいた方がいい。
排除すべきは天皇制廃止論者である。

200 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 13:22 ID:cK7znxkM
>>173
少なくとも、「東海」表記に関しては猛烈に抗議したんだが。

で、中国や韓国に抗議して断交しても良いと私は思うが、君らは反対かな?
ちなみに、私は国家滅亡時に一時的に亡命政府の首班になって欲しいだけであって
平時に天皇を元首にしようなんていうのはキチガイ沙汰でしかないと思うよ。

>>178
普通、1か2くらいに、そういうソースはリンクするもの、っていうのが、この板の常識だから、そこを
つかれたんだろう。
>>183
日本史板は日本史板。思想板は思想板。ここはニュース議論板です。ソースは貼れ。
>>188
明智光秀、森蘭丸、織田信長。それと、明智光秀をぶっころした農民は確かことわざかなんかになってたな。
日本史厨、うざいよ。

>>192
簡単に言えば、「しつけがなってない」と言うと支持率が損なわれるから言い換えてるだけだろう。


201 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:23 ID:3T2uM6+S
>皇室・天皇を廃止しようなどとは
>まさに、無知で、軽薄で、軽蔑すべき行為である。
そこまで書くと喧嘩の元です

202 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 13:25 ID:cK7znxkM
>>199
それはおかしい。記紀のうち、創世神話に「別天津神」などの記述は見られるものの、概して
天津神寄りに改竄されている可能性は否定できない。

現に稗田阿礼は記紀完成後暗殺されている。
だから、大化の改新の645年以降は確定した歴史と見てもよいと思うので、実際には1350年弱が確証を持って
朝廷が歴史に関与してきた時代、と言えるだろう。



203 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:26 ID:3NyItCzj
>>193
飯も食わずにご苦労さん。それとも悔しくて飯ものどを通らないってか。(w
なんで尊皇が誹謗中傷になるのかな?

204 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:29 ID:ymL1XXK7
戦前の皇室を北朝鮮と同列に扱う馬鹿がいるが、
これこそ、無知を曝け出した売国奴である。
天皇・皇室について論ずる資格など無いし、
わが国に居住する資格も無い。


205 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:30 ID:Ug5l9eeK
実際のところ日本人で天皇制廃止論者なんかいないだろ
せいぜいバカ教師くらいか

206 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:32 ID:ymL1XXK7
神話が史実と異なることは周知の事実。
どこの国の国産みの神話もそういうものだ。


207 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:33 ID:3T2uM6+S
>>200

>日本史厨、うざいよ。
( ゚Д゚)ハァ?

お前答えばらしたから意味無くした
もうすこし冷静になれや

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Brush/6519/flash/iamzapanese.swf

208 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:35 ID:3T2uM6+S
>>203
>飯も食わずにご苦労さん。それとも悔しくて飯ものどを通らないってか。(w
食ってますよアホ
お前まだ妄想やってて恥ずかしくないかタコ

>なんで尊皇が誹謗中傷になるのかな?
このスレでは
廃止をわめく頭の悪い君しか尊王と喚かないから
以上。

209 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:36 ID:3NyItCzj
>>205
きたー、脳内勝利宣言。
引きこもってないで少しは町にでてみれば?(w

210 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:36 ID:bKFKzyM/
天皇・皇室を日本の文化伝統と同列に扱うバカがいる
天皇国家神道は明治期にできた新興宗教であり
江戸期の庶民は天皇の存在すら知らなかった
この手のバカこそ、先祖・郷土に唾するバカである
即刻排除すべきである

211 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:36 ID:3T2uM6+S
尊皇 だな

>>203の宣伝行為はもう飽きた

212 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:37 ID:3T2uM6+S
>>209
どうやらホントに外出していないらしいなお前

213 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 13:37 ID:cK7znxkM
>>207
いや、だから、ここはそういう低レベルな引っ掛けをするところじゃないでしょ。
やってもせいぜい、「日韓基本条約の付帯事項って知ってるかい?」とかでしょ?

214 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:38 ID:3T2uM6+S
>天皇国家神道は明治期にできた新興宗教であり
天皇はそれ以前からいたわけであるが
なんだ、存在しても文化じゃないと言い張るか

そうかそうかw

215 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:39 ID:3NyItCzj
>>208
>食ってますよアホ
>お前まだ妄想やってて恥ずかしくないかタコ

とうとう口汚い罵りが始まったね。
これが自称「尊皇愛国者」の本質だね。
善人ぶるのもたいがいにしたら?



216 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:39 ID:3T2uM6+S
>>213
>低レベルな引っ掛け
韓国人をあぶりだすには持って来いですが
さっきのファイルを見たか?

217 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 13:40 ID:cK7znxkM
天皇・皇室を日本の文化伝統と同列に扱うバカがいる
天皇国家神道は鎌倉時代あたりににできた度会神道の影響を強く受けた新興宗教であり
江戸期の庶民は天皇の存在すらぼんやりとしか知らなかった
この手の直情に駆られる者こそこそ、先祖・郷土に唾する大罪人である
即刻とはいわないがじかんをかけてじわじわと頭の中から排除すべきである



218 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:40 ID:3T2uM6+S
>>215

>>208の口汚い罵りは無視してるのは
やっぱ引き篭もりの美化でしょうか

219 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:41 ID:3T2uM6+S
>>215

>>203の口汚い罵りを無視してるのは
やっぱ引き篭もりの美化でしょうか

誤爆激しい

220 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:45 ID:3NyItCzj
>>214
存在=文化とはなあ。
京都に幽閉されてた引きこもりの一族なわけだが。つまりいまのおまいと
同じようなもんだよ。(w


221 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 13:45 ID:cK7znxkM
>>216
同じく「日韓基本条約付帯事項」も炙り出すのに使われる。
日本史板での「本能寺」がハングル板での「日韓基本条約付帯事項」なわけだ。

気づいた時には送信してたよ・・・・すまん。

222 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:46 ID:3T2uM6+S
>>220



は?

223 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:48 ID:3T2uM6+S
>>221
>同じく「日韓基本条約付帯事項」も炙り出すのに使われる。
>日本史板での「本能寺」がハングル板での「日韓基本条約付帯事項」なわけだ。
そうなのか。ありがd

>気づいた時には送信してたよ・・・・すまん。
気にしないイイ(・∀・)

224 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:51 ID:3NyItCzj
>>219
で、尊皇と言われると何か都合悪いことでもあるのかな?
むしろ尊皇と呼ばれたらむねを張るのが尊皇厨の本分のはずだが。(w

225 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:53 ID:3T2uM6+S
先ほどから>>224は煽り文句しか出てないのですが

あれですか。>>182以外言うことが思いつかないと。


226 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:56 ID:bKFKzyM/
尊皇厨って「天皇は国民統合の”道具”として便利」って
いう香具師もいるくらいだから、ぜんぜん天皇なんて尊敬
してないんだよ「道具」だよ「ど・う・ぐ」人間として
もみてないんだね。ある意味怖いよね

227 :朝まで名無しさん:03/11/03 13:58 ID:3T2uM6+S
>>226

どうしようかこいつ

何なら書くけど

228 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:00 ID:3NyItCzj
>>225
反論にことかいて煽り、口汚い罵倒をならべてるのはID:3T2uM6+Sの方です
が何か。
尊皇厨でどこが都合悪いのかな。


229 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 14:00 ID:cK7znxkM
>>226
私は、尊王じゃなくて「極右」なんで。
国賊とか悪魔とか人でなし言われる方がよほどすっきりする。
それでも、主張しつづけるに足る意見だと思うから>天皇国家滅亡時首班遂行義務説

だって、これ以外に日本を短期間で復活させる方策が無いんだから、仕方ないベ。
「前例が無い」「そんなことは起こり得ない」「それは想定外」「仮定の話には答えられない」

こんなので非常時のケーススタディなんかできるわけないじゃん。

230 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:02 ID:3T2uM6+S
>>228
「都合悪い」
「尊皇厨」

それだけか?

>反論に事欠いて
どこが?w
むしろ君の姿だよ

231 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:06 ID:3NyItCzj
>>230
飯も食わずに尊皇かきこしてそろそろ脳が疲れてきたのかな?


232 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:06 ID:3T2uM6+S
>>226
>「道具」
いままで
「使えない 役に立ってないから天皇は無駄」
といってたのは廃止の中の人ですね

それを逆に「外交で使えますよ 無駄じゃないよ」と教えたら
>人間として
>もみてないんだね。ある意味怖いよね
言葉尻取っただけですな
一人で勝手に怖がっていなさい

あと、無駄なものは切り捨てられるのが常ではないですか?
常識をお持ちですか?

233 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:07 ID:HPdFd3UJ
>>200
>日本史板は日本史板。思想板は思想板。ここはニュース議論板です。ソースは貼れ。
だから貼ったじゃん。そのものズバリじゃないけど
しかし発言する度に ソース ソースと要求するのもどうかと思うぞ。
>>229
>私は、尊王じゃなくて「極右」なんで
ありゃ 両翼主義じゃなかったの?(笑


234 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:08 ID:3T2uM6+S
>>231
まだ続けてるな
くどい

飯は食ったと言ったが。
そうか、君にはわからんか。

235 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:09 ID:3T2uM6+S
>しかし発言する度に ソース ソースと要求するのもどうかと思うぞ。
言い出したのが俺なんで取りあえず回答

>>1>>2に貼るのが常です。以上。


236 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:11 ID:HPdFd3UJ
>>235
議論板のローカルルールの話ではなく、事実確認ができんという事を問題に
してたのでは無いの?

237 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:11 ID:5HTS9nWs
「昭和天皇」が「ニュース議論」かよw 

死んでも「恨(ハン)」、の在日粘着スレか?ププッ

238 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 14:12 ID:cK7znxkM
ちなみに、尊王を名乗ることが出来たら、どんなに良いかとは思うが、基本的には
自分がどれだけ不遜なことを言ってるかは承知してるつもりなので、国賊で結構。

でな、極右っちゅうのも極左っちゅうのも両翼ちゅうのも方便なんよ。
要は7代先まで私らの時代の意見のかけらでも残せればそれで良いんよ。
絶える可能性は高いけど皇室にかけてみたいんよ。
まぁ自分では極右だと思ってるけど、周囲から「おまいは左だろ」って
言われるから「じゃ、両翼で」って言ってたんだね。
意識しないと極右って言ってしまうのさ。

それとな、スレの1とか2とかにURL貼るのは、この板ではマナーなんよ。

・・・なんか俺、必死だな。(苦笑

239 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:13 ID:3T2uM6+S
182 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:03/11/03 12:42 ID:3NyItCzj
>>179
じゃあ、実際は拉致問題においては天皇のいない国の方が外交上手と
いいかえるよ。はい反論どうぞ。

186 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:03/11/03 12:47 ID:3T2uM6+S
>>182
こちらがいくら言っても相手が反応しない
選挙後の6カ国協議がまた決裂したら脅しも入るでしょ



240 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:13 ID:3NyItCzj
>>234
>それを逆に「外交で使えますよ 無駄じゃないよ」と教えたら

外交で使える?何処が?


>あと、無駄なものは切り捨てられるのが常ではないですか?
>常識をお持ちですか?

常識的には無駄でも信者や飯の種にしてるやつにとっては無駄じゃない
んだろ。だから特殊法人も看板掛け替えただけで厳然と残っている。






241 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:14 ID:3T2uM6+S
名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:03/11/03 12:56 ID:3NyItCzj
>>186
あのー、「今の日本の青少年が乱れてるのは尊皇が足りないせい。
     教育基本法を改正して少国民教育を復活しる」
と主張してるのは尊皇厨の方だが何か。

193 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:03/11/03 12:59 ID:3T2uM6+S
>>192
>じゃあ、実際は拉致問題においては天皇のいない国の方が外交上手と
>いいかえるよ。はい反論どうぞ。
この話はもうチャラですか?
勉強厨?
話のすり替え

>あのー、「今の日本の青少年が乱れてるのは尊皇が足りないせい。
>     教育基本法を改正して少国民教育を復活しる」
少年犯罪に警察が追いついていない
親や教師の教育が甘い
以上。


以下、「尊皇厨」とわめく坊やの煽り開始
どこが議論だか。

242 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:15 ID:3T2uM6+S
>>236
無論それも含めて言ってますが何か?

>>1の内容を信じてもらいたかったら
ソースが貼るのが常

243 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:16 ID:3T2uM6+S
>>240
>外交で使える?何処が?
ループ開始

244 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:18 ID:HPdFd3UJ
>>238
いや、俺も天皇スレは、マナーとして、皇室関連のニュースのリンクでも貼るべき
という立場だが?

皇室必要かねえ? 俺は積極廃止論じゃないし、昔は消極的存続論を唱えていたが
国家としての盤石を期すなら、血統神話に頼るよりは、歴史そのもんを(具体的
にゃ明治維新だが)国造りの神話として語っちゃった方が良いと思ってるんで。
むしろ皇室に拘ると、そこら辺を見誤ると。

245 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:21 ID:3NyItCzj
176 :朝まで名無しさん :03/11/03 12:30 ID:3NyItCzj
>>170
>北の将軍がまともに応対しないのが事実ですよ
>ニュース見てますか?

見てるよ。だから日本は舐められてるんだっていってるじゃん。



246 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:22 ID:bKFKzyM/
「ソースソース」っていうなら密室で行われた会談を
1個人が綴っただけの「マ回想録」と、記者会見で
行われた「文学方面」発言と、まったく方向性が違う事柄

どちらがソースとしての信憑性が高いのかね?(w

247 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:26 ID:lB3uPDHg
権威(天皇)と権力(国民=首相)の絶妙なバランス。
象徴天皇制こそ民主主義国家に相応しい制度である。


248 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:26 ID:3T2uM6+S
>>246
ソースの信憑性を落とそうと考えるなら
>>1の内容も信じるなということになるが

>>245
それが議論か?

249 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:28 ID:lB3uPDHg
アメリカ大統領が最上級のもてなし(ホワイトタイ着て空港で出迎える)をするのは
英国王、天皇、ローマ法王の三人のみらしいです。

廃止する必要はないでしょう。国益を損ねるだけですから。



250 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:31 ID:3T2uM6+S

>見てるよ。だから日本は舐められてるんだっていってるじゃん。
舐められてるから天皇廃止ってか。
どういう思考ですか?
拉致問題に天皇がどう関与しろと?わがままな奴だな。

むしろ、皇室が他国からどう見られているのかを気にするのなら
国内でどう扱われているかが重要になるけど。

そんな話にしろと?

251 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:33 ID:lB3uPDHg
天皇制という呼称は、天皇陛下並びに皇室を、憎み、貶め、罵るための
用語である。天皇制という言い方は、天皇制否定、天皇制廃止、天皇制打倒、
という風に、皇室に敵対する表現である。皇室は制度でもなく機構でもない。
天皇制、という敵対語法を初めて創ったのは、ソ連共産党が指導する
国際組織のコミンテルンである。それが我が国に持ち込まれたのは、
大正12年3月15日であった。開闢以来、天皇制という、不敬な呼び方は
日本語には無い。
司馬遼太郎は、天皇制、という語を「えぐいことば」であるといった。
灰汁が強くて咽を刺激するの意である。また言葉を重ねて、
天皇制という術後には悪意がインプットされている、とも言った。
我が国では、昔から、皇室とお呼びする習慣が定着している。
国民としては伝統に即して、皇室、という呼称を用いるのが妥当であろう。


「『天皇制』という呼称を使うべきでない理由」 谷沢永一 PHP研究所


252 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:33 ID:3NyItCzj


>150 :朝まで名無しさん :03/11/03 12:05 ID:3T2uM6+S
>>148
>君の賛同者は日本の国会議員にいないから
>北に帰りなさい

>216 :朝まで名無しさん :03/11/03 13:39 ID:3T2uM6+S
>>213
>低レベルな引っ掛け
>韓国人をあぶりだすには持って来いですが
>さっきのファイルを見たか?

尊皇思想に染まらないあいてをある時は北といい、
またあるときは韓国人という。全く一貫性のない愚かな奴だね。


















253 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 14:34 ID:cK7znxkM
>>244
んだな。どんなに誇っても1350年以上は現在の皇室との繋がりを物証を挙げて
証明できないし。

>>246
そりゃ記者会見の方だが、宮内庁から釘さされて自由には発言できない状況に置いた上での
発言だと言う事も考慮に入れるべきやね。つーか、マックァーサーは「京都恩人説」といい捏造が多いから
あてにならんよ。



254 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:35 ID:3T2uM6+S
>>252
2chにやってくる北と韓国は日本人の神経を逆なでする点で同じだが
君はそんなことも教えてもらわないと気付かないのか?
だからドコが議論なんだよ?

255 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:37 ID:3T2uM6+S
3NyItCzj
個人攻撃しかしないのでもう相手してやらね

256 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:37 ID:lB3uPDHg
天皇制廃止という思想はソ連共産党からの輸入品。
けして日本人が考え出したものではないことをお忘れなく。


257 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:37 ID:3NyItCzj
>>250
天皇がいても外交上他国よりもアドバンテージがあるという訳ではない
という事なんだが。
つまり尊皇厨が必死に主張する天皇のいる国の外交は素晴らしいという
主張はもろくも崩れ去るというわけさ。

258 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:40 ID:bKFKzyM/
>>257 旧連合国とアジア諸国みる限りディスアドバンテージのほうが大きいけどな

259 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:41 ID:lB3uPDHg
「これを失えば日本人は日本人で無くなり、国民は国民で無くなる。
 これが無くなれば、国は解体してばらばらになり、
 国民は全体としての個性を失って精神的に荒廃し、人類文化に寄与すべき
 根元の力を持たなくなる。このようなものが「天皇」の本質である。」

・・・・(中略)・・・・田中忠雄教授「生命の論理と天皇」の冒頭の一節だ。

・・・・(中略)・・・・田中教授は慎重に次のように続ける。

「このことは、特に若い学徒にとっては、むかしも今も、なかなか納得しにくい。
 なぜというに若いということは、豊かな可能性を内に含みながらも、
 現在は未熟だからである。思想の未熟なものにとって、
 「天皇なるもの」ほど分かりにくいものは無い。
 むろん、このことは精神年齢の若い、いつまでも未成熟な年寄りにも
 あてはまる。」


「天皇の起源」林房雄 夏目書房


260 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:41 ID:3T2uM6+S
>>257
途端に個人攻撃やめたわけかw


>天皇がいても外交上他国よりもアドバンテージがあるという訳ではない
>という事なんだが。
外交で天皇が登場している以上
今、皇室を廃止すればアドバンテージが下がるのは目に見えてるね

普通に考えればわかるよね


>つまり尊皇厨が必死に主張する天皇のいる国の外交は素晴らしいという
           ~~~~                      ~~~~~~~~~~
ハァ?君のただの思い込み。そんな受け取り方しか出来ないなら
新聞記事もまともにゃ読めないな

>主張はもろくも崩れ去るというわけさ。
君の主張が崩れました

261 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:41 ID:bKFKzyM/
>>256 織田信長や足利義満もソ連共産党員だったのですか?(ワラ

262 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:43 ID:bKFKzyM/
>>259 「これを失えば日本人は日本人で無くなり」

 桓武天皇の母親はそもそも日本人ですらないけどな(w



263 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:44 ID:lB3uPDHg
自ら天皇になろうとすることと、
天皇制という制度を廃止することは違いますよね?(w


264 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:44 ID:3NyItCzj
>>254
>2chにやってくる北と韓国は日本人の神経を逆なでする点で同じだが
>君はそんなことも教えてもらわないと気付かないのか?

日本人の神経を魚で?尊皇厨の神経を魚でしてるつもりだが。
で、北とか韓国人とか脳内思いこみで個人攻撃を始めたのは
あんたの方だが?



265 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:47 ID:3T2uM6+S
>>264
>あんたの方だが?
その挑発にまんまと乗ったのがお前だが
よくもまぁ日本人面できるなとw

>魚で
こんなミスまで連続でしてよw

266 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:48 ID:3T2uM6+S
>>263
>天皇制
せめて皇室と表現しなはれ

267 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:49 ID:3NyItCzj
>>260
>今、皇室を廃止すればアドバンテージが下がるのは目に見えてるね

>普通に考えればわかるよね

はい、また根拠のない思いこみ発言ですね。誰が今すぐ廃止なんて
いったのかな?天皇廃止で外交上のアドバンテージを失うという
根拠は?





268 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 14:52 ID:cK7znxkM
君らやってて。
祭日だけど、色々やる事多いんでね。

269 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:54 ID:3NyItCzj
>>265
>その挑発にまんまと乗ったのがお前だが
>よくもまぁ日本人面できるなとw

はい、また尊皇厨お得意の口汚い個人攻撃ですね。人には個人攻撃やめれ
といっておきながらなんたるざまでしょう。(爆笑

>こんなミスまで連続でしてよw

知ってて敢えてやってるんだけど。(爆笑
とうとうまともに反論できなくなって重箱の隅つつきだしたな。







270 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:55 ID:3T2uM6+S
>>267
アラアラ、思い込み発言と個人攻撃が続いてますね

>天皇廃止で外交上のアドバンテージを失うという 根拠は?
他国での天皇の扱われ方は
日本の代表として扱われている

こちらが天皇を来訪させることにより
日本側の最高度の礼儀として表現できる

ましてや、親交を深める点でこれほど重要なものは無いですな
天皇+首相+外相が日本のやり方であるのに対し
それを欠けさせたら
現状よりも不便になることになる

わかったかな?

>誰が今すぐ廃止なんて いったのかな?
じゃあ黙って寝てろよ(w


271 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:55 ID:lB3uPDHg
高野新笠(桓武天皇の母)は百済人ですが、
百済は朝鮮半島における日本の出先機関で、
文化面においても日本とほぼ同一であったところ。
皇室に朝鮮人の血が入っていると騒ぐけれども、
新羅人の末裔である現在の朝鮮人とは関係ないのであります。


272 :朝まで名無しさん:03/11/03 14:56 ID:kSPVS0Eo
天皇なんかことさら嫌悪するほどのものでもなければ尊敬するほどのものでもないって思うんですが。
あってもいいけどなくても困らないってか。

まあ、そんな私はだったらこのスレに来るなって事なのかもしれませんが。

273 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:00 ID:3T2uM6+S
>>269
>重箱の隅き出つつき出したな
あーあ、また晒してるよ

>>184
>>185
>>203
>>209
>>219
>>220
>>224
>>228
>>231

これさ

ど こ が 反 論 ?

274 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:01 ID:HPdFd3UJ
>>270
>こちらが天皇を来訪させることにより
>日本側の最高度の礼儀として表現できる

相手に要請されて日本政府が断った場合はどうだい?
此方が打診して、相手に拒絶された場合はとかは?

275 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:02 ID:3NyItCzj
>>270
>他国での天皇の扱われ方は
>日本の代表として扱われている

はい、尊王厨お得意の海外の視点でしか自己評価できない典型ですね。

>こちらが天皇を来訪させることにより
>日本側の最高度の礼儀として表現できる

天皇を寄越さないから日本は無礼であると考える国があるとでも?
どうやら口汚い罵倒以外は中身のないことしか語れないようだな。(嘲笑





276 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:04 ID:kSPVS0Eo
ぁぁ そういえば今日は明治天皇の誕生日だった
なんで大正天皇の誕生日は祝日じゃないんだろう?
今上天皇の誕生日は亡くなった後も祝日として残るのだろうか

277 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:06 ID:3T2uM6+S
3NyItCzjの素性は

引きこもってないで少しは町に出ず
飯も食わずにかきこしてそろそろ脳が疲れてきてる
北や韓国人扱いされると都合が悪い
口汚い罵りが多い

と。

個人攻撃しようとしたらこれぐらい簡単だが?
そういうことを:お前はやりたいんだな?

>>275
現状では
>他国での天皇の扱われ方は
>日本の代表として扱われている
ここで
天皇を欠けさせたら
日本の最高度の礼儀が格下げになる

おわかりかね?
今廃止させる気は無いのがおまえなんだから消えてね

278 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:06 ID:lB3uPDHg
国際親善という名の皇室外交も効果が数字で表せないから
素人には見えにくいですね。

でも、外交の世界では
「王族ひとりは外交官100人に匹敵する」と言われています。
あながち嘘ではないと思います。


279 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:09 ID:3NyItCzj
>>273
単なる挑発だが?
挑発にまんまと乗る尊王厨てホント間抜けですね。(爆笑

280 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:09 ID:3T2uM6+S

>天皇を寄越さないから日本は無礼であると考える国があるとでも?
リニアに短絡思考はお前だけにして欲しいところだな
もっとも、君ほど頭悪い人は見かけないが。
どこに住んでいますか?


>日本は無礼である
そんな事誰が言ったかな?
それ妄想。

日本の礼儀には他の国には無い物もあるから
その分を減らすな
といってるだけ

281 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:10 ID:3T2uM6+S
>>279
そんなことで泣きじゃくるお前が見てて可笑しい

やはりお前は個人攻撃をしたいんだな?

282 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:10 ID:lB3uPDHg
有史以来、皇室と共に歩んできた日本人の意思を
もっと尊重すべきでしょう。
2000年の歴史を超えて今日まで皇統が絶えていないことの
真実を見れば、もう結論は出ています。
日本人は皇室存続の意思表明をしているのです。


283 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:13 ID:bKFKzyM/
有史以来、皇室すら知らずに生きて死んでいった日本民族の意思を
もっと尊重すべきでしょう。
2000年の歴史を超えて今日まで皇統が絶えていないという
「中国三千年」程度のデマは古墳発掘拒否・DNA鑑定拒否を見れば、
もう結論は出ています。 日本人は皇室廃止の意思表明をしているのです。


284 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:14 ID:bKFKzyM/
>>278 ソースなし(=妄想)

285 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:14 ID:3T2uM6+S
>>283
皇室廃止を本気で考え、
訴えてる人がいるなら
とっくにデモ行進が起きていますYO


286 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:15 ID:3T2uM6+S
>>284
おまいの否定もソースなし(=妄想

こんな不毛な展開になるがね

287 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:16 ID:3T2uM6+S
外相や首相以外にも国の代表として動ける人が
日本にはあるのだから
それをわざわざ無くせというのはもちっと根拠が欲しいな
>>284の言い方ならソースだな(w

288 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:18 ID:lB3uPDHg
皇統が絶えていないとは、
一つの王朝が途切れずに続いているということですよ。
血統が続いているという意味ではありません。
中国の王朝が易姓革命で何度も交代したのとは異なるということです。
常識のある方なら分かりきったことだと思います。


289 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:18 ID:HPdFd3UJ
>>287
天皇は 外相や首相の代わりにゃならんぞ。

皇室外交が、公務として認められる前提は「政治的権能を含まない」という
前提。
つまり親善外交に限定。

290 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:19 ID:3NyItCzj
>>277
天皇来訪により以前からあった外交関係がよくなることも悪くなることもない。
ただそれだけの存在。

>ここで
>天皇を欠けさせたら
>日本の最高度の礼儀が格下げになる

で、天皇寄越さないから無礼だといって怒った国はあるのかな。
天皇来訪後に外交関係がよくなったという事例は?
まあ、どうせ妄言だから具体的に証明できないだろうけど。




291 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:20 ID:bKFKzyM/
>>286 だから泣くなって(藁

292 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:21 ID:3T2uM6+S
>>289
そこまで極論じゃないよ

代わりをやるんじゃないよ

外相は外相 首相は首相 天皇は天皇で
それぞれできることを最大限使って

他国との親交を深めればいいだけ


293 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:21 ID:bKFKzyM/
おい!いま>>288


   万 世 一 系 を 否 定 し た ぞ!!



           不敬罪でブチこめ!!

294 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:23 ID:3T2uM6+S
>>291
それしか言えなくなっちゃったのか

あーあ、妄想かw

>>290
>天皇寄越さないから無礼だといって怒った国
通常は外相と首相で十分んですが何か?
何勘違い続けているんだ貴様?
天皇が外交関係にプラスを与えているだけだよ

>天皇来訪後に外交関係がよくなったという事例は?
何をもってよくなったとお前は判断するんだ?
基準を示せよ
まあ、どうせ妄言だから具体的に証明できないだろうけど。


295 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:28 ID:3T2uM6+S
ログで誰かが言ってくれてるけど
確かに、外交の関係は数値化は出来ない
それだけあいまいなところが多い。
記録で見れば正式なコメントに非難があるかどうかぐらい

>>290は数値化の術を持っているそうだw
ぜひご教授願おうww

296 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:30 ID:lB3uPDHg
しかしこの横田(喜三郎)的議論が、戦後の民主主義の理解に
相当影響を及ぼしており、未だに呪縛されているといっても
過言ではありません。
民主主義と君主制、日本の場合は天皇制度ですが、両者は完全に矛盾するから
民主主義を徹底するには天皇制を廃止しなければならないという議論です。
民主主義を少し勉強した人ならば、そんな議論にはならないはずですけれども、
子供達や初学者にとっては単純明快であるだけに受け入れやすい。

「正論 2003.02」 八木秀次


297 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:31 ID:3NyItCzj
>>294
自分で主張したことの証明も放棄してるなんて。
ホント尊王厨って低脳ですね。(w
生き生きしてるのは個人攻撃をしているときだけなんだね。
せっかく飯も食わず必死に尊王思想を広めようと頑張ったのに
誰も説得出来ずにみていて哀れだね。(嘲笑

>天皇が外交関係にプラスを与えているだけだよ

で、何処の国に行った時にどのように具体的にプラスになったのかな。
一つぐらい具体例を挙げられるだろ。
それが出来なきゃ尊王思想の普及はおぼつかないよ。(w



298 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:35 ID:0cYOOtE/
実際、「てんころ」とバカにされているような香具師に存在価値があるのかね?



299 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:35 ID:lB3uPDHg
自国の伝統や歴史を蔑ろにしてしまうような国家は
この国際化社会においてどの国からも尊敬はされなくなるでしょう。

皇室制度が民主的でないとの批判は、議会制民主主義を採り入れている
わが国では、議会の承認が得られているから存続しているわけで、
的外れとしか言いようがありません。


300 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:37 ID:3NyItCzj
>>295

>>290は数値化の術を持っているそうだw
>ぜひご教授願おうww

誰も一言も数値化などとは言ってないんだが。
思いつきで「天皇は外交にプラス」などと発言した後に必死で
検索かけないようにたのむぜ。(w






301 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:39 ID:3T2uM6+S
>>297
>自分で主張したことの証明も放棄してるなんて。
ほぉ。そちらさんの廃止するための証明は相変わらずですが。まだ?


>生き生きしてるのは個人攻撃をしているときだけなんだね。
もちろんお前

>せっかく飯も食わず必死に尊王思想を広めようと頑張ったのに
あぁ、そんなに飯食いたいかw
さっさと食えよw

>誰も説得出来ずにみていて哀れだね。(嘲笑
君がこちらの指摘を受け入れないからだよ。
皇室廃止なんてろくにいないが。


>で、何処の国に行った時にどのように具体的にプラスになったのかな。
>一つぐらい具体例を挙げられるだろ。
君の好きそうな韓国との関係はどうかな
http://www.chaeil.net/HTML/Stories/2002/01/04/10101663693.html


>それが出来なきゃ尊王思想の普及はおぼつかないよ。(w
廃止が普及してると語りたいだけじゃんお前



302 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:39 ID:lB3uPDHg
国民主権と立憲君主制は両立します。
イギリス、スペイン、ベルギー、ルクセンブルク、スゥエ―デン等をみれば
分かるでしょう。

国民主権と立憲君主制が両立しないと言い続ける人たちに聞きたいですね。
ロックを生んだのはイギリスですよ。議会制の母国もイギリスですよ。


303 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:40 ID:3T2uM6+S
>>300
じゃあ数値化以外で基準があるんだな
言えよ
どうせでまかせなのにねぇ
このままなら相手してやらんぞw

304 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:40 ID:3NyItCzj
>>299
>自国の伝統や歴史を蔑ろにしてしまうような国家は
>この国際化社会においてどの国からも尊敬はされなくなるでしょう。

明治になるまで富士山も見たこと無いような京都の引きこもり一族を
民衆の前に引っ張り出したのは大いなる伝統破壊だが何か。




305 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:41 ID:3T2uM6+S
>>298
そう言って無理矢理価値を落とそうとして人らを
必死とは言わんのか

他にい言うこと無いのかよw
議論はどうした

306 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:43 ID:3T2uM6+S
>>304
もう一度歴史勉強しなおせばァ?
誰が束縛したのかわかってる?

307 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:43 ID:HPdFd3UJ
>>302
>ロックを生んだのはイギリスですよ
?議会制と民主制は違うぞ?



308 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:43 ID:lB3uPDHg
>>304
どこが伝統破壊なんですか?


309 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:44 ID:0cYOOtE/
日本理伝統では、民衆は全く「てんころ一族」なんて知らないというふうになっていますが、何か?


310 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:44 ID:3T2uM6+S
>>300君は外交関係が向上したかどうかを判断するための
基準を求めてひたすらググッております

311 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:48 ID:lB3uPDHg
国王と言う権威を失った結果、フランス革命後の国民は
国家権力の意のままに、生命を奪われることとなりました。
(ギロチン送りとなって)

権威が喪失すると、
国民の政治への尊敬がなくなって政治は無秩序となるのです。


312 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:49 ID:3NyItCzj
>>301
へえ、天皇って韓国行ったんだ。初めて聞いたよ。
で、例の天皇のゆかり発言ってお前のような尊皇厨が泣いて悔しがった
あれのことだよな。
あれは天皇の単なるリップサービスで、それを大きく扱う韓国人はアホ、と
いうのが尊皇業界の論調じゃなかったっけ?
ついでにこっちは韓国が好きでも嫌いでもない。まあ興味が無いといった
所だが何か。


313 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:52 ID:3T2uM6+S
>>312


>へえ、天皇って韓国行ったんだ。初めて聞いたよ。
で?わがままに付き合ってやったが何だ?基準はまだか?
妄言ですかw


>あれは天皇の単なるリップサービスで、それを大きく扱う韓国人はアホ、と
>いうのが尊皇業界の論調じゃなかったっけ?
業界?

 ソ ー ス は ?w

314 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:52 ID:lB3uPDHg
天皇に権威があるのは国民統合の象徴だからではなく、
伝統と歴史と、歴代権力者さえも皇位を奪うのではなく
それに従ったと言う事実があるからです。

国民も為政者もその権威に一目置くことによって、
国家権力の肥大化を防止することが出来るのです。


315 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:53 ID:HPdFd3UJ
>>311
フランス革命が、当初、王制を前提にして始まったなんてのは 理解してるよな?

この場合王の態度自体が、その後の修羅場を産む一因にもなってるのだが?
なんか みょーに 噛み合わない知識をひけらかすところが・・某コテを連想させる・・


316 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:55 ID:lB3uPDHg
伝統や慣習を重視する社会は、自然発生的に発展してきたルールに
概ね従っています。

それは、他人の行動がある程度予測可能な秩序ある社会であって
秩序維持のための強権政治を必要としないからです。


317 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:55 ID:3T2uM6+S
統合というか皆同意の下でやってるからね
国民が不必要と思えばいつでもできるんだが


廃止君はなんで騒いでるのかな?

皇室を憲法であれこれ規定しているというのは、
実は皇室を拘束しているのだということがわからないのかな。
法律上は廃止してくれた方が真性天皇主義者にはありがたいのだが。
皇室廃止論は、そんなことがわからないアホ左翼。
それに敵対するのは、腹の中では「天皇に好き勝手されると困る」
と思ってる似非右翼なんだろうな。

燃料投下してみるテスト


318 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:57 ID:3NyItCzj
>>313
基準?「天皇は外交上プラスである」と断言したのはおまいだ。
早く検索なりして必死にソースさがせよ。
基準は自分で決めたらよかろう。
で、天皇って韓国行ってないと言うことは認めるよね。(w

319 :???:03/11/03 15:58 ID:GKV2ojlp
ロシア革命後のソビエトの惨状なんてひどいものだ。ソビエト滅びて
当たり前。(w
いまだに共産主義に恋々としているのがいるなんてどこかの特殊法人
の地位に恋々とするあれですなあ。(w
と言ってみるテスト。


320 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:59 ID:3T2uM6+S
皇室廃止をどこまでも訴え続けるなら
国会議員に立候補すりゃいいじゃん


それより賛同者募ってデモ行進して
そこら中で説明かやって世論全体を動かせば可能だが
何か?

なんでブーイングしてるのかがわからん
まるで廃止が不可能みたいじゃないかw

321 :朝まで名無しさん:03/11/03 15:59 ID:lB3uPDHg
ドイツやイタリアの大統領は、イギリスの君主制を模倣したものです。
アメリカ、フランスの上院は、イギリスの貴族院を模倣したものです。

要は、先進諸国の多くが中世の政治制度(封建遺制)の基幹を
維持していることになるのです。
日本が皇室制度を維持していることは、ある意味、グローバルスタンダード
といっても差し支えないでしょう。


322 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:00 ID:bKFKzyM/
そうそう、モスクワの共産主義者と中立条約むすんで
ナチスのバルバロッサ作戦を妨害して瓦解させたのも
ボルシェビキ天皇ヒロヒトだったね

やはり売国奴はやるスケールが違うね(藁

323 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:00 ID:3T2uM6+S
>>318
>基準
俺が勝手に決めたらお前が否定するのが目に見えてるが
頭大丈夫か煽り厨房?

324 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:01 ID:3T2uM6+S
>>322
今度は売国奴扱いか



なんつーか、意見一つにまとめられないのかお前?

325 :???:03/11/03 16:02 ID:GKV2ojlp
ん?スターリン国際共産主義者説崩壊が、かなーり、悔しかった人が
いるような気がするのだが・・・・、気のせいか?(w


326 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:03 ID:bKFKzyM/
戦争直後の日本の惨状なんてひどいものだ。大日本帝国滅びてあたり前。(w
いまだに国粋主義に恋々としているのがいるなんてどこかの特殊法人
の地位に恋々とするあれですなあ。(w
と言ってみるテスト。


327 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:03 ID:lB3uPDHg
伝統、慣習、権威を解体した結果、

ソ連体制化のロシア人は、国家権力の奴隷となりましたね。


328 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:05 ID:bKFKzyM/
ん?相手にされてないで一人吠え続けてたヒッキーが

 今 日 も いるが?気のせいか(藁

329 :???:03/11/03 16:05 ID:GKV2ojlp
廃止派の風が吹けば桶屋が儲かる理論は、擁護派の理論を補強する材料を
提供するだけってなぜ気がつかないのだろう。(w


330 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:06 ID:bKFKzyM/

明治維新により伝統、慣習、権威を解体した結果、

明治以降の日本人は、国家権力の奴隷となりましたね。

331 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:07 ID:bKFKzyM/
さーて、何も役に立たないで存続ヒキコモリ厨
が反論を考える時間をあげるため出掛けるか

ではまた夜まで

332 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:07 ID:3NyItCzj
>>323
おまいなりの基準があって「天皇が訪問したら外交上プラスになった」
と発言したんだろ。
やっぱり思いつきか?それともちょっと否定されたぐらいで崩れてしまう
ようなやわな基準なのか?
で、天皇って韓国訪問してないよね。(w

333 :???:03/11/03 16:08 ID:GKV2ojlp
ん?矢印のオッサンが今度は名無しかあ。(w
無駄な工作活動ご苦労さん。(w


334 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:09 ID:3T2uM6+S
>>318
国の象徴
国の代表である天皇が今、存在する以上
また権威がある以上

その本人が来訪するというのは
他国から見れば
国のトップが来たと見るのは当たり前なんだが
実際、その応対を受けているじゃないか
それが証拠

外交の話なのに他国の目を無視しろなんて
外交オンチも甚だしい

335 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:11 ID:3T2uM6+S
>>332
お前が天皇により外交上プラスになったかどうかを聞いたから
そのまま示しただけだが

なんだ、今更になって来訪も含めたソース要求か?え?コラ

336 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:13 ID:3T2uM6+S
>>332
訪問も含めたソースなら別の国になるが
ほらよ

http://www.kunaicho.go.jp/kisyakaiken/kisyakaiken-h14porando.html


で?

337 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:14 ID:3NyItCzj
>>334
もうこれ以上追及しても何も出てきそうにないな。
具体例の一つも上げられないなんて。




338 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:15 ID:3T2uM6+S
>>332
で、結局
廃止するためのソースは何も無しなのは
お前の妄想だからだな(w

その点に気付くように

339 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:17 ID:3T2uM6+S
>>337
廃止の具体例もだせない子供に
こちらから示すなんて無駄に等しいので

お前が泣きじゃくるから
お情けで>>336を出しただけだYO

天皇のことを知らないくせによくもまぁ否定できるなと
普通否定する方が天皇詳しいはずだがw
廃止の根拠を見つけるためにもなw

340 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:18 ID:lB3uPDHg
皇室外交だからこそ、全米の国民感情を動かすことが出来る。


皇太后さまは昭和天皇とともに戦後の皇室外交にも新しい時代を切り開かれた。
ヨーロッパとアメリカのご訪問では、こぼれるばかりの皇太后さまの笑顔が
各国で大きな話題となり、「天使のほほえみ(皇后の微笑み)」として
平和と親善に大きく寄与された。
ご訪米の際、ディズニーランドでパレードを昭和天皇とともに見物されていた
矢先の事、いつの間にか5歳ぐらいの坊やが皇太后さまに、人なつっこく体を
もたせかけてきて、皇太后さまはご自分の息子のように、その坊やの手を取って
優しくいっしょに拍手をおくられた。
そして、その光景はすぐさま全米に報じられ、米国民に深い感銘を与え、
日本に対してまだ敵国意識を拭いきれないでいた人々や日本の経済進出に
警戒感を抱いていた人たちにも、それとは違うイメージを与えた。


341 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:19 ID:3T2uM6+S
>>337
外交の話なのに他国の目を無視しろなんて
外交オンチも甚だしい

342 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:21 ID:3NyItCzj
>>336
これって訪問する前のインタビューじゃん。
必死に検索してもこの程度かね。(w

343 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:22 ID:3T2uM6+S
>>342
訪問する意味をしっかり答えてるのにな
タイトルしか読めないガキは寝てなw

344 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:23 ID:0cYOOtE/
海外で「ヒロヒトラー」とよぱれるような一族が、外交していること自体が、もう外交上のハンデになっている。


345 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:23 ID:3T2uM6+S
>>342

さぁて、

廃 止 君 の ソ ー ス は 出 せ な い ま ま
  暴 れ だ す か (禿藁

346 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:24 ID:3T2uM6+S
>>344
その台詞がデモに出たか?w

347 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:24 ID:3NyItCzj
>>340
はい、提灯記事ご苦労さん。


348 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:25 ID:3T2uM6+S
>>347
あ、逃げたw

349 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:27 ID:3T2uM6+S
これではっきりしました

3NyItCzjは 煽りたいだけの
ソースも読めないゴミであると

消えてねと言ったのになァ わからないのかなぁ?

350 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:32 ID:lB3uPDHg
平成10年9月21日、皇后様はインド・ニューデリーで開催された
IBBY(国際児童図書評議会)世界大会で、ビデオにより
「子供時代の読書の思い出」と題する英語での53分間にわたるご講演をされた。
当日、会場にいたJBBY(日本国際児童図書評議会)の猪熊葉子会長は、
その時の様子を次のように語った。

ビデオ終了直後から万雷の拍手が鳴りやみませんでした。
皆様、大変に感動なさって「あなたがたは、素晴らしいエンプレス(皇后陛下)
をお持ちだ」と周囲の人から何度も言われました。

この御講演について、文芸評論家・東京大学名誉教授の佐伯彰一氏は
次のように評している。

格別にお声を高められることもなく、むしろ淡々と、落ち着いた平語調で、
いわば古代以来の「やまと心」を外国の聴衆に語りかけ、訴えかけられた。
これは、戦後のわが国の文化史、思想史の一つの「事件」とさえ呼びたい気がするのだ。


351 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:32 ID:HPdFd3UJ
>>349
横レスだが、
>>340というのは、具体的な事実を挙げた、根拠というようなもんでも無いかと
思うが?
天皇訪米が効果があったという主観であり 客観(事実)ではない。

まあ在ったのかもしれないけどね。


352 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:32 ID:3NyItCzj
>>348
別に逃げてないが。
このときの訪米って確かアメリカがフォード大統領の時だったかな。
でもその後の日米関係って貿易摩擦なんかもあってかなーり悪くなったよな。
つまり天皇の訪問による外交改善の効果なんか糞の役にも立たないくらい
政治や経済問題の方が重要だという見本だな。(w


353 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:35 ID:HPdFd3UJ
>>lB3uPDHg

ここのところ、ずっとコピペ貼ってる人?
ソースとして示すのは良いが、何を言いたいのか自分の表現で書き込んで
くれまいか?


354 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:35 ID:lB3uPDHg
>>344
あなたは海外の反日プロパガンダを盲信する反日左翼の典型ですね。
当然ながら、まともな人からは相手にされていないですよね。


355 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:35 ID:3T2uM6+S
>>351
あぁ、そっちじゃなくて

3NyItCzjは
>>336を読まないし
廃止のソースも出さないから
叩いただけですYO

356 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 16:38 ID:cK7znxkM
・・・どうでもいいが、大正帝は訪韓してるはずだ。

>>326
空襲されて瀬善の富の4割を喪失したから悲惨になるのは当たり前。
昭和30年代終わりでやっと戦前を上回った。

過去を貶して現z内を持ち上げるのも良いが、客観的事実を学べ。

それと、2000年とか言ってる人。
厳密に捏造ではない日本の歴史は1350年程度以前まで遡るのは、現時点では難しい。

>>330
明治維新により解体された権力は何だったか分かってんの?

357 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:39 ID:3T2uM6+S

3NyItCzjよ、
まともに廃止を言いいたければ
廃止の根拠が載ってるソースを出そうな

358 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:42 ID:3T2uM6+S
>>352
天皇に現実に起こりうるすべての状況を改善する能力を求めてるのか
んな無茶な。
だからお前の不満を
すべて天皇のせいにして廃止を訴えたわけか

359 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:42 ID:3NyItCzj
まあ、こちらが「皇室外交の具体的な効用を示せ」と行った時点で
提灯記事をコピペしまくる輩が出現することは予想できたがな。
すくなくとも「プラスだ」と断言するのであれば天皇への某国への
訪問を機に日本と某国の外交関係がさらによくなり○○条約が結ばれた、
ぐらいの根拠は欲しいもんだね。

360 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:43 ID:HPdFd3UJ
>>356
>明治維新により解体された権力は何だったか分かってんの?
この場合問題になってるのは、国家権力の暴走を抑止する、伝統として、天皇は
有効か?という話かと。
明治維新の天皇は、国家権力を成立させる側に居るわけでだからね。

361 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:44 ID:3T2uM6+S
>>359
>訪問を機に日本と某国の外交関係がさらによくなり○○条約が結ばれた、
>ぐらいの根拠は欲しいもんだね
やっぱり基準があるんじゃねーか
脳味噌しっかりしろよ

ホラ吹き馬鹿

362 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:47 ID:3T2uM6+S
>訪問を機に日本と某国の外交関係がさらによくなり○○条約が結ばれた、
安保条約


後は自分で調べなさい
廃止君はソース出さないから俺も出さない

363 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:50 ID:lB3uPDHg
平成二年、今上陛下の御即位に際して、世界各国の駐日大使が祝辞を寄せたが、
その中で、スペインのアントニオ・オヤサバル大使のメッセージは、
儀礼的な挨拶もなく、いきなり次のようなエピソードで始まっている。
いかにもこれだけは言っておきたいという感じだ。以下はその全文である。

1985年、さる高名な伝統的パイプオルガンの製作・修復技術者の妻である
白川町(岐阜県加茂郡)の辻紀子さんが、現在の天皇・皇后両陛下、当時は
皇太子殿下ご夫妻に、スぺインのサラマンカの大聖堂のメインオルガンの修復を
お願い申し上げました。そのオルガンはこれ以上放置すればもはや
修理不可能なほど老朽化していました。両陛下は即座にこれに応えられて、
前スペイン大使林屋氏に在スぺイン日系企業の間で基金を募り、
また修復作業の許可をスぺインの当局から得るように依頼されました。

辻夫妻の二年にわたる懸命な修復作業の結果、パイプオルガンは全盛期の姿に
復元され、それを記念して、去る3月25日、岐阜県知事梶原拓氏やサラマンカの
すべての地域や教会の著名人列席のもと、林佑子氏と
モンストスクラット・トレンジさんらによる荘重なコンサートが開かれました。
それはこのスペインの美しい中世風の街を背景として、スぺイン―日本間の
友好を象徴する荘厳な行事でした。

人も国家も自分の身のまわりのことにしか関心を持たない昨今の風潮のなかで、
両陛下が遥か異国の芸術作品の救済に乗り出されたことは、まことに稀有な
行ないであると思われます。両陛下はこうした文化財を、国境を超えた
人類共通の遺産であると考えられていらっしゃるのでしょう。


364 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:51 ID:3NyItCzj
>>361
で、おまいには基準はないんだろ。(w
あえてこちらから基準を出さなかったら予想通りの動きをするんだから
笑っちゃうよね。


365 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:53 ID:3T2uM6+S
>>364
ハァ?


>>336ですよ何か?

俺の基準で出したお前が否定するのは目に見えてる
と事前に書いたが
貴様はいつになったら一般人並みの知能になるんだ

366 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:54 ID:3T2uM6+S
俺の基準で出したお前が否定するのは目に見えてる
          ↑
          ら

367 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 16:54 ID:h1Ot18zU
ん、切断されてしまった。こりゃいっぺん再起動せんといかんね
>>359
サウジ外交もやね。

>>360
そう、そうなんよ、本来、明治時代には天皇親政が一時的に有効であったとしても
その効用を知る者が此の世から消え、天皇が文字通り現人神として教条化したところに
最大の失敗があったと思うんだよね。

368 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:55 ID:3T2uM6+S
>>323で示したな


予想通りなのはこっちw

369 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:57 ID:3NyItCzj
>>365
で、ちょっと否定されたぐらいで崩れてしまうようなやわな基準なんだね。(w
少なくとも提灯記事の羅列は常識人の思考では確かな基準とは言わないよな。(w

370 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:58 ID:lB3uPDHg
今上陛下は皇太子時代、昭和39年に訪問されたタイで、山奥の
苗(ビョウ)族のタンパク質不足の問題をタイ国王からお聞きになり、
魚類学者としてのご研究から、飼育の容易なティラピアという魚50尾を
国王に贈られた。

この魚はタイ国内でさかんに養殖され、国民の栄養状態改善に貢献する
ばかりでなく、1973年にはバングラデシュへの食料支援として50万尾も
贈られたという。

陛下の仁慈は、タイの人々を助けたばかりでなく、さらにタイ国民が
バングラデシュ国民を助けるという善意を生み出したと言える。

ある日本人は、魚市場でタイ人から、
「この魚は、日本のチャオ・ファー・チャイ(皇太子)が持ってきてくれたんだ」
と聞かされたそうである。

この魚の漢字名は「仁魚」という。華僑系市民がこの話に感動して、
陛下のお名前(明仁)をとって命名した由である。


371 :朝まで名無しさん:03/11/03 16:59 ID:3T2uM6+S
>>369
お前が否定し続けるだけで
いつまでもウザイ

ゆえにお前の基準を聞いた

わかるか?無能
  お 前 の 頭 で も 理 解 で き る よ う にしたんだが

372 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:00 ID:3NyItCzj
>>368
悔し涙が止まらないようだね、可哀想に。

373 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:00 ID:3T2uM6+S
>>369
>提灯記事
脳味噌溶けてる馬鹿犬には何が見えるんだぁ?えぇ?

374 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:01 ID:3T2uM6+S
>>372
その握りこぶしは何ですか?(w


廃止馬鹿がドンドン墓穴掘って頭の悪さを晒している
もう救えないね

375 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:03 ID:wpN/Mkff
何を言っても、所詮は「ヒロヒトラー」

>>370
尚更、天皇やめて生物学者にでもなれば良かったのに…。


376 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:05 ID:3T2uM6+S
323 名前:朝まで名無しさん[~~~] 投稿日:03/11/03 16:00 ID:3T2uM6+S
>>318
>基準
俺が勝手に決めたらお前が否定するのが目に見えてるが
頭大丈夫か煽り厨房?

336 名前:朝まで名無しさん[~~~] 投稿日:03/11/03 16:13 ID:3T2uM6+S
>>332
訪問も含めたソースなら別の国になるが
ほらよ
http://www.kunaicho.go.jp/kisyakaiken/kisyakaiken-h14porando.html
で?

342 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:03/11/03 16:21 ID:3NyItCzj
>>336
これって訪問する前のインタビューじゃん。
必死に検索してもこの程度かね。(w

343 名前:朝まで名無しさん[~~~] 投稿日:03/11/03 16:22 ID:3T2uM6+S
>>342
訪問する意味をしっかり答えてるのにな
タイトルしか読めないガキは寝てなw

続く


377 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 17:06 ID:h1Ot18zU
ちょうちん記事は多かったが、ここ3つくらいの記事は確かに皇太子あたりのお蔭で
世界のいくつかの国が感謝してるわけだ。

昭和帝はともかく、今上陛下は立派な方なんだね。
・・・そうか、だから廃止派は昭和帝に攻撃のターゲットを定めてるのか。

378 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:06 ID:3T2uM6+S
続き
359 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:03/11/03 16:42 ID:3NyItCzj
まあ、こちらが「皇室外交の具体的な効用を示せ」と行った時点で
提灯記事をコピペしまくる輩が出現することは予想できたがな。
すくなくとも「プラスだ」と断言するのであれば天皇への某国への
訪問を機に日本と某国の外交関係がさらによくなり○○条約が結ばれた、
ぐらいの根拠は欲しいもんだね。

361 名前:朝まで名無しさん[sage] 投稿日:03/11/03 16:44 ID:3T2uM6+S
>>359
>訪問を機に日本と某国の外交関係がさらによくなり○○条約が結ばれた、
>ぐらいの根拠は欲しいもんだね
やっぱり基準があるんじゃねーか
脳味噌しっかりしろよ
ホラ吹き馬鹿

終わり
見事に予想通りだが


379 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:06 ID:3NyItCzj
>>373>>374
はい、反論に行き詰まった尊皇豚の汚い罵倒攻撃が始まりましたね。
これも予想通りです。(w

380 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 17:07 ID:h1Ot18zU
>>375
昭和帝の話じゃないぞ。

381 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:07 ID:3T2uM6+S
>>379
お前のソースも読めない
煽るしか能の無い愚行をニヤニヤしてるが何か

382 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:09 ID:3T2uM6+S
>>379
さぁ、豚 踊れ踊れ

383 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:15 ID:3NyItCzj
>>381
おまいの出したソースは読むに値しない。
松井はワールドシリーズでどれだけ活躍したのか、と尋ねたら
ワールドシリーズ前の松井の意気込みを取材した記事を示すすようなものだ。
そんなことも説明してやらないと解らないのうたりんなのか?(w

384 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:18 ID:3T2uM6+S
>>383よう豚

ワールドシリーズに出場する意味を語るのなら
出場前のインタビューで十分可能だな

本人に言われるのがそんなに嫌か

385 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:19 ID:3T2uM6+S
>>383
ヒソヒソ


日本語長文が読めませんって白状すりゃぁいいのに


ヒソヒソ


ゲラゲラ

386 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:19 ID:HPdFd3UJ
>>377
昭和帝は、廃止派からすれば、近代天皇制が破綻した実例になってるのだから、人格以前に、
天皇制の欠陥を指摘する上で、持ち出されるのは当然かと。
明治憲法下と現行憲法下では天皇の扱いが異なる という話になるかと思うが、
存続派、廃止派ともに肯定否定の立場が異なるにせよ「国体論」みたいな話になってる
ので、あまり意味が無い(笑


387 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:22 ID:3NyItCzj
>>383
だれも事前の意気込みを示せなどとはいってない。
おまいが結果としてプラスになったと断言したからその根拠を尋ねたんだが。
まあこれ以上聞いてもむりそうだな。
皇室外交ありがたやなどといっておきながら必死に検索してもこの程度
なんだから、やはり思いつきの発言だったんだな。

388 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:24 ID:3T2uM6+S
>>387
おい豚

廃止のソースはまだか
みっともないぞw

http://www.jrcl.net/web/frame0822e.html


389 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:27 ID:3T2uM6+S
やはり豚>>387は思いつきの発言だったんだな。

>だれも事前の意気込みを示せなどとはいってない。
お前が>>383で勝手に出した解釈、しかも間違ってるしw

>まあこれ以上聞いてもむりそうだな。
お前の思考が無理そうだ
何も言えてないしソースも出せないと来た
逝っちゃってる

なんか、お前の限界が見れて楽しいよw

390 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:27 ID:3NyItCzj
>>388
はい、昼飯抜きの飢えた尊皇豚の醜い罵倒だね。
以後おまいは相手にしない。

391 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 17:28 ID:h1Ot18zU
>386
そうか・・・そりゃそうやんな・・・いくら昭和帝罵倒スレだからって天皇制云々いうなら今上陛下の行動も
評価にいれないとねぇ・・・

>>383
その記事以外にもタイやスペインの事例は見ないのかい?
>>387
タイやスペインでは感謝されてるようだけど?

392 :朝まで名無しさん:03/11/03 17:30 ID:3T2uM6+S
>>390
おーい、豚
>飯
早く食えよw
馬鹿じゃね?

>相手にしない
「相手が出来ない」の間違いだな
お前と同調する奴は電波ばかりだから
一般人とはもともと無理なんだよ

ソース無しで悦に入ってる豚だしw

393 :朝まで名無しさん:03/11/03 18:25 ID:6aiuIYuX
昭和天皇が、侵略戦争を積極的に推進していたことは、ビックスの「昭和天皇」がピューリッツァー賞を受賞したことによって、世界中に広まってしまいましたね。


394 :朝まで名無しさん:03/11/03 18:58 ID:6aiuIYuX
>>391
 いくら今上天皇のふるまいが良くても、先代の愚帝のために回復しようが無い失点である。
もはや、新しい王朝か共和政にするか、どちらかしかないだろう。


395 :朝まで名無しさん:03/11/03 20:09 ID:aStFCvQU
日本は侵略戦争なんかしてませんよ。
先の大戦は防衛戦争です。


396 :まいっちんぐマチ先生:03/11/03 20:29 ID:OeFu3Q4p
>>394
ビックスに文化勲章を授与するってのはどーだろー?

397 :朝まで名無しさん:03/11/03 20:36 ID:3NyItCzj
>>395
どこからの防衛戦争ですかあ?

398 :朝まで名無しさん:03/11/03 20:39 ID:aStFCvQU
日本人の癖に、海外の反日マスコミは有難く受け止め、
日本の言い分には聞く耳を持たず、自国を貶める。
こういう輩を「売国奴」と呼ぶ。
海外でもこのような人間は軽蔑されるだけで、相手にされない。


399 :朝まで名無しさん:03/11/03 20:40 ID:aStFCvQU
>>397
明治以降の近代史を勉強していないようですね。


400 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 20:41 ID:h1Ot18zU
>>394
なになに?後南朝の子孫でも呼んでくるの?

>>397
ソ連に決まってるべ。ま、過剰防衛だろうけどな。

401 :まいっちんぐマチ先生:03/11/03 20:45 ID:OeFu3Q4p
日清戦争が諸悪の根源。

402 :朝まで名無しさん:03/11/03 20:47 ID:3NyItCzj
>>400
ふーん、南方戦線でソ連と戦ったんだ。(w

403 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 21:00 ID:h1Ot18zU
>>402
楽しいやっちゃなー・・・対ソ戦争は関東軍に任せて日中は停戦すべき、で東條内閣誕生だったのに
当の東條がイケイケドンドンを止められなかったからどうしようもなかった。

で、援蒋ルートを断つ為に東南アジア戦線が、オーストラリア方面は委任統治領を守る為の過剰防衛
だわ。

当時は南洋にも領土を持ってたからねえ。

まー最大の誤りは本来、最大の仮想敵国であるはずのソ連と組んでアメリカと事を構えようとした事やね。

404 :朝まで名無しさん:03/11/03 21:05 ID:aStFCvQU
>>402
アタマ悪すぎだよ、お前。


405 :朝まで名無しさん:03/11/03 21:55 ID:aLouzL9c
7,8時間も粘着してたヒッキーの3T2uM6+Sってもういないの?

自治スレのなんとかって奴と同一人物って断定された者なんですけど。

結局彼の妄想は直ったんですか?

あと皆さんスレ移動する度にID変えてんの?
この前何でもマジレスするスレで聞いたらそんなことしなくても大丈夫って言われたんだけど。

406 :朝まで名無しさん:03/11/03 22:01 ID:D+ppnDVS
>>403
ソ連軍が行動を起こした'45年8月9日、関東軍と満州政府関係者は
既に満州を放棄、撤退していたようですが。
(藤原てい「流れる星は生きている」より)

407 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 22:12 ID:Jahnb72O
>>405
基本的にIDは変えない(ボロパソなのでたまに再起動によるID変わるのは有る)。

ただ、名無しなら、細心の注意を払って繋ぎ変えたほうが良い場合も有る。

>>406
だからこそなんよ。ソ連と手を結んでるからって向こうと手を切る時が来ないなんて考えない方が
おかしいのにそう考えて、挙句の果てには義務放棄で逃亡でしょ?
こういう阿呆幹部こそ全員裁判にかけるべきなんよ。

韓国併合時点での明治政府の意図は昭和政府にまで伝わらんかったと。

408 :朝まで名無しさん:03/11/03 22:18 ID:HPdFd3UJ
>>405
自治スレの某氏じゃないかと問うたのは俺。

からかうのが目的みたいは発言は問題アリだと思うが、同様の発言を自治スレ
で行った某氏とは別人なら、此方の思い違いなんで、不快に思ったなら 謝罪するよ〜

ゴメンネ

409 :朝まで名無しさん:03/11/03 22:19 ID:aLouzL9c
>>407
>名無しなら、細心の注意を払って繋ぎ変えたほうが良い場合も有る

えっなんで?


410 :朝まで名無しさん:03/11/03 22:22 ID:aLouzL9c
>>408
そう言われれば何も問題ないっす。

俺本当に自治スレってのも知らなかったんだよ。
テンコロなんとかってタイトルなのに自治ってのも分からんし。
まぁこんな事もあるんですな。

411 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 22:28 ID:Jahnb72O
>>409
うーん、例えば、大荒れしてるスレで散々に議論した後に他の同じ板の中の他のスレに居ると、
粘着追跡されて困る事も有るし。

普通、そこまでの修羅場に出くわす事は少ないと思うけどね。
そういう場合の話。

412 :朝まで名無しさん:03/11/03 22:32 ID:aLouzL9c
なるほど。

サンクスです。

413 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 22:32 ID:Jahnb72O
■天皇スレは政治思想板に行け■
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1056090169/
天皇制 廃止・民営化の具体的な方法を考える
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1064932701/
【真実 】天皇廃止論はただの嫉妬 【真実】
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1064239027/
【天皇恨んでる】在日デブは即刻死ね【すっげバカ】
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1061363245/
大正天皇のことについて詳しく教えてください
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1059804153/
京都明治天皇と東京明治天皇(大室寅之祐)衝撃写真
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1053197728/
天皇の普段生活を語るスレ
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1058081844/

ニュース議論板自治スレ PART2
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1055954690/

414 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/03 22:33 ID:Jahnb72O
テンコロ逝っていいよ
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1062600292/

これもやね。

これだけあるから、他のスレに移動しようって言ってるけど、1は性懲りも無くスレを建てつづけるし。

415 :朝まで名無しさん:03/11/03 22:37 ID:Imzy2Gxd
これだけ、盛り上がっているのだから、もっと徹底的に昭和天皇について議論すればいいのでは?


416 :S−RAM:03/11/03 22:51 ID:UJwXjlT5
上げられたスレって多くは書庫入り寸前じゃないのかなあ。
天皇スレはパワーあるけど、全部をage続けるパワーまでは無いでしょ。

結局、淘汰されるのよ、2ちゃんでは、ね。

417 :142:03/11/04 02:59 ID:ywmsGCrV
ここの廃止派でまともそーな人のタネ本はビックスだろーけど(随分引用されてまんなw)
ありゃ一個の見方に過ぎんですよ「自国が戦争に勝つために原爆落とした国民の」、ね。

図書館で15分ほど拾い読みしたけど、ヒロシマ原爆投下についてたった半ページの
記述だったよ、ほんの事実描写。まあそのくらいじゃなきゃピューリッツァー賞とれんだろうが(w
これって、どう思う?レフトサイドは。

418 :142:03/11/04 03:14 ID:ywmsGCrV
戦前の日本の政治行動、いやさ明治国家という存在自体が、もー極めて邪悪なものでない限り、
自らのとった原爆投下と無差別空襲といった非人間的行為を正当化できない国民の一人という立場で、
それらがものされたであろうことは、冷静に考えてわかりまっか?


419 :朝まで名無しさん:03/11/04 03:18 ID:rFaJ6OK5
  ∧_∧
 (  ´ゝ`)
 (    )
 | | |
 (__)_)
         |\
   / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |  クラスに2chラーがいたので殴っときました ( ´ゝ`)プッ
   \__________________________

京香モナー【きょうかもなー】
某掲示板で生息している知能が低い生物。
必死になると「( ´ゝ`)プッ」を使うのが特徴。

http://jbbs.shitaraba.com/computer/8726/

420 :142:03/11/04 03:27 ID:ywmsGCrV
アメリカ人にとってヒロシマへの原爆投下ががやむを得なかったものであるためには、

当時のヒロヒト及び日本人の判断が間違いでなければならないんだって。

なんだかおかしいと思わない?ましてやられた子孫までそのお先棒担ぐとなればw

421 :142:03/11/04 03:31 ID:ywmsGCrV
イラクで↑のトートロジーが行われてるがな。

422 :142:03/11/04 04:01 ID:ywmsGCrV
>>421
もちろんフセインイラクと明治憲法下の日本とを同一視してる訳ではない。
(そこらへんは揚げ足とらんでくれ)

423 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/04 04:57 ID:M+bDiC5c
むぅ・・・休日の中、皆さんご苦労様でした。

424 :朝まで名無しさん:03/11/04 05:01 ID:ZHKxhivj
>>423
     ∧_∧
    ( ´∀`) <オマエモナー
    (    )
    | | |
    (__)_)

425 :朝まで名無しさん:03/11/04 06:38 ID:AWnSVFse
フセインもヒロヒトラーも一緒


426 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/04 06:39 ID:M+bDiC5c
>>424
うん。
>>425
だから、誰も居ないj間を見計らっての勝利宣言はさせないってば。

427 :朝まで名無しさん:03/11/04 06:52 ID:AWnSVFse
じゃあ、じょんいる=昭和天皇でいいか?


428 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/04 07:14 ID:Ouqxm+Vw
>>427
意味不明。
金正日は世界史上初めてにして唯一、「やろうと思えば国民を食わせる事はできるが、
その金を軍事に回す」って言った鬼畜。

昭和帝はむしろ、「国民を食わす」為に戦前戦中と苦労し、戦後も気にかけた。

差があり過ぎ。

429 :朝まで名無しさん:03/11/04 11:25 ID:p4xcDF7b
裕仁はマッカーサーのちんぽを舐めて命乞いをし、自分だけは助かった
鬼畜。ジョンいるに勝るとも劣らない。

430 :朝まで名無しさん:03/11/04 12:04 ID:gUueYL2k
国民側から結果だけみれば五十歩百歩の気がするよ。

ジョンイルの侵略はセコイもんだから国際的にもまだマシかな...
ジョンイル酷く笑わせてくれるし。

比べるなら昭和帝は毛沢東とかじゃないかな。


431 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/04 13:01 ID:eGAgEKkq
>>429
自分だけか?同時に米軍の爆撃などで農業工業基盤の4割が壊滅した為に不足した
食料医薬品を乞うて国民のために動いたはずだが。

>>430
金正日の侵略は全然せこくないな。奴がその気になれば、今この瞬間にも工作員を使って日本全土の
原発をを同時爆破して日本国土の3割を消滅させるだけの力は有る。

イラク戦前のアメリカ然り、日中戦争前の日本然り、日露戦争前のロシア然り、日清戦争前の清然り。
すべからく、相手を侮って身を滅ぼした。

432 :朝まで名無しさん:03/11/04 14:21 ID:qk+DFsFI
>>431
“工作員”がそんなに大勢いると思ってる?
自分で作り上げた“北の脅威”に脅えてる性質だな。

巷で喧伝されてる“自衛隊VS朝鮮人民軍=自衛隊の勝ち”とどちらが正しいんだろうね。

433 :朝まで名無しさん:03/11/04 16:07 ID:p4xcDF7b
>>431
裕仁愚帝って臣民を放置して東京からバックれようとしてたが何か。
戦時中も御料牧場のビーフステーキをたらふく喰って糖尿病だったが何か。

434 :朝まで名無しさん:03/11/04 16:28 ID:U4ovwlBT
>>433
お前はビフテキぐらいで僻んでいるのか
本当にしけたやつだなw

435 :朝まで名無しさん:03/11/04 16:38 ID:p4xcDF7b
>>434
国民の食料確保に動いたなんてのは全くの偽善つーことだ。


436 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/04 16:39 ID:eGAgEKkq
>>432
非正規戦になれば北の優勢。
ん?そんなに軍勢要らんよ?
原発関連会社の「スケープゴート」=非合法に何の防護服もつけずに掃除する奴等
の中に、それぞれ数名帰化在日に見せかけた工作員を混ぜるだけで良い。
100人も要らない。

率直に言って、ノドンの標的になってる町に住んでるんで、こういう問題は悲観しすぎても問題無し。
むしろ杞憂に終わって馬鹿にされるほうが世の中平和で良いくらい。
つーか、政治家とかも、こう有って欲しいね。

>>433
ねぇ、それって結局、「公費で皇室をまかなってるのは気に食わないから俺も養え」って
言いたいだけ?

それと、廃止派が常々言ってる【責任とって退位すれば良かった】と【東京からバックレようとした】
矛盾してない?
君、それだと退位しようが退位すまいが昭和帝は許さないって事でしょ?

ところで、その御料牧場からのビフテキで戦時中に既に糖尿病になってたって、どこの情報源から
仕入れてきたか聞かせてくれると嬉しいんだけど。

437 :朝まで名無しさん:03/11/04 16:47 ID:p4xcDF7b
>>436
戦時中の一番大変なときに東京バックれて自分だけ助かろうとした
奴だからこそ敗戦後は退位か縛り首がふさわしいと言ってるのだが何か。


438 :朝まで名無しさん:03/11/04 17:36 ID:qk+DFsFI
>>437
本土で地上戦になったら、松代大本営に御前会議の議員達と隠れて、そこから
指令を出そうとしてた話は史実ですな。

439 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/04 18:05 ID:eGAgEKkq
>>437
ん、そっちか。それなら皇太子を疎開させたことを攻めた方が理不尽度と説得力が増すのに。

>>438
多分、だけど、もしもソ連が参戦してなければ北海道経由で満州に逃げてたかもね。
・・・・だからソ連の参戦で観念したのか。

440 :朝まで名無しさん:03/11/04 20:28 ID:z9s1wDuM
>>437
 そういえば、木戸孝一あたりが、昭和天皇を退位させて、仁和寺へ隠居させる計画を進言したそうだが、どうしてポシャッタのかな?


441 :朝まで名無しさん:03/11/04 21:04 ID:OHd5O6PO
「これを失えば日本人は日本人で無くなり、国民は国民で無くなる。
 これが無くなれば、国は解体してばらばらになり、
 国民は全体としての個性を失って精神的に荒廃し、人類文化に寄与すべき
 根元の力を持たなくなる。このようなものが「天皇」の本質である。」

・・・・(中略)・・・・田中忠雄教授「生命の論理と天皇」の冒頭の一節だ。

・・・・(中略)・・・・田中教授は慎重に次のように続ける。

「このことは、特に若い学徒にとっては、むかしも今も、なかなか納得しにくい。
 なぜというに若いということは、豊かな可能性を内に含みながらも、
 現在は未熟だからである。思想の未熟なものにとって、
 「天皇なるもの」ほど分かりにくいものは無い。
 むろん、このことは精神年齢の若い、いつまでも未成熟な年寄りにも
 あてはまる。」


「天皇の起源」林房雄 夏目書房


442 :朝まで名無しさん:03/11/04 22:32 ID:Rjl5kdFJ
>>441
 これはネタか?
この田中某とかいうDQNは、「将軍様がいなければ、我々は存在できない」とか言ってる連中と脳内構造が同じ。


443 :朝まで名無しさん:03/11/04 22:45 ID:1b/PRFXZ
>>442というか「金正日入門」にでてた主体思想って
 「将軍様がいなければ我々は存在できない」そのものだったよ

 ということで、天皇屁以下マンセーマンセー!

444 :朝まで名無しさん:03/11/04 22:54 ID:coAXCXBG
>>441
 お笑いだね。本気でこんなことを書いてる学者がいるの?
こんな洗脳学者でも、大学教授になれるんだね。
一体、どこの大学の教授なの?
絶対、そこには行きたくねぇ。洗脳されるから(w


445 :朝まで名無しさん:03/11/04 23:10 ID:7AlG4gIL
林房雄本人が『大東亜戦争肯定論』を書いてるしな

446 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/04 23:14 ID:S+CdyFAe
ま、歳取れば有る程度は分かるさ。

俺は飽くまでも国津神信仰派なんでマンセーはせんけどね。

447 :朝まで名無しさん:03/11/04 23:27 ID:ThmvXQUf
>「これを失えば日本人は日本人で無くなり、国民は国民で無くなる。
> これが無くなれば、国は解体してばらばらになり、
> 国民は全体としての個性を失って精神的に荒廃し、人類文化に寄与すべき
> 根元の力を持たなくなる。このようなものが「天皇」の本質である。」

 そういう思考様式"そのもの"が「天皇」の本質だと思った。


448 :S−RAM:03/11/04 23:47 ID:/ujzCzwT
>>428
ダウトでしょ。

人間たるもの、自分が一番可愛いの!

あんた、2ちゃんねらーでしょ、何、砂糖なめんてんだ。

甘めー甘めーよ、胸糞悪くなるくれー甘い。

ちくよ、スレどころか板どころか、ヤフーとでも勘違いしてんか?

449 :朝まで名無しさん:03/11/04 23:49 ID:kTYLeyD3
>>439
>ん、そっちか。それなら皇太子を疎開させたことを攻めた方が理不尽度と説得力が増すのに。

当時の皇太子の年齢を考えてみれば、なんの説得力もないが・・・



450 :???:03/11/04 23:50 ID:J+MH4Jng
自分に甘い廃止論者に未来はないであろう。

451 :S−RAM:03/11/04 23:51 ID:/ujzCzwT
>>446
ちくよ、おまいは年を語るな。

ヤフー並みの甘ちゃんのおまいが年を語るには早すぎる...

452 :S−RAM:03/11/04 23:52 ID:/ujzCzwT
>>450
自分に天皇に、ヤフー並み甘い存続派のちくはどうすんだ?

453 :???:03/11/04 23:58 ID:J+MH4Jng
自分の嫉妬心は徹底的に肯定する。これこそ廃止派の正体ではないか。
過去に共産主義者がそうであった。



454 :朝まで名無しさん:03/11/04 23:59 ID:6nkohDye
S-RAMちゃんは本物か?

人格攻撃になってると思うぞ、反論なら主張が成立しない事実を指摘して
立証せんと・・・



455 :S−RAM:03/11/05 00:02 ID:Fc61nSDb
>>454
そっか、人格攻撃か.....

でもね、甘いってことはそんなに悪いことじゃないよ。

下請けや、立場の弱い人には甘、甘になりましょう。

そんなつもりになることで、やっと普通の態度になるものでつ、からね。

456 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/05 00:09 ID:+jsfMA19
>>451-452
年齢ってのは実年齢と色んな事情で取る年齢に差が出るからねぇ・・・・

>>455
普段は、ひ孫受け日雇い派遣労働者なんで、お手柔らかに。

457 :朝まで名無しさん:03/11/05 00:18 ID:YkOLnBUz
>>147
>天皇制廃止より天皇元首化の方が実現される可能性が高いんじゃないの?

そうですね、国際的&保守陣営では常識である
下の3つの認識のうち、国旗国家は片付いたので
次は自衛隊ってことですね。小泉首相も明言してるし。
最後に天皇でしょう。
下の3つが片付けば、はれて普通の国ということで。


天皇=元首
自衛隊=軍隊
日の丸君が代=国旗国家


458 :S−RAM:03/11/05 00:36 ID:ebSj6kYE
>>456
>普段は、ひ孫受け日雇い派遣労働者なんで、お手柔らかに。
なにいってんだか、あなたの高学歴はもう読んだよ。

等代や兄弟じゃないってことまでは確認したけどね。

ま、ホワイトカラーでしょ、エンドユーザーのワガママ要求に
「ソリはバグでは無くて仕様でつ、ホレこの仕様書ミレ!」とか言って客イジメてんじゃねーの?

459 :戯けたレコード:03/11/05 01:02 ID:TlZPm3hi
>>455>立場の弱い人には甘、甘になりましょう。
なるほど、俺(釈)やちくたんは立場が強い人なんだー。へ〜。

>>458 相変わらず相手のレスの真意が読めないのかー。
お手柔らかに=まあまあ、気を荒げないでー。
お手柔らかに=めんどくさいからあんまり相手にしないでねー。
というニュアンスがあるだろー。だから俺の真意も読み取れない。

>>457 元首は反対だべ。憲法は自国の為にあるもので、対外的な帳尻合わせと
いう意味合いで元首にするのは異議をとなえるべ。

460 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/05 01:10 ID:XJK4NtKF
>>458
日産の工場に納品される直前の部品の検査やら引越しでの荷揚げやら、店の改装工事やらの
ガチな肉体労働者ですが、何か?

最近は無理が祟って病気療養中だけどね。

461 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/05 01:11 ID:XJK4NtKF
む、日産には限らんな。
他の玩具メーカーとかの場合の方が多いか。

462 :朝まで名無しさん:03/11/05 01:14 ID:/NOCcFkx
>>441
>絶対、そこには行きたくねぇ。洗脳されるから(w

お前自身が、東京裁判史観・日教組反日教育にどっぷり洗脳されてるんだよ。
早く気付け、ヴぉケ


463 :朝まで名無しさん:03/11/05 01:18 ID:hMX7mMS2
>>459
>元首は反対だべ。憲法は自国の為にあるもので、対外的な帳尻合わせと
>いう意味合いで元首にするのは異議をとなえるべ。

しかし「象徴」より「元首だと」した方が分かり易いですよ?(w
更に「君主だ」とした方が分かり易すく、これに統治権があるとする方が
更に更に分かり易い。

464 :朝まで名無しさん:03/11/05 01:28 ID:cR//ZdFI
何を分かりやすくするんだかw

465 :朝まで名無しさん:03/11/05 01:33 ID:hMX7mMS2
>>464
俺の様な馬鹿な人間が、国家を構成する国民の殆どである。
頭の良い人達は、歴史とか文化とか伝統を持ち出し、天皇を、いろいろ定義するわけだが
その思い入れは一体「馬鹿な人間が大多数を占める」という前提である
現実の国家に現実の天皇にとって、どれだけ意味を持つのだろうか・・・

てな事を近頃考えてます。


466 :朝まで名無しさん:03/11/05 01:54 ID:cR//ZdFI
自分で自らを馬鹿と於く奴は信用できんね。

国民が馬鹿という事は問題だと思うが、
今現在でも思想やら政治的論争にもなる「天皇」という存在を
君主等の分かりやい存在にすることは危険だよ。
政治的に利用されるだけ。

象徴ぐらいが丁度いい。

467 :天皇栄えて、民滅ぶ。:03/11/05 06:31 ID:ChLVqRzK
>>466
いなくなれば、すべて解決。
国民すべて平等といいながら、特権階級の例外を容認する不自然な
憲法も筋が通るし、天皇ストーカーの馬鹿ウヨもいなくなる。
けっこう毛だらけ、猫灰だらけ!

468 :朝まで名無しさん:03/11/05 14:30 ID:cSXCjb9p
>>463
統治権を保持する君主は、もはや前世紀の遺物ですけどね。
だからアラブの王侯貴族は、民主主義諸国から批判されてるんだが。

469 :???:03/11/05 15:37 ID:lGH4UIiZ
論客のいない時間を見計らって意味不明な廃止論をぶちあげる無知がいるんだけど、
国家運営がでたらめで、庶民が嫉妬にまみれた第3世界の共和国って多いんだけど
・・・。(w
そういう事実を一切無視して、遅れてきた共産主義者のごとく、廃止すればすべて
うまく行く、(無能力なのは自分のせいなのに)今の生活が苦しいのは現体制のせ
いだと思いたい、救いようの無いのがちらほらいるのが観察できるスレです。
と言ってみるテスト。(w


470 :朝まで名無しさん:03/11/05 15:38 ID:Vu4JoLnt
論客?
そんな香具師見たこと無いが?

471 :???:03/11/05 15:53 ID:lGH4UIiZ
テストの効果が出てきたようだ。(w


472 : :03/11/05 16:17 ID:n3jJoq5m
>>468
天皇の統治権復活っていっても、憲法上の名目だけでしょ。
立憲君主制下における、複数政党による議会制民主主義は
変わらずということで。

憲法の天皇元首化って
戦前は絶対君主、戦後派ただの象徴とかいう
サヨク用ですけどね。

この前の国旗国歌法とおんなじ。



473 :朝まで名無しさん:03/11/05 16:17 ID:q4dMLtCE
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20031105ic04.htm
ごるごるもあタン、タイーホ!!

474 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/05 17:25 ID:zBxl1I3A
>>473
【ネット】「米軍基地を爆破する」 2ちゃんねらー、爆破予告で逮捕…沖縄
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1068003744/

618 名前:ひろゆき ◆3SHRUNYAXA 投稿日:03/11/05 16:27 ID:nLbYTMb0
いい機会なので、頭のおかした人の類型をまとめてみました。
頭のおかしな人はなるべき刺激しないで放置するようにしてください。
http://www.2ch.net/before.html

頭のおかしな人の判定基準

・「みんなの意見」「他の人もそう思ってる」など、自分の意見なのに他人もそう思ってると力説する人
 他人が自分とは違うという事実が受け入れられない人です。自分の意見が通らないとコピペや荒らしなど
 無茶をし始めるので見かけたら放置してください。

・根拠もなく、他人を卑下したり、差別したりする人、自分で自分を褒める人
 他人を卑下することで自分を慰めようとする人です。実生活で他人に褒めてもらう機会がないが
 プライドだけは高いとか、匿名の掲示板しか話し相手のいない人です。可哀想なので放置してください。

・自分の感情だけ書く人
「〜〜がムカツク」とか自分の感情を掲示板に書くことに意味があると思っている人です。
何がどのようにムカツクのか論理的に書いてあれば、他人が読んでも意味のある文章になりますが、
そういった論理的思考の出来ない人です。もうちょっと賢くなるまでは放置してあげてください。

475 :朝まで名無しさん:03/11/05 17:30 ID:Vu4JoLnt
>>473
沖縄県警は5日、インターネットの掲示板に米軍基地の爆破を予告する書き込みをしたとして、大阪市此花区酉島1、無職知念靖雄容疑者(26)を脅迫容疑で逮捕した。

(2003/11/5/12:20 読売新聞 無断転載禁止)

まさか、知念たんじゃないよね?



476 :朝まで名無しさん:03/11/05 17:34 ID:ADuo2vVa
>>474
このスレにも多くいるようですね

477 :朝まで名無しさん:03/11/05 18:05 ID:nr4OmRHy
昨日NHKのテレビで60年前のフィルムを
放送していた。米軍艦隊から集中砲火浴びて
それでも果敢に戦闘機もろ共体当たりで、相手に損害を当てる
為だけに米軍戦艦に突っ込んでいく、あんな作戦で
本当に戦争に勝てると思っていたのかと思うと、
情けない。何10万何100万の人間の命が天皇陛下万
歳と言って死んで行った。それに比べればどっかの国
では、将軍様と言われている、指導者がいるが可愛いも
のよ。俺はそう思う、昨日までは とんでもない指導者が
いたものだと呆れていたが考え方が変わった。
喜び組とか言って幹部達を喜ばせるために、殆ど水着姿で
踊らされる。国民は餓死していると言うのに、とんでもな
いと思っていたが。まだ戦争を起こさないだけましだ。
このごろ東京湾攻撃を命令するような雰囲気はないし、
真珠湾攻撃を命令した指導者とは多少でも違う、そんな
気がする。拉致をしたり、核兵器を輸出しようとしたり。
麻薬を国家事業のように取り組んだり、殆ど国自体が
犯罪者のようだが、東南アジアへ軍隊を出して、併合
とか言わないだけでもましだ。


478 :朝まで名無しさん:03/11/05 19:09 ID:n3jJoq5m
>>477
北朝鮮で餓死者と粛清した数と第2時世界大戦の
日本の犠牲者人口比で比べれば、北朝鮮の方が
上ですね。(しかも北朝鮮は平時の犠牲者)

さらに、北朝鮮の侵攻で始まった朝鮮戦争も加えれば、
北朝鮮の2代の指導者による犠牲者数(総人口に対する%)は
とんでもないことになってますね。

あとなぜかテロ支援国家であることを意図的に省いてますね?




479 :朝まで名無しさん:03/11/05 19:13 ID:n3jJoq5m
>>477
北朝鮮は大韓航空機爆破や、ラングーン爆破とか
の実績のあるテロ国家ですね。

ちなみに、戦前の天皇は北朝鮮の独裁者と違って
政治指導者ではありません。


480 :朝まで名無しさん:03/11/05 20:13 ID:O8C8Xf2i
>>179
しかし、軍隊の指導者でした。
軍隊には、天皇以外、誰も命令できなかった。(“統帥権干犯”は軍部の政府に対する殺し文句だった)

481 :???:03/11/05 20:22 ID:lGH4UIiZ
こんなスレのどこがニュース議論だろうか。生活苦の廃止派の苦し紛れの願望や怨嗟の溜場だろうか。(w

482 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/05 21:05 ID:nAj0YddZ
少なくとも、今日は3つ以上の大祭が発生してるのだが・・・・

483 :朝まで名無しさん:03/11/05 21:58 ID:i4rbB8eN
>>481
 社会板のどこの板にも、多かれ少なかれ天皇スレはある。
それだけ、国民から憎まれていたり、ネタにされているということだよ。
もはや、君主としての威厳も尊厳も無いな(w


484 :戯けたレコード:03/11/05 22:00 ID:TlZPm3hi
>>464 法治国家として、より効率的な行政、立法、司法を目指すなら分り易くした方がいい罠。

>>463 おれは上記を否定する立場だべ。民主主義など建前にしてしまえばもっと
分り易い。実際の運用もそうであるし、最大野党の党首は民主主義を否定する発言も
しばしばだべ。

>しかし「象徴」より「元首だと」した方が分かり易いですよ?(w
ん〜にゃ、有耶無耶がいいべ。かつて大宝・養老律令が1000年日本に君臨し死文化したのだから、
この運用に従い今の憲法をもっと骨抜きにすべきだと俺はおもうべ。

485 :戯けたレコード:03/11/05 22:10 ID:TlZPm3hi
>>473 コテハンにトリップを持ち、コピベをし捲る兵だったが(w

>>470>>475 亀さん、みーつけたッ! 1128とは思想も近いのだから、仲良くしてくれい。
いや、もうしているかー(w

>>480 活用否、悪用したのは軍部であり統帥権とは建前なんだけど。僕は、帝国憲法の
「第11条 天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」はまさしくシビリアンコントロールに失敗したのだが、
実はシビリアンコントロールの為の条項だったと見るね。

486 :???:03/11/05 22:10 ID:lGH4UIiZ
ニュース議論だと言っているのだが、話を逸らされても・・・。(唖然)
もはや日本語もままならないか・・・。(w

487 :朝まで名無しさん:03/11/05 22:15 ID:Vu4JoLnt
>>485
釈たん、全然近くないんですけど。
でもタイ〜ホされたのって、
ホントに1128たん=知念たんではないのかな?
少し心配だ。

488 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/05 22:20 ID:TlZPm3hi
>>487 逮捕後、レスし合っている罠(w 「獄中から愛を込めて」かー(w
何か忘れたべが、かつて非常に論旨が似通っていた罠

489 :戯けたレコード:03/11/05 22:25 ID:TlZPm3hi
嗚呼ミスった、コテ替えしてしまった罠。キャラ変えてたのに、欝だべー

490 :朝まで名無しさん:03/11/05 22:26 ID:Vu4JoLnt
>>488
>逮捕後、レスし合っている罠
そう。其れは良かった。
>かつて非常に論旨が似通っていた罠
かなりショックで立ち直れないかも、なんてネ。

491 : :03/11/05 22:26 ID:YkOLnBUz
>>480
>しかし、軍隊の指導者でした。
>軍隊には、天皇以外、誰も命令できなかった。(“統帥権干犯”は軍部の政府に対する殺し文句だった)

天皇が軍隊の指導者??
統帥権を持つ大元帥かもしれないが、
指導者ではあるまい。

立憲君主国の国王は普通、大元帥で統帥権者ですね。


492 :朝まで名無しさん:03/11/05 22:26 ID:Vu4JoLnt
>>489
あんまり変わってないんですけど。

493 :朝まで名無しさん:03/11/05 22:30 ID:hMX7mMS2
>>484
>ん〜にゃ、有耶無耶がいいべ
有耶無耶といっても、そこには暗黙の秩序が存在するわけでしょ?
>>458
横レスですが
>実はシビリアンコントロールの為の条項だったと見るね。
外交・軍事においては、議会の介入を許さない為(内閣は議会の弾劾を受ける)
の条項と解釈すべきでは?

494 :S−RAM:03/11/05 22:33 ID:FehN1YXH
知念タソかあ、ちょっとショックかなあ。

あの人、天皇スレに出現した時、廃止派のフリしてたからなあ。
違うなら釈明の書き込みして欲しい。
他人じゃなく本人がさあ〜

ハーア、鬱でつ。

495 :朝まで名無しさん:03/11/05 22:37 ID:hMX7mMS2
>>494
RAMちゃんは 勘が良くないな・・・

496 :S−RAM:03/11/05 22:45 ID:FehN1YXH
>>495
そっか、そうであることを祈るよ。

もし、知念タソ見てたらカキコしてよ〜。

497 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/05 22:48 ID:TlZPm3hi
>>492 そんな〜・・・(泣

>>490>かなりショックで立ち直れないかも、なんてネ。
僕は似たもの同士こそ行き違う者の例と見たべ。思い出したのだが、論旨でなく
目的が一緒だったべ。三乗方便一乗真実って事ですはい(w

>>493 そうそう「空気」があるね。
>議会の介入を許さない為の条項と解釈すべきでは?
一般的にはね。ただ文民統治って言ったって、軍が法に従う意志を持たねば何とも
ならんとおもうべ。その為には有無を言わさず国家に忠誠をさせねばならないべ。
それは、彼らを「教化」させる事が必要だとおもうべ。つまり実質的な権限はともかくも
内閣にも属さない事で内閣府と「対等な立場」を与える事により従わせる意味が
あったんじゃないかな。これはワイマール憲法についても同じだとおもうべ。



498 :朝まで名無しさん:03/11/05 22:57 ID:qdKyuZPf
テロリストごるごるもあを崇めるスレは、ここですか?

499 :S−RAM:03/11/05 23:02 ID:FehN1YXH
ごるごるもあタソ=知念タソ
を否定できる、スレと番号知っている人居たら教えて下さいです。

誰かお願いします。

ごるごるもあタソだったら良いってわけじゃないけど、オリにとって知念タソは印象が
強すぎる〜のでつ。

500 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/06 01:26 ID:cNMIeDLZ
つーか、九州・沖縄ローカルでも、この前Nステの中継に出てきた草柳ゴドーさんの解説で
ごるごるもあって出てきてたし・・・・

501 :朝まで名無しさん:03/11/06 07:09 ID:ebBil2Co
>>491
今からでも東京裁判をもう一度やり直して昭和天皇に死刑の判決
を出してほしい。まだ日本は事実上 Occupied Japan なわけだし、
ナチ犯罪者には時効は無いそうだから、それほど突拍子も無い意
見ではないでしょう。



502 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/06 12:11 ID:ryhdAuDf
>>501
その意見は既出だが、今やり直すと

1.事後法による裁判の是非
2.敗戦国に絞った裁判の是非
3.戦勝国の不当利得の追及

に言及しないと逝けなくなるから、実現不可能やね。

503 :朝まで名無しさん:03/11/06 13:26 ID:+qMsTX6d
2は当たり前に行われてるよな。

1は問題だね。
2ちゃんでは昭和天皇以外の者に対しては罪刑法定主義の観点からの発言がないのも笑える。

いいとこ取りの甘ちゃんとしか思えんw


504 :???:03/11/06 14:20 ID:cvjoyXVx
スケープゴートを仕立て上げれば、自分の苦しい生活の慰めになると
信じる廃止派って・・・。おぞましいの一言だね。(w


505 :朝まで名無しさん:03/11/06 14:34 ID:1iftmNS4
>>1
阿呆だなあ。
天皇は戦後、政府が作ったスピーチ以外は公式の場では述べられなくなったんだよ。
だからアドリブ的な質問しても無駄だし、天皇のスピーチはそもそも天皇の思ってることじゃない。
まさに象徴であり傀儡でしかないんだよ。


506 :朝まで名無しさん:03/11/06 14:35 ID:taPXUnRI
このスレ応援します

507 :朝まで名無しさん:03/11/06 15:09 ID:mZAwZeyE
ごるタンなら選挙板で小泉首相のAAコピペしてたな。
今はどうなってるかわからないけど。やはりコテハンで
爆破とか書けば目立つよね。しかも沖縄がらみだろ。
警視庁ハイテク課かなんかが目をつけていたのではないか?

508 :朝まで名無しさん:03/11/06 15:15 ID:mZAwZeyE
>>505
美智子妃殿下は、拉致問題に関してかなり踏み込んだ発言をしたが。
正直おどろいた。非常にゆっくりと変わりつつあるのでは?

509 :朝まで名無しさん:03/11/06 15:22 ID:+qMsTX6d
>>504
廃止だの存続だのの話は別スレでやれw



510 :朝まで名無しさん:03/11/06 15:36 ID:1iftmNS4
>>508
まあ変わりつつあるとういのはそうかもしれんが、
天皇と皇后は立場としてかなり違うと思うぞ。


511 :校長が強盗:03/11/06 15:46 ID:nuNLASHL
この事件は報道されていません。
 それをよいことに教育委員会も校長を処分しません。
被害者先生のサイト
 http://mtsuji.com
 学校への抗議メール
 http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/8362/index.html
事件担当の文部科学省官僚へのサイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/tanaka/index.html
 事件究明を求める署名サイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/
校長のいた学校のサイト
 http://www.mie-c.ed.jp/sbmie/
 皆様の力でこの事件を広めてください。

512 :朝まで名無しさん:03/11/06 15:49 ID:UOs5f6yF
若者よ、目を覚ませ、耳を澄ませ。
大人のウソにだまされてはならない
言葉はウソだらけ、現実だけが真実だ
君たちの給与はかすめ取られようとしている

今こそ抵抗する時なのだ
奴隷と言う言葉は使いたくない
囚人とも言いたくはない
では君たちは何者なのだ?

こんな国にしたのは誰だ
税収15年分の借金をつくったのは誰だ
20年も前から予測できた年金の危機を放置してきたのは誰だ
国中をコンクリートで固めたのは誰だ
年金や保険でつくった施設を投げ売りしているのは誰だ
それは自民党だ、それは役人だ
彼らに責任を取らせるのだ

中身の無い改革など改革の名に値しない
拉致被害者家族が帰って来る方法を示せない幹事長
言葉だけが踊り飛び交っているだけだ
自民党を追放しなければ何も変わらない
政治は人気投票ではない

さあ、選挙に行って自分の意思を明らかにするのだ
自分たちの権利を主張せよ!


513 :朝まで名無しさん:03/11/06 17:45 ID:iyVzkCZ2
↑はともかく(共産党?)
テンノー一家くらい養っていいじゃないか?
昔の日本の支配者のなれのはて だろ?
見てみな。

生活力 なし。
生殖能力 なし。

日本国民が手を差し出さなければ絶滅する種族だよ。


514 :朝まで名無しさん:03/11/06 17:55 ID:XCyeMWfZ
>>1
いいこというなあ。

515 :朝まで名無しさん:03/11/06 20:16 ID:26knrGbU
↑昭和天皇がとんども戦争大犯罪人であることが、かなり浸透してきていますね(w






516 :514:03/11/06 20:25 ID:XCyeMWfZ
そりゃ戦時中、先帝陛下は大日本帝国の元首であったのですから、
日本が国をあげて行った一大プロジェクトの壊滅的な失敗に対して
責任がないなどという言論は、冒涜以外の何者でもないでしょう。
少なくとも日本自身に対する責任についてはね。

つまり、先帝陛下に戦争責任がないなどとのたまうやからは、先帝陛下
を冒涜するアカなのです。
まっかっかです。

517 :朝まで名無しさん:03/11/06 20:58 ID:CZO2UGIZ
とうとうウヨにまで見捨てられた昭和天皇(w





518 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/06 21:09 ID:pVNJQdg3
>>507
米軍基地に直接爆破予告電話してそれがきっかけになって、ひろゆきに連絡が行って
プロバイダーに協力させて住所割り出して逮捕、だそうです。

>>509
前スレで廃止・存続議論になって、そっちの方向で次スレを、って言ってたら1が、このスレ立てた。
ローカルルールに寄れば「前スレでの合意があればスレの趣旨変更は構わない」とある。


まぁなんというか、先帝は権能の多くを剥奪され「戦後役43年の自由刑」に処せられたわけで。
この方面で訴えれば、恐らく罪状が減刑されるかもな。

519 :朝まで名無しさん:03/11/06 21:44 ID:mEjKZG7P

良識ある日本人 日本を愛する日本人 平和を愛する日本人

 その象徴たる天皇を 日本人は愛しています。

 赤いおしりの お猿さんたちが キーキーとわめいても それは
 100%無駄な行為です



520 :朝まで名無しさん:03/11/06 21:53 ID:UpD2eK2L
良識の民 平和希求者 (本来の意味の)愛国者
それら全て、日本国憲法・教育基本法に拠って育てられた戦後世代ですが。

戦前・戦中の日本人は、“天皇の為に死ぬ”事を叩き込まれた狂信者です。
そう育てるよう仕向けたのが明治・大正、そして敗戦までの昭和天皇。
三種の神器さえ残っていれば、国民全員死に絶えようとどうでもよかったのは有名だろ。

521 :朝まで名無しさん:03/11/06 22:12 ID:+qMsTX6d
生活力 なし。
生殖能力 なし。

いやこの前の有栖川事件で分かった、
〔本物の〕天皇ブランドを使えばけっこうな暮らしができるし、
そこそこ女にもモテる。
男には...

522 :まいっちんぐマチ先生:03/11/06 23:39 ID:GgH7kHK3
サーヤのためなら死ねる

523 :朝まで名無しさん:03/11/06 23:46 ID:Brj+ckqK
昭和20年8月9日ポツダム宣言受諾の「聖断」を昭和天皇は
「‥‥当時私の決心は第一に、このままでは日本民族は亡びて終ふ、私は赤子を保護する事が出来ない。
第二には国体護持の事で木戸も同意見であったが、敵が伊勢湾付近に上陸すれぱ、伊勢熱田両神宮は直ちに敵の制圧下に入り、神器の移動の餘裕はなく、その確保の見込みが立たない、これでは国体護持は難しい、
故にこの際、私の一身は犠牲にしても講和をせねばならぬと思った。」
と回想している。

これだけ読むと昭和天皇が「第一」に考えていたのは「国民(臣民)」であったとも読める。

しかし、
昭和20年7月25日
「もし本土決戦となれば、敵は空挺部隊を東京に降下させ、大本営そのものが捕虜となることも考えられる。
そうなれぱ、皇祖皇宗よりお預かりしている三種の神器も奪われることも予想される。
それでは皇室も国体も護持しえないことになる。
もはや難を忍んで和を講ずるよりほかはないのではないか」
同年7月31日
「伊勢と熱田の神器は詰局自分の身近に御移して御守りするのが一番よいと思う。
‥‥万一の場合には自分が御守リして運命をともにするほかはない」
とも言っており、ここでの昭和天皇には国民を心配する言葉は見られない。

出典は「独白録」だが、昭和天皇を議論しているみなさんだから、批判的な方も擁護されてる方も当然読んでおられると思うが書いてみた。

524 :???:03/11/06 23:55 ID:cvjoyXVx
おぼれる者は、わらをもすがると言うように、先の陛下の中傷によって
生活苦を癒そうという不心得者がいるようですが、そういう人の生活苦は、
だんだん表現が過激になることからわかるように、ますます高まっていく
ようです。(w


525 :朝まで名無しさん:03/11/07 00:01 ID:HBhmMzkq
確かに生活保護者やら乞食は天皇に嫉妬するよな。

天皇は日本で最大級の受給者だもんな。
同じベクトルで生きてる者として羨ましいとも思うだろう。

でも乞食にはパソコン扱えないだろ。
生活保護者はどうなんだろ?

526 :???:03/11/07 00:08 ID:ivnvZoYJ
誰とは言わないが、無職で捕まったのがいただろう。あれを思い出す。


527 :朝まで名無しさん:03/11/07 00:25 ID:ldKuZJmQ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
  天皇は、米軍が沖縄の軍事占領を続けることを希望している。
 
  それは、日本がソ連の影響を被ることを防ぎ、日米両国に有益で、

  この占領は、日本の主権を残存させた状態で

  25〜50年の長期貸与の形がよいと、天皇は言っている。

  そうすれば、アメリカが日本に領土的野心をもっていないことを国民も納得するし、

  周辺の中国ソ連などの要求を断る理由にもなると天皇は考えている。

 昭和22年
 昭和天皇がGHQに伝えた見解
 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓※〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




528 :朝まで名無しさん:03/11/07 00:28 ID:LiPjRIJr
皇室外交は日本のために役立っているよ。
伝統ある皇室が存在しない国の人間が、嫉妬してるだけ。

529 :朝まで名無しさん:03/11/07 00:29 ID:pk8i09n1
私は昭和天皇を売国奴とも神様だとも思っていないです。
ただ、できるだけ事実が知りたいだけです。
もし昭和天皇が日記を残していたらと思う事があります。
回想録でもいい。
昭和天皇には生物の研究だけではなく「文学方面」の研究もしてもらいたかった。

昭和天皇関連の本は結構読みました。
特に発言を記録した物とか。

今読みたいのは中尾裕次氏が編んだ「昭和天皇発言記録集成」です。
でもこの本1万7000円もするんですよね。。。

どなたか読んだ方はいらっしゃいますか?
何か注目すべき新たな発見とか記録とかあるんでしょうか。 




530 :朝まで名無しさん:03/11/07 01:19 ID:e+r1cIwL
>>523
すんげーね。三種の神器なんぞの心配を本気でしていたなんて。

531 :朝まで名無しさん:03/11/07 01:33 ID:DG9z2wNb
戦争責任はあるだろうが、戦争犯罪者ではない

そして戦争責任を認めたくても認められないお立場にあったと言う事を忘れてはいけない

532 ::03/11/07 01:36 ID:LzcYxYvA
ま、>>530のように、一生にわたって真実を知らないまま死んでいく人間が殆どだろうな。

533 ::03/11/07 01:47 ID:LzcYxYvA
昭和20年7月25日
「もし本土決戦となれば、敵は空挺部隊を東京に降下させ、大本営そのものが捕虜となることも考えられる。
そうなれぱ、皇祖皇宗よりお預かりしている三種の神器も奪われることも予想される。
それでは皇室も国体も護持しえないことになる。
もはや難を忍んで和を講ずるよりほかはないのではないか」


この文章を読んで、七月の時点で、陛下一人の力では軍部を押さえきれず、
三種の神器を持出して和を講ずるように語った、、、と読めない人間は外人であろう。

この時には、終戦の道筋を考えてたと言うのが常識である。

また、東南アジアにおける昭和天皇の評価を紹介する必要が有るのかな〜。

今回の選挙で民主党が敗退すれば、左派勢力は潰れ、
天皇反対なんて日教組的人間は政界から減るだろう。

自民党が進める教育改革によって、これからの子供は日本というものを、
しっかりと認識するだろうな。

ま、擁護派の皆様においては、天皇制廃止なぞ言い出す奴を排斥することを望む。
地域、職場、学校の現場から合法的手段でパージしましょう。w

534 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/07 01:54 ID:Kaqeq5DK
>>524
その9日か・・・直前にソ連が参戦決めてるからなぁ・・・・

>>530
ヤタの鏡は灰と化してるから壇ノ浦に沈んで引き上げられた灰の中に入った箱の中は空。
草薙の剣(鶴来から由来してるらしいが)も壇ノ浦から引き上げられた、とは公式にはないので既に喪失。
実際には天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)というのが他にあるとも言われるが定かではない。

となると、八尺瓊の勾玉だけが皇室に伝わる正式の神器となるが、これがまた分からない。
箱に被ったほこりすら払ってはならない、というのだから。
天皇すら中を見ることが許されない、八尺瓊の勾玉。

・・・・一説には、この理由が最高国家機密なのではないか、と言われているのだが、定かではない。

535 :142:03/11/07 02:01 ID:SjCzLMVK
>>530
そりゃ本気でしてくれなきゃ、国民固有の文化と宗教的権威を預かる天皇とは言えないよ。
教皇が例えば十字架やコーランを異教徒の略取から守ろうとするのは、現代でも当然の感覚でしょ。
まして国民の生命と引き換えにしてでも守ると天皇は語ってない。

それとも外国人が外国の宗教を大事にするのは一向に構わんが、自国民の伝統や宗教に限っては
気にいらんってかw 実に変わった精神構造ね。


536 :まいっちんぐマチ先生:03/11/07 02:03 ID:ZyD/MU7w
>>530
天皇の存在理由はその祭祀にあるからね。当然といえば当
然なんだろね。
近代国民国家の為政者としては失格もいーとこだが。

537 :まいっちんぐマチ先生:03/11/07 02:07 ID:ZyD/MU7w
>>535
「神器」はいわば家宝だからねぇ。
十字架やコーランと同列にあつかうのはちょっと・・・

538 :朝まで名無しさん:03/11/07 02:08 ID:wij0z2H+
天皇家専用の性処理する家系ってあるんだってね。
その家に生まれたら一生天皇家に性奴隷にされるらしい。
っていうか天皇にSEXを教える教育係みたいなものらしいけど。
当然、性病になったら駄目だから他の男とSEXできないだろうね。

539 :142:03/11/07 03:04 ID:SjCzLMVK
天皇は一神教の神託の預言者や教皇や司祭とは違う現人神の家系・・になるのかな。
神事を通じて神に憑依される存在?
その辺がなんとなくファジーでよーわからん。神なのに司祭もありえんし、、

540 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/07 04:18 ID:Kaqeq5DK
アマテラスの代理人、ってことか・・・・・・あ、ひょっとして天皇が絶えるときに備えて
仕組まれてる「何か」があるんじゃあ・・・・有り得る。

541 :朝まで名無しさん:03/11/07 06:43 ID:LYcACoWp
>>538
 昭和天皇は10代でセックルしてます。存在自体、性教育にとって悪影響。


542 :天皇なんか糞食らえ:03/11/07 06:44 ID:kLFli59x
>>530
天皇が「三種の神器」にこだわるのは、皇統の正当性は血統ではなく、
「三種の神器」を所有しているところが正統であると言う考えによる。
血統なら、南朝も続いているという主張が出てくるので今の北朝系が
正統の証明にはならない。

元々、南朝が所有していた「三種の神器」をだまし討ちのようにして、
北朝がかっぱらったのだが。
要するに、昭和天皇の関心事は、自分が最後の天皇になりたくなかっただけ。
国民のことなど、二の次、三の次で「第一に国民の為・・・・」などは大嘘で、
このようなことを色んな所で平気で言うところが厚かましくて無神経。

543 :朝まで名無しさん:03/11/07 09:29 ID:Bgycn/n5
>>542
別に天皇が「殺さないで」って言ったわけじゃねーだろ
天皇死刑を決めなかったのも天皇じゃないし


544 :朝まで名無しさん:03/11/07 20:25 ID:fi63qREX
>>534
天皇の元にある3種の神器の内、八咫の鏡と草薙の剣はコピー。
天皇が心配していたのは、伊勢神宮と熱田神宮にあるオリジナル
の方と思われ。



545 :朝まで名無しさん:03/11/07 20:41 ID:qvgvDsKr
>>543
 「国体護持」の名の下に、戦犯逃れをしようと必至になっていたようです。
そして、自己弁護のための欺瞞の書である「昭和天皇独白録」なる書も風邪をこじらし、苦しい中にも関わらず、自己保身のため必至で責任を部下に擦り付けていた。


546 :朝まで名無しさん:03/11/07 20:47 ID:6/NDcQDd
【1:414】【日韓戦】破廉恥TBSがまた偏向報道!実況アナ韓国を応援★2
1 名前:番組の途中ですが名無しです 03/11/07 20:20 ID:QW7ql6px
TBS氏ね。
意図的に韓国を応援してる・・・最悪。
和田さんを誉めるところで、この馬鹿な
TBSアナウンサーは審判を責めて「惜しい!」とかほざいてる(糞
韓国×日本とか表記するし・・・酷い局だ。


前スレhttp://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1068196124/l50




547 :???:03/11/07 21:15 ID:ivnvZoYJ
必死に生活苦を先の陛下中傷で紛らわせようとしている奴がいるな。
必死であればあるほど生活苦が分かる。(w


548 :朝まで名無しさん:03/11/07 21:29 ID:9ZgTlBpc
戦争責任の有無と戦犯か否かというのはまた別問題だろう。
戦争責任有りとしても=戦争犯罪人だ、とはならないだろう。
俺は昭和天皇に戦争責任はあった、戦争指導に関与していたと判断しているが、そもそも極東軍事裁判の正当性を肯定できないし、天皇が戦時国際法等に違反していたという明確な根拠がなければ戦犯だという主張には同意できない。
さらに言えば戦争責任はあっても当時も今も国内法では天皇を裁く事はできないから責任を問えないという事を付け加えておく。

549 :朝まで名無しさん:03/11/07 21:52 ID:YKKgOvgn
>>541
平均的な日本人は、みんなそうだと思いますけど・・・

550 :朝まで名無しさん:03/11/07 23:22 ID:r2VqpyP6
>>547
まあ、一年中、昼夜を問わず2ちゃんに書き込んで遊んでる余裕があって
「久米宏並の夏休み」を満喫する???と比べれば、
殆どの日本人は、生活苦だろうがな(w


551 :朝まで名無しさん:03/11/08 00:03 ID:4Qr4tol8
>>548
その通りですな。

それを前提として今昭和天皇と戦争をどう考えるか。

俺は戦争自体が嫌いな上、他人の家荒らした当時の主権者を擁護する気にはなれんね。


552 :間違えた。:03/11/08 00:04 ID:4Qr4tol8
×俺は戦争自体が嫌いな上、他人の家荒らした当時の主権者を擁護する気にはなれんね
○俺は戦争自体が嫌いな上、他人の家荒らしたんだから、当時の主権者を擁護する気にはなれんね。

553 :朝まで名無しさん:03/11/08 09:06 ID:13Y8wtxb
>>548
 当時の旧日本軍が南京大虐殺のような住民虐殺、毒ガス作戦など非合法な極悪非道な戦争犯罪を犯していたのは明らか。
当然、最上級の上官として大元帥である昭和天皇に責任があるのは、明らかである。


554 :朝まで名無しさん:03/11/08 09:20 ID:hANFu6uf
20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。
20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない。

イギリスの政治家チャーチルの言葉です。

「左翼」を「天皇制廃止」に置き換えても全く違和感ありませんね。


555 :朝まで名無しさん:03/11/08 09:47 ID:13Y8wtxb
チャーチル自身が、学校の成績も最悪のDQNだったというは、有名な事実ですが…。


556 :朝まで名無しさん:03/11/08 09:49 ID:zNubvsi2
昭和天皇も73歳で引退してれば、無様な死に様を国民に晒すことはなかったな

557 :朝まで名無しさん:03/11/08 10:32 ID:v3YUafYY
例えば仮に南京大虐殺があったとしてもそれを天皇が指示したという証拠、たとえば命令書への御名御爾とかがなければ法的に罪を問うのは難しいのではないか。
極東軍事裁判でA級戦犯として訴追するとすれば「平和に対する罪」、つまりパリ不戦条約違反になると思うが。
しかしそもそも不戦条約違反だとしてもその事を極東軍事裁判の様な形で罪に問えるのか甚だ疑問。
問えるとしても先の戦争が自衛戦争だったのか侵略戦争だったのかが争点になる。
公平に審理した場合、有罪となるかは疑問。

道義的責任と法的責任は分けて考えるべき。
>>553

558 :朝まで名無しさん:03/11/08 11:35 ID:4Qr4tol8
公平な審理は期待できんでしょ。
現在の刑事裁判だって厳格に刑事訴訟法が運用されてるわけじゃないのに。

甘っちょろいこというな。

559 :朝まで名無しさん:03/11/08 12:08 ID:fw+8yUBT
>>558
だから何言ってもいいっていうの?

560 :朝まで名無しさん:03/11/08 12:24 ID:v3YUafYY
では、
昭和天皇は極東軍事裁判で訴追すらされなかった。
この事実により戦犯ではない事は確定している。

にも関わらずまだ昭和天皇が戦犯だというなら
甘っちょろいこというな
と言いたいね。w
>>558

561 :朝まで名無しさん:03/11/08 12:39 ID:Yu9r3oc1
昭和天コロって、マッカーサーに命乞いしたヘタレだもんな。

562 :丁度阿呆:03/11/08 13:09 ID:+8aQEVhk
このような議論を見ていると、
国民自らが主体的に、共和制への移行という
歴史的な飛躍をするまでには、
何百年もかかかりそうね。


563 :???:03/11/08 13:18 ID:VLWiEuxP
普段は人前で口にしないようなことをこんなところで言っている奴が
社会を変えられるほど社会は甘くないものな。(w

一部の廃止派による高貴な存在への中傷って、確かに、本人の無能の
証明だものな。(w


564 :朝まで名無しさん:03/11/08 13:25 ID:MJKLfZ43
先のごる何とかいう糞コテがそれを証明してくれましたな

565 :朝まで名無しさん:03/11/08 13:38 ID:XFNYJxVV
>>563 
???は普段、人前で「真の自由主義者」として「報国体制を築け!」
とか言ってる人間なわけだ。
街宣右翼みてえだな(笑

まあ、???の普段の生活ってのが、ちょっと想像つかんが。

566 :朝まで名無しさん:03/11/08 13:47 ID:XFNYJxVV
>>554
チャーチルはヒトラーから英国を守った、戦時宰相として評価されるが
人間そのものはDQNと言って良い。
王党派として立憲君主制を崩壊させかねないような、行動をとったこともあるし
無茶な作戦を立案して、軍に押しつけ、実行させ、その結果自国の兵士を死に追いやったよう
な事もある。
(まあ、それが通っちゃうところが、英国の文民統制が徹底している証拠でもあるが)



567 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/08 13:54 ID:EjQb0fMe
>>566
チャーチルは典型的な有事の為の非常戦時政治家でしょう。
事実戦後はかなり冷遇されている。

568 :朝まで名無しさん:03/11/08 14:24 ID:fIUqceFa
高貴な存在と意味不明の妄想を飛ばしている輩がいるようだが、
せいぜい女性週刊誌の好奇の存在に過ぎない訳だ。

569 :朝まで名無しさん:03/11/08 14:32 ID:fw+8yUBT
高貴な存在だと思うけど。女性週刊誌が高貴な存在にも好機心ありありなんでしょ。
なんか間違ってる?

570 :朝まで名無しさん:03/11/08 14:40 ID:fIUqceFa
>>569
天皇家と比べておまいの先祖代々は下劣な存在とでも?
それこそ自虐史観だな。(w

571 :朝まで名無しさん:03/11/08 14:50 ID:fw+8yUBT
>>570
歴史を捏造しちゃうと本当の誇りはもてそうもないから正直に告白するが
皇室を上回る高貴な家柄とはとても言えないな。俺のご先祖様は。


572 :朝まで名無しさん:03/11/08 15:06 ID:fIUqceFa
>>571
よく分かったよ。天皇支持者が自虐史観の持ち主ということが。
でも周りの一般人に自虐史観を強要するのはやめてくれ。(w

573 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/08 15:07 ID:EjQb0fMe
高貴な存在と殊更に云うことがどれ程の意味があるだろう?
要は征服者が貴族化し気品を身につけたと云うことだろう。
戦と政治を放棄して、宗教的権威で君臨してきたというのが実態ではないか。
民主的な価値基準には多様性が認められており、高貴なる故優れている
という回答が導き出される訳でもあるまい。もう少し内実に目を向けるべきだ。

574 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/08 16:06 ID:XIl0Vk2b
>>566
その証拠に戦勝の英雄なのにアトリーにとって変わられたしね。

>>570
うちは、宿屋で代々、難所だった自分家の前を通る人の休憩所だったから、物流の手助けをしてた
とも言えるし、他の家系よりもかなり多くの人と接する機会があった家系なのは確か。

世の中には上も下も貴賎も無いが、「心の中の貴賎」はある。
みて、「あいついやしいよなあ」という生き方は先祖代々、あんまりしてないと言える自信が有る。

575 :朝まで名無しさん:03/11/08 16:08 ID:/168Q91s
昭和のテンコロって、「国体護持」だとかいって自分の保身だけに汲々となっていたDQN

誰もこんな香具師を尊敬しない。そのため戦後は、誰からも相手にされず寂しい晩年を過ごしたようだね。


576 :朝まで名無しさん:03/11/08 16:11 ID:b+hZbHiu
このスレの名無しって、2〜3人で回してるよな。(w

577 :朝まで名無しさん:03/11/08 16:11 ID:fw+8yUBT
>高貴な存在と殊更に云うことがどれ程の意味があるだろう?
殊更に言う気はないが「高貴じゃない」と殊更に言う人がいるので。

>要は征服者が貴族化し気品を身につけたと云うことだろう。
>戦と政治を放棄して、宗教的権威で君臨してきたというのが実態ではないか。
それでいいんじゃないだろうか。

>民主的な価値基準には多様性が認められており、高貴なる故優れている
>という回答が導き出される訳でもあるまい。
言ってる意味がわからない。
総理大臣になる道はすべての国民に開かれていると思うが、それじゃ不満なの?

578 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/08 16:19 ID:EjQb0fMe
>>577
不満という事ではなく、国家機構に存在する意義を見いだせないと云った方が適切だろう。
高貴であることを理由に統合の象徴に据える事が、等身大の日本を体現しているとは云えない。
単に貴族的な一族に過ぎないだろう。しかも戦前には国家を壊滅的な方向へ導いている。

579 :朝まで名無しさん:03/11/08 16:25 ID:fw+8yUBT
では、国家機構に存在する意義を見出せれば文句はない、と。

580 :朝まで名無しさん:03/11/08 16:46 ID:gTHhhozy
国家を私物化している連中に問題あり、そういう意味では天皇制とその取り巻きは、「売国奴」であった。


581 :朝まで名無しさん:03/11/08 20:09 ID:4OOQ5Uav
昭和天皇は、日本史上最悪のクズとして人々の記憶に生きるだろう。



582 :朝まで名無しさん:03/11/09 00:04 ID:YfvKWSMm
>>567
 チャーチルは、所詮、「戦争屋」だよ。
こいつが、共産主義がどうだと言っても説得力なし。


583 :???:03/11/09 00:11 ID:4PmO5WJC
廃止派って要するに自分が一番と思いたいから嫉妬に目がくらんで
高貴な存在を引きずりおろしたいだけだろう?よくいるんだよ、自分
が信じてもいないことを言ってみたりするのがさあ。(w


584 :S−RAM:03/11/09 07:57 ID:OjIql1qe
>>583
だから、もはや生まれだけで人を高貴だとか思わなくなってんだって。
その国民の意識の一端が田中フィーバーに現われたりする。

有栖川詐欺にあったヤシを、こいつら○○?とか思ったりするのだよ。

人間は生まれてから死ぬまでに、何をできるか、何をやったかで評価されるもの。
判るか?

585 :朝まで名無しさん:03/11/09 10:37 ID:8tfDpd1k
高貴な血筋とやらをありがたがるバカがいるから、有栖川宮事件が起こる。

やっぱり、昭和天皇の悪業をぶちまけて、国民を天皇教の洗脳から解放しないといけないね。



586 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/09 10:42 ID:92k3cAZi
>>584
ま、少なくとも、今上帝は人徳有るけどな・・・

・・とか言いながら打倒街道の為に泣く泣く共産党に投票してきた俺・・・

587 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/09 11:42 ID:iS6Yvh5O
>>573>民主的な価値基準には多様性が認められており、高貴なる故優れている
>という回答が導き出される訳でもあるまい。
民主的な価値基準においても否定出来るものでもない。価値があると思う者の存在をも
内包し存在を認める制度が民主主義であり、信教の自由でしょう。こんなものは民主主義
導入前中世の日本にはごく一部の例外を除いて存在していた。

>>578>しかも戦前には国家を壊滅的な方向へ導いている。
壊滅的な状況に追い込んだのは、かつての太平洋戦争スレで貴方も指摘したとおり日本人の思想が
その方向に導いた。僕が思う所、その思想性に天皇の関与は認められないが。

588 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/09 12:11 ID:YPCUnmg+
>>587 釈たん
>信教の自由でしょう。
現在の憲法に置いては、信仰の自由と共に厳密に国家と宗教の接点を禁じている。
自由と云うからには、当然義務が伴うのだが国家に宗教を持ち込まないという義務は
看過できまい。鰯の頭を崇める人を排斥することは出来ないが、公的機関が鰯の頭を
崇めることをしてはいけないという事だ。
>僕が思う所、その思想性に天皇の関与は認められないが。
昭和天皇自身は国体明徴運動に疑問を呈しているからね。彼の考えでは立憲君主制が
馴染みやすかったのだろう。しかし、天皇という存在があってこその明徴運動だ。

589 :朝まで名無しさん:03/11/09 15:52 ID:KRSeazu8
>>588
>鰯の頭を崇める人を排斥することは出来ないが、公的機関が鰯の頭を
>崇めることをしてはいけないという事だ。

さらに、それを拒否する人に対し、権力を持って強制する事も。
(戦中、クリスチャンに対し“天皇とキリスト、どっちが偉い!?”と
詰問した特高の例もある)

590 :朝まで名無しさん:03/11/09 15:56 ID:5lrJzN7a
いっそ、天皇は「天皇教」でもつくって宗教法人として民営化した方がいいのでは?



591 :朝まで名無しさん:03/11/09 16:00 ID:S1wn34a4
>>590
民営化なんてしたら
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1062600292/532
みたいに天皇を罵倒して遊べないのでは?

592 :S−RAM:03/11/09 16:04 ID:7RBHBGk+
>>591
別に罵倒したいわけじゃないよ。

私はけっこう真剣に彼等の幸せ、彼等の自由を願っている。

593 :朝まで名無しさん:03/11/09 16:05 ID:KRSeazu8
>>590
以前から言われてるよ。宗教法人・神社本庁総裁。
その代わり、憲法第1章「天皇」を廃止し、“統合の象徴”からは降りてもらう。
「国事行為」も認めない。

594 :朝まで名無しさん:03/11/09 16:09 ID:S1wn34a4
>>592
しかし彼(ID:5lrJzN7a)は天皇をAAなので罵倒して遊ぶのがお好きみたいだけど?

595 :???:03/11/09 16:12 ID:4PmO5WJC
信教の自由とは、信者が自由に政治活動ができる環境を整えることを指すんだが、
逆に解釈している痛い奴がいる。そういう奴は信教の自由の名の下に、宗教弾圧を
正当化する論理に手を貸すことになる。
なお、共産主義は弾圧的な体制を招くので、禁止してよいと思っている。



596 :朝まで名無しさん:03/11/09 16:13 ID:0xDsLRLc
スレタイと中身が一致していないような気が

597 :???:03/11/09 16:14 ID:4PmO5WJC
高貴な存在への罵倒を放置している廃止派って、それだけで同罪ってことでいいんじゃない?



598 :朝まで名無しさん:03/11/09 16:17 ID:KRSeazu8
>>595
創価学会員ですか?

599 :???:03/11/09 16:23 ID:4PmO5WJC
よくいるんだよ。自分の利益が国家の利益だと拡大解釈する廃止派が。彼らの
利益が現実的に国家の利益となっていないから、廃止論をまともに取り上げる
政党が今回の選挙でも存在していないんだよ。それがわからずに寝ぼけたこと
を言い続けるのって、相当鈍いんじゃない?(w



600 :朝まで名無しさん:03/11/09 16:30 ID:YxFUb4aN
>>598
???の書き込みに「チョン氏ね! チョン帰れ!」などの嫌韓が無いから、
その可能性はかなり高い。

601 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/09 16:31 ID:YPCUnmg+
>>598
???は独白してるだけだから、相手するだけ無駄。
彼はまともに議論するつもりなどないからね。

602 :朝まで名無しさん:03/11/09 16:35 ID:VpDFxTzX
下劣な存在への罵倒を禁止している皇国派って、それだけで同罪ってことでいいんじゃない?



603 :???:03/11/09 16:38 ID:4PmO5WJC
コテハンを変えたと宣言してはまた元に戻るくらいころころ
変わる奴って一体なんだろうね。(w
羨ましいくらい一貫しているね。(w




604 :朝まで名無しさん:03/11/09 16:39 ID:VpDFxTzX
>>601
はてなのおっさんって単なる嫌ソ厨の皇国主義者だろ。

605 :朝まで名無しさん:03/11/09 16:41 ID:VpDFxTzX
>>603
身内であるはずの1128=知念を必死に叩いてるな。(w

606 :???:03/11/09 16:45 ID:4PmO5WJC
矢印のオッサンって、コテハンを保つ勇気って持っていないのかなあ?(w



607 :朝まで名無しさん:03/11/09 16:45 ID:YxFUb4aN
>>604
だとしたら、勝共連合の会員か?
勝共連合って、確か、韓国発祥の統一協会の政治組織だな。
はてなのおっさんの今までの書き込みで
「チョン氏ね! チョン帰れ! 在日帰れ!」などの嫌韓が無いのが
説明出来るな。

608 :朝まで名無しさん:03/11/09 16:47 ID:S1wn34a4
なんでいちいちチョン氏ね発言せにゃならんの?

609 :朝まで名無しさん:03/11/09 16:50 ID:VpDFxTzX
>>607
この手の輩でしょう。

http://www.mkimpo.com/image/yasukunix/2003/P8150003s.jpg



610 :???:03/11/09 16:51 ID:4PmO5WJC
やれやれ、妄想に取りつかれると俺がいろいろな存在に見えるのだろうな。
ありもしないものが見えるなら赤色灯のお迎えが必要だろうな。



611 :朝まで名無しさん:03/11/09 16:51 ID:x63j6Upj
昭和天皇、戦後一度も靖国を公式参拝してないのはまずいよね。
自分のために死んだ英霊に弔いも詫びもせずに終わってしまった。
売国奴だなぁって思う。

612 :???:03/11/09 16:56 ID:4PmO5WJC
ということはさあ、靖国神社を訪れない反靖国派って○○○ってこと?
なんか自分の首を締める論理を展開する人っているね。(w



613 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/09 17:19 ID:92k3cAZi
>>596
スレ末期にいくら言っても、このスレタイで立つから。

614 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/09 17:21 ID:92k3cAZi
>>602
じゃあ、街道への罵倒は解禁しても良いんですか?

615 :朝まで名無しさん:03/11/09 17:21 ID:i3m79Kgg
良きにつけ悪しきにつけ この国は天皇家を中心に政治、文化を紡いできた。
それ故に天皇家は日本の貴重な遺産。近代までその貴重な存在を信じ(利用もされたが)
その存在を中心に先人達が歴史の素晴らしい文化を現代に享受してくれている
のは紛れもない事実。歴史の一部分を切り取って 全否定をする議論を聞いて
いるとしらけるね。天皇を象徴とした先人達の知恵と寛容さには 現在の
日本人にないアイデアと奥ゆかしさがあるね。 それに答えようとしている
天皇家の姿勢にはとても好意をもてるし、私はファンである。





616 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/09 17:22 ID:92k3cAZi
>>611
昔は基本的に、皇族は人神の祭られる神社は参拝しない事になってた。

今はどうだかしらん。

617 :朝まで名無しさん:03/11/09 17:33 ID:3FRJSiXV
裕仁が欲かいてアジア征服とか企まなければ大勢の日本人が死なずに済んだ。

618 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/09 17:44 ID:92k3cAZi
まぁその場合は食糧不足とソ連の侵攻で確実に朝鮮・千島・樺太・北海道・九州・東北の一部と
中国の一部を失って下手したら南太平洋に遷都してたかもしれんがな。

仮に恐ろしく低い確率で対米戦を回避できても対ソ戦は不可避だったからな・・・・

ちなみに、対米戦を確実に避けようと歴史を弄くってみると、明治維新を否定し、徳川幕府の存続を認めて
日本が合藩連合国家になった時くらいしか回避不可能な感じ。

それでも、昭和16年回線が防げるだけで対ソ戦で日本がボロ負けこかなかったら、日米冷戦になってた
可能盛大。

619 :朝まで名無しさん:03/11/09 17:51 ID:5lrJzN7a
>>611
 英霊に詫びるんなら、大元帥らしく凄絶な切腹をしてほしかったな。
立派な軍人は、皆、死んだ部下に詫びて腹を切った。
しかし、昭和天皇は、自身の保身に走った。

620 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/09 17:55 ID:YPCUnmg+
>>619
皇族は切腹はしないんだよ。
自決するなら服毒だろう。

621 :朝まで名無しさん:03/11/09 18:19 ID:5lrJzN7a
いやいや、ギロチンが相応しかっただろう。



622 :???:03/11/09 18:50 ID:4PmO5WJC
誰か知らんけど、市民派何とかって人は、広島市の市民と
対話できる準備できてるんかなあ?(w



623 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/09 20:01 ID:KwVCAjnI
>>619
切腹って武家の作法でしょ・・・

624 :天皇栄えて、民滅ぶ。:03/11/09 20:11 ID:W7ZLF3p4
マッカーサーは島流しの習慣を知らなんだようだ。

625 :朝まで名無しさん:03/11/09 20:34 ID:WQAZkt5Y
昭和天皇が靖国参拝してない、なんていい加減なこと書くなよ。
ここの住人は馬鹿だから信じるだろ。

626 :S−RAM:03/11/09 20:51 ID:kc9c8OQY
>>625
A級戦犯の合祀がわかってからは逝ってないのじゃない?

その状況にはコメントしねーけどオリは。

627 :朝まで名無しさん:03/11/09 22:41 ID:kMdIxdFZ
ある意味、A級戦犯も昭和天皇をかばって獄死した連中だよな。
恐れ多くて、参拝なんてできん罠。
でも、昭和天皇は、みんな東條や軍部が悪いと開き直ってるし…。


628 :朝まで名無しさん:03/11/09 22:44 ID:VpDFxTzX
>>627
部下に責任をなすりつけるところはまさしく
裕仁=麻原だね。

629 :S−RAM:03/11/09 22:50 ID:kc9c8OQY
>>628
人間らしくって...良いわけないっか。

630 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/09 23:36 ID:iS6Yvh5O
>>588 亀たんへ亀レス
>宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない
そりゃ、混同しているべ。
第二十条抜粋 宗教「団体」も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない
皇室を宗教「団体」と規定するのは勝手ですが、そうなれば私どもの家や会社、市民団体の
関与も否定する事になる、選挙権被選挙権までも。

>信教の自由について
まず自論は、後ろに書いている通り憲政以前にも信教の自由があったという立場です。
日本の過去の如何なる政治形態でも一つの思想に敬体したが、その思想「そのもの」を
排除しなかった。それは日蓮や切支丹に対する排斥も同じ事。「お上」と「百姓」の
論理は違うが、絶対王政下の欧州中世の様な暗黒時代は日本には存在しなかった。
その信教の自由そのものがプロテスタンティズムやユダヤ人が生み出したものだ。
即ち国家の倫理概念上(外的拘束)キリスト教を置いて(国教)、その対として
信教の自由を生み出した。であれば、信教の自由を置くのであれば国教を定めるのが
適当だと思う。だが、私は「国教」も「信教の自由」もいらないという立場。

>昭和天皇自身は国体明徴運動に疑問を呈しているからね。
国体明徴運動こそ、統帥権干犯の正統性の補論でしょう。天皇機関説を掲げられては
軍部の政治介入を正当化できなくなる。こんな物は皇国主義(これはよく分からんというか
実体すらない)ではなく天皇を担ぐ社会主義(国家社会主義)社会を実現する為の口実だ。
天皇を口にするのは方便であって、国家社会主義こそ真実である。

631 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/09 23:42 ID:iS6Yvh5O
>>589>戦中、クリスチャンに対し“天皇とキリスト、どっちが偉い!?”と
>詰問した特高の例もある
確かに特高の行き過ぎたやり方であるが、そのキリスト教徒の態度はどうだったのか?
もし俺がキリスト者であれば、
「日本においては陛下を奉る、だが形而では父とその子、精霊を敬う」と答えれば
特高にも何の問題もないし、キリスト教は「内的拘束」のみが信仰の契約であるからね。

632 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/09 23:52 ID:KwVCAjnI
まずいな・・・政権交代の可能性が出てきた・・・
山拓も復活当選すら危ういし。

民主党が政権取ったらこりゃ皇家危うしやな。。。



633 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/09 23:58 ID:iS6Yvh5O
>>630>>宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない
のレス指定
>信仰の自由と共に厳密に国家と宗教の接点を禁じている。
に訂正
>>632 無理無理(w 民主党にそんな気概などありえない。何でも捨てれる社民に
すらないのだから。共産党以外は「事なかれ主義」「触らぬ神に祟りなし」
日本人の特性の一つだベさ。

634 :まいっちんぐマチ先生:03/11/09 23:59 ID:/rMf+Pnr
>>631
「カエサルのものはカエサルに」ですな。カコイイ。

>>632
そぉ?
いわゆる2大政党の状態に、このさき日本がなっていくなら
政治的に天皇制がうごかされるとはおもえないけど・・・

635 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/10 00:11 ID:gJINDtkJ
あの国のあの法則★13日の金(キム)曜日
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/korea/1064637776/

によれば、事件、もとい選挙の前に菅が北朝鮮を敵に回した→逆発動で躍進
らしい。

636 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/10 00:25 ID:CPEsbGOz
>>634 マチ先生に褒められるとは、英機感激ぃぃぃーーー!!!

>>635 菅にとって「北朝鮮」はタブーじゃないだろう。日本においては天皇は
タブーの一つだべ。それは、義満や現憲法が証明していると思う。

そーいやー、日月火水木金「正」日 ワラタ、あれって本当なの?

637 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/10 00:50 ID:Vti0vNbD
>>630 釈たん
>そうなれば私どもの家や会社、市民団体の 関与も否定する事になる、選挙権被選挙権までも。
意味が分かりません。どーゆーこと?
>天皇を口にするのは方便であって、国家社会主義こそ真実である。
かなり異論に類する意見だと思うが。
>「日本においては陛下を奉る、だが形而では父とその子、精霊を敬う」と答えれば
キリスト教が神との厳格な契約関係にある以上、その様な発言は無理でしょう。

638 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/10 00:53 ID:Vti0vNbD
>>634 マチたん
>政治的に天皇制がうごかされるとはおもえないけど・・・
民主党には旧社会党出身者も少なからず存在する。もし政権を取った場合、
「内閣の助言」として皇室改革に着手しない保証は無いと思うが?

639 :朝まで名無しさん:03/11/10 02:03 ID:IgTibWDm
○○教は神との厳格な契約関係にあるので、国家の権威より教義を優先させます。
なんて本気で言い出す奴がいたら困る。というかそれこそカルト。

640 :朝まで名無しさん:03/11/10 06:49 ID:eUro7u3i
天皇制自体カルト。



641 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/10 07:49 ID:wAnbZq1j
なんつーか、混ぜ返せば、全ての宗教がカルトなんだよな。
元々は。

それが数千年の時の砥石に磨かれて洗練された宗教になる。
神道は天皇のための宗教じゃない。
国家神道や度会神道は知らんが。

642 :朝まで名無しさん:03/11/10 20:33 ID:flnc2A1Z
>>631
個々の例ではない。キリスト教会全てに対し、そうやって弾圧をしていたんですが。
>>638
民主党にいるのは旧社会党の右派です。その思想は自民に近い。
左派式の“改革”など出来るわけがない。

643 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/10 21:19 ID:CPEsbGOz
>>637 亀たん
>意味が分かりません。どーゆーこと?
皇室も一つの「イエ」や「ミウチ」である。当然、我々と同じようにかつては仏壇を拝み神棚に
手を合わせる。ごく普通の宗教行為を行っている「家庭」に過ぎない。大嘗祭にしてもかつての
武家社会の「元服」や今の「成人式」に照らし合わせれば我々と一緒である。彼らの「イエ」や
「ミウチ」を「宗教団体」と規定つければ、我々の「イエ」や「ミウチ」もまさしく「宗教団体」
になるでしょう。

>かなり異論に類する意見だと思うが。
何に反論しているのか分らんですはい。

亀たん>キリスト教が神との厳格な契約関係にある以上、その様な発言は無理でしょう。
キリスト教とイスラム&ユダヤを混同しているべ。
亀たん&>>642>個々の例ではない。キリスト教会全てに対し、そうやって弾圧をしていたんですが。
ローマ人への手紙 10章9節 「ロゴスは貴方の近くにあり、貴方の口、心にある〜略〜、イエスを
主であると言い表し、心で神がイエスを復活させたと信じるなら、貴方は救われる」

イエスは、当時のユダヤ社会の根幹の「トーラー」(律法)を否定した行為は当然ユダヤ「社会」では当然
悪である。そして「アガペー」(愛)を信じるのみで救われるとした。アガペーを信じる事は「内的拘束」
であってトーラーやクワラーンの様な「外的拘束」を求めるものではない。であるので、>>631の文は拙い
かと思うが、「ローマ人への手紙 10章9節」によって成立します。

644 :朝まで名無しさん:03/11/10 22:26 ID:AIA9Q8gp
昭和天皇の政治への介入は象徴天皇になった戦後も続いていたね。
サンフランシスコ講和条約の際に日本が沖縄を米軍基地に使ってもらう為に
アメリカに施政権を残したのは昭和天皇の意向だったんだから。
朝鮮戦争中でアジアにおける共産勢力の拡大に脅威を覚えた昭和天皇は
日本側全権の吉田茂に命じてそうさせたらしい。
これはアメリカ公文館の史料だから間違いなし。
その結果、今でも沖縄には米軍基地が集中しているわけだがあの男かなりの売国奴だよな(藁。


645 :S−RAM:03/11/10 22:30 ID:4Yd9X9uh
>>644
もしそれが本当だとすると、昭和帝って最低だね。

646 :朝まで名無しさん:03/11/10 22:56 ID:AIA9Q8gp
昭和天皇を叩き晒し!!



647 :S−RAM:03/11/10 23:13 ID:8hXOU8in
>>646
ま、死んじゃった人だし、ほ〜っておこう、よ。

648 :朝まで名無しさん:03/11/10 23:19 ID:cFZaNcLI
うん

うん

649 :朝まで名無しさん:03/11/11 00:04 ID:y4TEnHom
>>647
それならこのスレであんたが語ることは何もないな。

あれっIDが..

650 :朝まで名無しさん:03/11/11 00:27 ID:l18b8LnL
>>641
すべての国家もカルトですか?

651 :朝まで名無しさん:03/11/11 00:55 ID:ObX94Guw
さてと、今日の日課。
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
おわり。
先帝も苦渋の末の選択であらせれたのだな。たぶん。

652 :S−RAM:03/11/11 01:12 ID:FEAFdnYu
>>649
私は、IDが定期的に変わる人です。
いつぞやの偽者ではありませんから安心して下さい。

私は、皇族達になにがしかの責任を負わせたいって人じゃないのよ。
日本国憲法は主権者を国民と定めた。
それを十分に活用できないのは、国民の責任だからね。

653 :横レス野郎:03/11/11 01:42 ID:sKkmGWgb
>>642
社会党右派って言っても、時代時代によって、その性質が全く異なるんだが・・
自民党そっくりっつーのは、分裂後、民社党作った連中の事を言ってるのじゃ
ないかい?

>>643
>大嘗祭にしてもかつての武家社会の「元服」や今の「成人式」に照らし合わせれば
>我々と一緒である
武家社会の元服は、現在の話である以上は対象外、問題は「成人式」と同じかという
話になるが、「成人式」は特定の宗教的価値観により行われるものではないでしょ?
日本の社会が法によって、20歳を以て成人と定めているから、成人式が成立するのであってね。
大嘗祭は、公的行為という、極めて曖昧な形ではあるが、国家的な意味を持たせて
しまっていますね。
つか、此奴が公務であるという事ぁ、皇族ってのは信教の自由ってのが無いんだな。
やっぱり。

>そして「アガペー」(愛)を信じるのみで救われるとした。アガペーを信じる事は
>「内的拘束」であってトーラーやクワラーンの様な「外的拘束」を求めるものでは
>ない。
内的拘束程、怖いもんは無いと思いますけど(w
つか 国家神道も、その性質上、確実に「内的な拘束」を目指しているのでは?
此奴で国民的自我と自尊心を植え付けようとかいう狙いなわけだから。
自分の出した例じゃないんで、あまり無責任な事は言えないけど
亀哲人の出した、例での「特高」が問うてるのも、その部分ではないのですか?

654 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/11 02:44 ID:zM3LmRp7
>>650
【全ての宗教は設立当初〜中期はカルトである】って言っただけ。

その後、定着する為に反社会的な要素を持つ者を殺ぎ落とし、それがゆえに消えていく宗教だってある。
中には、巧妙かつ、狡猾に生き残るものも有るが300年もすれば、よほど戒律で縛ってない限りは
ドアホウの影響力は消えるのでまともな宗教になっていく。。。

そう言ってるだけなんだが、どこで国家の話になるのかね?



655 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/11 05:27 ID:zM3LmRp7
WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)
http://wwwi.netwave.or.jp/~mot-take/jhistd/jhist1_1_2_02.htm

656 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/11 06:57 ID:NX8TZWO5
>>653 横レス野郎氏
>亀哲人の出した、例での「特高」が問うてるのも、その部分ではないのですか?
特攻の事例は私ではないので、念のため。
しかし、君の言う「内的拘束」を強要してはいけないとするのが思想・信仰の自由であるのは
其の通りであり、特に戦時中は左翼思想や自由を訴える事が規制された。
公的権力が、人の内面にまで踏み込んで個人的な思想や信仰を抑圧する事は許されない。
逆に云えば戦時という有事の際は別の方法論が必要になるということではないか?
米国の為政者が、ネオコンであっても星条旗による戦時高揚を鼓舞するのは、
自由や信仰心によるプロパガンダが有効ではないからであり、イラク派兵を十字軍に例えて
却って反感を買った事を見ても明らかだろうと思う。

657 :朝まで名無しさん:03/11/11 19:16 ID:r1VQHuiG
>>653
大嘗祭は単なる成人式ではなく、人間が神になる儀式だよ。
完全に宗教行為だ。これに税金を投入するのはいかがなものか。


658 :朝まで名無しさん:03/11/11 19:27 ID:d5cuqRkh
>>644、645
自衛隊が防衛の役に立たないことと沖縄の軍事的重要性
は今でも変ってない。だれかが国防を担当しなければならない。
国家と国防についてまともな知識があれば、当然の結論なんだよ。
「日本は平和憲法と言う大理想を掲げて世界平和へのさきがけとなるのだ」
などと極端から極端に走ってうかれてたあほうには理解できんことだがな。

659 :あっ、そ:03/11/11 19:44 ID:YCiOtwgA
                  |__|'' - ._
                    |  | l' - ._|
                    |  | |`:| |′
                   ,=|  | | | |
                  / :|_,, | | | |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                l  | |. | | | ||  これが、「昭和天皇」だモナー!!
                  |  | |:::| | | l|\             
                 /  | l | | | ||   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
                 /   | | | | | |:!
       ∧_∧    /   l l. | |‐'| |:|   
      (  `∀´),/     | |. | | | ll:|   ∧_∧
      (     つ     | |  | | | ||:|  (  `∀´)○=○ アッソ・・・・・・・
       |  |  |    ⊂⌒| l:  | |‐'| l:|:| ⊂    つ  π )
― ∧_∧(____,)__)ーl二二二l_,.. ┐| |'二二⊃ / /〉 〉―;;~∴ー――
  (   `∀) 厂⌒厂⌒厂⌒i´__,,. |..| |〉    〈(_) (__)   ;' _,.. - ''"!∧ ∧_∧ おー!!
 (     つノノ  ノ  /   ,ノ|    |,,|..!、____,ノ     _,.. - ''"   _,.. ┘∧ ∧__∧
(⌒(⌒)__)'〜ー〜ー〜一'"┴'''"        _,.. - ''"   _,.. - ''"l:| ∧川∧ ∧川∧ 偽神逝ってヨシ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  _,.. - ''" \;|  |:!(`∀´  )(`∀´  )
―┬―┬―──――――――‐┬―┬┬┴''"/     :|∧川∧ ∧川∧ ∧川∧ ザマーミロ!外道!
  │  │                |  || /       (∀´  )(∀´  )(∀´  )
. ∧川∧ ∧川∧ ∧川∧ ∧川∧. ∧川∧ ∧川∧. ∧川∧ ∧川∧ ∧川∧ 皇族氏ねや!
(    )(    )(    )(    )(    )(    )(    )(    )(    )


660 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/11 19:58 ID:pjECdapl
>>653 横たんと>>656 亀たん
ちゃうちゃう、紛らわしかったかな。>>643>>630で言っている趣旨は、キリスト教徒に
とって、「天皇陛下万歳」と答える事は決して「内的拘束」に当たらないと言っている。
厳格な契約は、「口」と「心」のみだからね。

>>653>皇族ってのは信教の自由ってのが無いんだな。
「家」の伝統儀式を行うという意味で違う。儀式というのは「外的拘束」だから。

>国家神道も、その性質上、確実に「内的な拘束」を目指しているのでは?
国家神道は立憲君主を取り入れるが為の擬似宗教と見ていい。真似した国には「英国国教会」という
「国教」が存在していた為、建前だろう。逆に問うが、明治以降、新興神道各派が乱立したがこれを
どう説明する?そして国家神道によって日本人にどういう内的規範や行動様式が見て取れる?

>公的権力が、人の内面にまで踏み込んで個人的な思想や信仰を抑圧する事は許されない。
これも混同だべ。治安維持法による「外的拘束」だ、改宗を迫られた訳でなく懲役刑を課せられた。
確かに拷問があり死者は2人だったと記憶するが、あくまで刑法により刑事罰に処せられた。
この辺の反論を含めて、↓に反論願いたい。

>国体明徴運動こそ、統帥権干犯の正統性の補論でしょう。天皇機関説を掲げられては
>軍部の政治介入を正当化できなくなる。こんな物は皇国主義(これはよく分からんというか
>実体すらない)ではなく天皇を担ぐ社会主義(国家社会主義)社会を実現する為の口実だ。
>天皇を口にするのは方便であって、国家社会主義こそ真実である。

661 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/11 20:11 ID:pjECdapl
キリスト教徒の問題、かつて天スレでVGI4WDというおっさんをからかったが、
>>660のレス、自衛隊員靖国祭祀訴訟裁判含めて「神(カミ)」という言葉が
問題になっている感がある。戦国時代に訪れた侵略の先兵たる宣教師達は、YHWの
訳を当初、「大日(如来)」と訳し当時の日本人に新しい仏教宗派という印象を与え
た。勿論この事が布教(キリスト教の存在を知らしめる事)に一役買ったのであるが、
途中でこの誤訳に気付き「デウス(葡語)」と改めた。おそらくこの表記が日本の
聖書において正しいであろう。しかし、明治キリスト教が解禁に至り大挙として宣教師が
訪れたのであるが、「God=神」と訳したのは大きな誤訳であろう。
日本において「神(カミ)」とは・・・

続く 出来れば、民俗学及び神道の立場から、ちくたんに書き込んで欲しい。

662 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/11 20:13 ID:NX8TZWO5
>>660 釈たん
>「天皇陛下万歳」と答える事は決して「内的拘束」に当たらないと言っている。
強要される時点でアウトだろう。
クリスチャンであるかどうかの如何を問わないと思うが?
>明治以降、新興神道各派が乱立したが
大本教の事かな?
>治安維持法による「外的拘束」だ、改宗を迫られた訳でなく懲役刑を課せられた。
是を詭弁という。外的な拘束によって内的な信仰に伴う信条は制限される。
内と外は表裏一体。1人の人間で有ることに変わりはない。

663 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/11 22:53 ID:pjECdapl
>>662 亀たん
>クリスチャンであるかどうかの如何を問わないと思うが?
だからクリスチャンに「イエスは主でなく、神がイエスを復活させたとは心にも
思わない」と言わせれば「信教の自由」に抵触する。脇で「天皇陛下万歳」などと
言っても教義上全く問題は無い。

>強要される時点でアウトだろう。
それは「外的拘束」にすぎないべ。

>大本教の事かな?
問題のすり替えだべ。横たんが「国民的自我と自尊心を植え付けよう」と言ったのに対して
国家神道に因り日本人にどういった内的規範や行動様式が見られるか(変化)、そして国家
神道下において(明治以来)本来異教である民間神道が興るのを何故見逃したかを聞いているべ。

>是を詭弁という。外的な拘束によって内的な信仰に伴う信条は制限される。
それこそ詭弁(煽り文句が多くなったですね、お互い)。
例えば、刑務所の中でキリ「信仰告白」「内心」、イス「メッカへの礼拝」「断食」「内心」と
完遂出来るべ。そして共産主義者も「心」の中で何を思おうが自由である。その共産主義者達が
GHQによって釈免された時、転向者がいなかったじゃない。むしろ「シベリア抑留」において
過酷な労働において「思想変革」を迫った事が「内的拘束」に当たるべ。逆にやくざの如くムショ
出を娑婆で誇ったのだが(w 箔というか勲章なんだろうね。

664 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/11 23:48 ID:pjECdapl
ついでに思いついたので、書いておくべ。

日本において「信仰の自由」を口にする者は須らく自らの信仰と異とする信仰からの
観点で信仰の迫害と言っているべさ。このスレみんなに聞いてみるが、みんなの信仰は
なんでっしゃろ? ちなみに僕は仏教者日本派であると思っているべ。

665 :朝まで名無しさん:03/11/12 00:04 ID:bA/qpadi
しかし、明治政府は初期には本気で、神道を国家主導で布教しようとしていたぞ。


666 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/12 01:09 ID:ZUcrRy4R
はー・・取り敢えず、都知事祭が終わったらボチボチ書きますわ・・・毎日毎日祭起き杉。

667 :朝まで名無しさん:03/11/12 01:31 ID:zlo1FQPc
>>654
ひょっとして国家もその宗教のうちに入ると思ってるのかな、と。
国家と宗教についての話だと思ったから >“天皇とキリスト、どっちが偉い!?”

668 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/12 12:47 ID:ce2SIC8N
>>663 釈たん
君の発言内容は、受容者側の発想。勿論受け手である信仰受容者で有ればその姿勢に置いて
内的変節は問われないであろう事は想像に難くない。其の方法論では詭弁にしかなるまい。
私が云っている意味は、受動者の其れだ。受動者が内的信仰を危険と判断して、
外的な抑圧を強いることは間違いだと云っている。国家という個人の集積である総体に置いて、
内的な発露を伴う思想信仰に関わる行為を行うことを、禁止しているのが政教分離規定だ。
君が容認している神道的な行為を強要される事が、他の信仰を持つ者にとってどれだけ苦痛な
行為となるかについて想像力を持って理解する必要が有るだろう。
>むしろ「シベリア抑留」において 過酷な労働において「思想変革」を迫った事が
>「内的拘束」に当たるべ。
此の認識は間違い。私も以前は君と同じ認識を持っていたが、意外なことにシベリア抑留者は
主体的に共産主義に傾倒していったそうだ。天皇を頂いて戦った結果に対する疑問から、
又厳しい現実に対峙せざる得ない状況から、自分たちで抑留者向けの共産主義啓蒙新聞まで
作って次第に傾倒したという。詳細は「昭和史七つの謎」保阪正康著(講談社)参照。

669 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/12 14:25 ID:RPQa9QXZ
>>667
んー、支配者としての親政を行う天皇ってのは古代と中世の数名の天皇、明治〜昭和帝しか居なかった
わけで、天皇=国家ちうのは、日本史的発想で行くと、必然性が薄いの。

現代だけ見てりゃ、国家神道と天皇の可能性だけで天皇=旧国家で見てしまうんだが、宗教を敷衍する
為には視野を最低でも400年単位に広げないといけない。

ちなみに、現人神とされた天皇とキリストは「同格」。
三位一体説により、唯一最高神(これカルトの名残かと思うが)エホバの現世への投影体、とされるキリスト、
かたや、天照大神の子孫として、現世での天津神の力を体現する、とされた明治以降の天皇。
働きは一緒。

さて、それを数百年単位で考えて見ると、天皇にはそういった側面はあったが、実際には「お飾り」で
儀式や有職故実の敬称に長けた存在、というだけ。

宗教も世界の全てを一言で総括すれば「群盲撫象」。
大きな何かの側面を限り有る人間緒完成で切りとり、「尻尾唯一教」「ダンボ耳最高教」「長鼻至上教」なんか
同士で争ってる。
だから、どの宗教も正しい事は無いし、どの宗教も間違ってる事は無い。ただ逸脱は良くない。
これこそが、神道の奥義じゃなかろうかと。6年くらいかけて考え付いたんだけどな、これ。。

670 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/12 14:35 ID:ce2SIC8N
>>668 ちくたん
>実際には「お飾り」で 儀式や有職故実の敬称に長けた存在、というだけ。
是は戦前の反動で現在「お飾り」に修めているという認識が必要だろう。
イエスもモーゼも今の時代に存在しないが、天皇は世襲である限り存在し続ける。
宗教と国家の接点を見るとき、キリスト教と対置させると天皇の場合、
現存する「神性」が問題となるだろう。逸脱する可能性が有るのなら、
国家との接点を解消する必要性は否めない。

671 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/12 15:32 ID:RPQa9QXZ
>>670
んー・・・・そうか、キリスト教や多くの宗教がカルトから世俗宗教(ちょっと用語が変)になるに際して
切り捨てるものがある側面があるのに対して、皇家は、【全てを継承する】のか。

逸脱しないように継承する。
かつて、武家政権の時代でも徳川までは朝廷は一切の法的統制を受けてなかった。

実質的権限を有した状態での「お飾り」は徳川時代に完成したが、その反動も有った。
徳川と言う重石が消滅する時、必然的ではなかったにせよ、朝廷が台頭した。

んー・・・・回帰と言う名の「逸脱」だったのかもしれん。

672 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/12 15:45 ID:ce2SIC8N
>>171 ちくたん
禁中並公家諸法度はかなり厳しく朝廷の行動を制限したからね。
ほとんど籠絡してるようなものだった。江戸中期以降に天皇が台頭した背景には
水戸学の思想的な熟度と朝廷側の努力が有るだろうが、一番は矢張り幕府の
権威失墜が大きい。同じ体制が長く続いた訳だから、振り子が反対に振れるのは
必然といえるだろう。

673 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/12 23:52 ID:qD0C2c//
>>665 そうだべ。何故布教は相応しくないが、教化しようとしたと思う?
答えたら、こっちも対論はるべ。

築たん>>666 ぼちぼちで宜しゅう。

亀たん 週刊現代の保坂と田原の対談は読んだべ。今仕事しんどいのと民俗系に嵌って
いるのでたちまちその本は読めん、わりい。

今宵は此処までにしとう御座います。>>668は暫しお待ちあれ。

674 :朝まで名無しさん:03/11/12 23:55 ID:SqZfMDwD
>>673
天皇を神として支配する方が楽でしょ。


675 :朝まで名無しさん:03/11/13 01:08 ID:ZpIbeAHm
教化しないと統一国家として成り立たないから。

676 :朝まで名無しさん:03/11/13 01:12 ID:kwraZURt
>であれば、信教の自由を置くのであれば国教を定めるのが適当だと思う

>>630という古い発言だが,そんな馬鹿な...
人権の議論は沿革が全てじゃないんですよ。

いいとこ取りの解釈はリアルでは笑われますよ。

677 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/13 01:35 ID:WojeQU28
まーループするが、明治時代、版籍奉還させて統合国家から統一国家に舵取っちゃったから
そこが大元の原因だろうなー。

そもそも、「日本人」ちう概念そのものが明治以降のものだし。

678 :朝まで名無しさん:03/11/13 06:54 ID:0T1hrjXB
>>675
 そんなことないでしょ。単に支配者が支配しやすくするための「天皇教」でしょ。


679 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/13 11:33 ID:BpebF6Iw
>>665
明治政府は初めのうちは君主に強い権限を持たせた立憲君主制を目論んでいた。
英・独の政体を留学して見てきて辿り着いた結論が、君主の権限の強いプロシャ型。
英国の憲政論に基づく発想も当然持ち合わせていたのだが、最終的にプロシャを選んだのが
失敗の原因と云えるだろう。大正期迄は天皇機関説が学会や皇室でも支持されていた事が
其れを証明しているし、伊藤博文や井上馨の言動にも現れている。伊藤は挑戦併合には
疑問を呈していたし、井上も山県らが先導した教育勅語には反対していた。
日本が駄目になっていった経緯を見ると大きく二つの問題点が見えてくる。
1バランス重視の立憲派と天皇親政の強行派のせめぎ合いがあり、幾多の状況的変化を経て
 天皇親政派と陸軍軍部がイニシャティブを取り戦争の泥沼化にはまり込んだ。
2時節の激動に対して、裕仁氏は鈍感だった。公家的で英国王朝に傾倒していた彼は
 専制君主に傾注していった日本の君主としては頼りなく、相関的な関係性から好戦的な
 官僚と陸軍を抑えることが出来なかった。

昭和天皇の責任問題は、上記の2に相当すると思う。国体明徴運動時に彼は
「自分は美濃部は間違っていないと思う」といった内容の発言をしているが、
君主で有ればその強権を持って自説を国政に置いて表明し、自体収集に努めるべきだった。

680 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/13 19:04 ID:Yxro0ukS
>>668 亀たんお待たせ また亀レス
>君の発言内容は、受容者側の発想。
ん〜にゃ、「空」からの発想。
>想像力を持って理解する必要が有るだろう。
想像しているんだべな。ごく少数のクリスチャン的発想で例を示す。
天皇=日本では神である→YHW=天皇→YHW>人間(天皇を含む)の筈だ→天皇=汚物
彼らは此処で哲学が止まっているんだベさ。おかしい→何故だろうか、何に原因がある?
と踏み出せば、彼らの教義にも叶うんだベさ。こんな事は「イエスズ会」の宣教師でも
していた事だベさ。

>受動者が内的信仰を危険と判断して(いるのならば)、外的な抑圧を強いることは間違いだと云っている。
信仰による判断は神(教義)に委ねるものであって、受動者の主観で教義を捻じ曲げる
事は、冒涜する行為に当たるべ。即ちこれは自らを神と置いているんだベな。この行為
は契約を無視した事になり間違いに当たるべ。

>天皇を頂いて戦った結果に対する疑問から
ここ疑問だ、後付の匂いがぷんぷんするべ。逆に共産主義に傾倒しなかった抑留者達の
意見はどんなんがあるの?

681 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/13 19:41 ID:Yxro0ukS
>>674 だが江戸時代は幕府の権威は失墜していたが治まっていたじゃん。
一揆も幕藩体制を覆す為の物は皆無だべ。

>>676 笑われるのはかまわん。どうおかしいか指摘して貰えたら助かる。

>>679 1>天皇親政派と陸軍軍部
天皇親政派はどの様な国体を目指していたのだべ?2の指摘の中の天皇の指向する
方向を交えて考えてみたら自己による論理破綻しているべ。
派とは、政治に天皇による決済を求む人達
天皇親政により→昭和天皇は「立憲君主」を決済する→議会制民主主義の遂行
となる筈だ。

682 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/13 20:16 ID:BpebF6Iw
>>681 釈たん
>天皇親政により→昭和天皇は「立憲君主」を決済する→議会制民主主義の遂行
>となる筈だ。
そうならなかったのは、何より歴史が証明しているよ。

683 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/13 20:24 ID:BpebF6Iw
>>680 釈たん
>ここ疑問だ、後付の匂いがぷんぷんするべ。
そうかな?正とする理念体系から其れを邪とする理念体系へと正反対に転換する歳は
おしなべて葛藤があるもんだよ。其れは思春期に終戦を迎えた人々の発言でも
良く現れている。野坂昭如など好例だろう。

684 :YOSHIKI:03/11/13 21:17 ID:tKyZTu5L
脳から直接コンピューター操作が可能に?
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1296/sanf.html

私と語り合いたい者はこのBBSに。
t.A.T.u 応援もここに!
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=perform&vi=1046163268&rm=100

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

685 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/13 22:37 ID:Yxro0ukS
>>682 亀さんの論の破綻を歴史が証明しているんだベさ。

>>679の「天皇親政派」というのがいたと仮定したら、彼らは天皇の意向を無視する筈がなく
昭和天皇の意思は「立憲君主」であるので「立憲君主」のままであるはずだ。

>>683>其れは思春期に終戦を迎えた人々の発言でも良く現れている。野坂昭如
この例が体を為さないと思う。昭和一桁と大正生まれとではを話す内容が変わる。

>正とする理念体系から其れを邪とする理念体系へと正反対に転換する歳はおしなべて葛藤があるもんだよ。
野坂よりも亀さんの経験を聞きたい。

再提議>天皇を頂いて戦った結果に対する疑問から
この論を裏返せば彼らには天皇により敗戦を招いたという自覚が在るとなるよね。
彼らの意識に天皇を崇拝していたというのが信用できん。だから前々から書いている通り
「皇国主義」及び〜者の定義を知りたい。どんな思想、行動規範を持ち、その事でどんな
行動を起こしたかという定義です。

686 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/13 23:30 ID:BpebF6Iw
>>685 釈たん
>「天皇親政派」というのがいたと仮定したら、彼らは天皇の意向を無視する筈がなく
理屈はどの様な逃げ道も用意できる。親政派の中心的存在である陸軍は、基本的には
常に御前会議などの建前を遂行している。2.26事件で裕仁氏が激怒したという話しは
有名だが、統帥権を持つ身であるからこそ自らが指揮を執って反乱者を成敗できた。
君は仮定で有るかのような書き方をしているが、山県などに心酔した官僚が多かったのは
有名な話し。仮定でも理屈でもなく、歴史は現実として起こっている事を考えるべき。
>野坂よりも亀さんの経験を聞きたい。
幸か不幸か私は価値観が転換するほどの激動の歴史を生きていない。
高度成長期に生まれ、親元で過ごした10代に飢餓の経験もない。
>彼らの意識に天皇を崇拝していたというのが信用できん。
崇拝していたかどうかは個人差があるだろう。問題は崇拝することを強要された事。
教育勅語と其の啓蒙のため配布されたパンフレットを読めば、そうするような教育が
行われたのは疑いのない事実だろう。君は事実までは無視できまい。

687 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/13 23:48 ID:BpebF6Iw
>>686 釈たん
自分で読んだ本や諸々の知識のの集積で発言を構築しているので、そのものズバリは
なかなか提示しにくい。やや近い内容のHPが有るので読んでみて欲しい。
http://homepage2.nifty.com/kumando/mj/mj020325.html

親政派と立憲君主派のせめぎ合いの一端が垣間見えると思う。

688 :朝まで名無しさん:03/11/14 00:19 ID:hF6Yq6ST
S-RAM君に言っておくが、在日朝鮮人に天皇制を云々する資格はありません。
君は朝鮮半島に帰って、壇君の歴史でも調べていなさい。これは命令です。

689 :朝まで名無しさん:03/11/14 00:24 ID:asNIUwuO
>>688
S-RAM最近書き込んで無いみたいだが?

690 :朝まで名無しさん:03/11/14 00:24 ID:hF6Yq6ST
気の毒だとは思うが、日本のような先進国に生まれ、経済的な恩恵に
浴してきた君が、恐れ多くも昭和天皇に文句をつける、その心根が
許せません。君の先祖は強制連行でいやいや連れて来られたのですか?


691 :朝まで名無しさん:03/11/14 00:34 ID:hF6Yq6ST
>>689
そうなの?
それなら別にどうでもいいけど。

692 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/14 00:39 ID:XHbT8bRL
>>687>自分で読んだ本や諸々の知識のの集積で発言を構築している〜
同じです、お互い有耶無耶ですね。>>686親政派という言葉の問題でしょう。
>親政派の中心的存在である陸軍は、基本的には常に御前会議などの建前を遂行している。

しんせい【親政】皇帝や天皇がみずから政治を行うこと。また,その政治。 (新辞林 三省堂)

親政派とは保阪申す所の東條などの天皇に畏敬を抱いた人間を意味するんでしょう。
しかし「建前」にされては「親政」とはいえない。敬意派という言葉が相応しいでしょう。

>山県などに心酔した官僚が多かったのは有名な話
リンク先見させて頂いたが、山縣ですら「建前」として用いているでしょう。印籠の如く、
いや院宣の方が相応しいでしょう。しかもその山縣個人に心酔した官僚までも「親政派」に
含まれては・・・。何処を切り取っても、フィギアヘッドもしくは神輿に変わらない。

>崇拝していたかどうかは個人差があるだろう。問題は崇拝することを強要された事。
>教育勅語と其の啓蒙のため配布されたパンフレットを読めば、そうするような教育が
>行われたのは疑いのない事実だろう。君は事実までは無視できまい。
教育があればその人間がそうなると規定できないでしょう。僕も小中高と人権平和同和教育を
受けて来たが(割に傾いていた感がある、ちなみに小中は天皇イラネ派、高で競馬に興味を持ち
権威の意味を知った)、彼ら(県教組及び県解同)の意図する方向へは導かれなかった。
おそらく亀さんは戦中に教育を受けた者と戦前に教育を受けた者とを混同している。
しょうがないので僕から皇国主義を定義させて頂く。

「皇国主義」天皇絶対主義、思想。神武天皇から代々の天皇の御言葉に従い規範とし
言葉通りに行動を取らせる政治手法を用いる主義、思想。最高教義は古事記、日本
書紀など。この中から神学的解釈、論争を行い規律とする。(新解【釈】国語辞典)

693 :まいっちんぐマチ先生:03/11/14 00:45 ID:4lHJ7Zwt
>>688
> S-RAM君に言っておくが、在日朝鮮人に天皇制を云々する資格はありません。

あるある。おおあり。
在日はわが国土にともにすまう同胞であり、わが国におけ
るすべての権利義務の主体たるべきだ。
しかるに現状では、「外国人」であるがゆえに選挙権すら
もたない。由々しき事態であろう。
ただ「特別永住者」とはいえ「外国人」にあらゆる参政権
をあたえるのは躊躇するところだ。
やはり日本国籍を取得してもらうのが一番だろう。
かれらの国籍取得(帰化)にあたってのおおきな障害とな
るのは、まず民族教育だろう。これについての手当ては、
別に論じられるべきだろう。
ここで問いたいのは、在日の帰化にあたって天皇が障害と
なっているのではないかとゆーことだ。もしそーならば、
数十万の同胞とその隣人たるわれらのためにも、天皇制は
解消されるべきだろう。

694 :朝まで名無しさん:03/11/14 00:47 ID:asNIUwuO
>神武天皇から代々の天皇の御言葉に従い規範とし
>言葉通りに行動を取らせる政治手法を用いる主義

天皇の言葉は、その”親任を得た者”の、意見を尊重した上で発せられる。(w

695 :朝まで名無しさん:03/11/14 02:33 ID:hzI1UIc3
>ここで問いたいのは、在日の帰化にあたって天皇が障害と
>なっているのではないかとゆーことだ。

そーいう役割も期待されてるんじゃないだろうか、ね。

696 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/14 05:58 ID:/PEVNwB/
>>692 釈たん
>しかし「建前」にされては「親政」とはいえない
国体明徴運動では、はっきりと「天皇による御親政の国として」と云っている。
実態との乖離があると理解できるのは、後の人間だから出きること。当時の一般人、
ましてや情報の少ない学生や子供に対して、其の様な国家体制だと教育すれば
当然に異論を挟むとは成らないだろう。
>教育があればその人間がそうなると規定できないでしょう。
其れは戦後教育に身を置いているから云える。戦前とは情報量も違う訳で、
選択肢が多く用意されている戦後社会に生きている以上は、異論も異端も
一定の許容が許されれるという環境が用意されている。そういった時間軸で
生きている人間が特定の方針のみを善とする価値観を持つ国家に育った人々と
と同等には語れまい。其れは私も同じ。だからこそ、想像力が必要となる。
>亀さんは戦中に教育を受けた者と戦前に教育を受けた者とを混同している。
していないさ。私は国体明徴運動以前と以後の違いを把握した上で発言している。
勿論以前にも其の萌芽は有った。明治憲法を含め国家が未熟だったという事。
明治維新は清やインドが、西欧に負けた実態に対しての危機感がモチベーションに
なっている。その為に強国に成らねばと富国強兵を唱え邁進してきた。
だが第一次大戦以降の国際社会の激変に付いていけなかった。その結果が
国際的な孤立と天皇親政への方向転換という破滅の道へ突き進んでいった。

697 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/14 10:16 ID:XHbT8bRL
>>696 亀たん、「天皇親政派」というのがいるかどうかの議論じゃないの?
>実態との乖離があると理解できるのは、後の人間だから出きること。
そのネーミングは「後の人間」がしたものでしょうが、教育とか体制絡めて
しまって混同させてますよ。

698 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/14 10:44 ID:XHbT8bRL
>国体明徴運動では、はっきりと「天皇による御親政の国として」と云っている。
>其の様な国家体制だと教育すれば当然に異論を挟むとは成らないだろう。
大政翼賛会とセットでしょう、「国家社会主義」の有無を言わせず速やかなる決定を
目指す為のまさしく「建前」だ。

>其れは戦後教育に身を置いているから云える。戦前とは情報量も違う訳で、
>選択肢が多く用意されている戦後社会に生きている以上は、異論も異端も
>一定の許容が許されれるという環境が用意されている。
情報量の多さという点は当然現代が優れるが、戦前、戦中にもキリスト教各派、仏教
各派、土着及び新興神道、日蓮正宗系新興宗教、そして自由主義者、共産主義者、
アナーキスト、国家社会主義者と様々な価値、智慧を持った人間が存在している。
異論も異端もあったんだべ。
やはり亀さんの「皇国主義」&「国家神道」及び=者の定義がいるんとちゃうかな。

699 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/14 10:54 ID:XHbT8bRL
>していないさ。
だが、国体明徴運動を子供として受けた者と大人として受けた者、
ごっちゃにしているべ。

>明治憲法を含め国家が未熟だったという事。
時代的限界で語れば、日本は世界に先駆けて普通選挙制を布いたが。

>国際的な孤立と天皇親政への方向転換という破滅の道へ突き進んでいった。
どうしても破滅=敗戦と天皇を絡めたいのでしょうが、天皇親政=建前で、
内実「国家社会主義、体制翼賛体制」じゃない。

700 :横レス野郎:03/11/14 16:19 ID:asNIUwuO
>>699
>どうしても破滅=敗戦と天皇を絡めたいのでしょうが、天皇親政=建前で、
>内実「国家社会主義、体制翼賛体制」じゃない

そら、そうでしょう。国家社会主義者や軍部が現実の天皇に対しては、殆ど軽視する
傾向であったにせよ、その地位は大いに利用された。
国体論っつーのは、「絶対主義」「国家主義」に他ならず、その根拠には”神勅の統治者”
たる天皇の存在に他ならない。
本来、不平等条約を改正する上で行う「欧化」の歯止め。
専制批判をかわしつつ、藩閥政府の後ろ盾を作る屁理屈。
程度だったもんが、結局は暴走してしまう。


701 :朝まで名無しさん:03/11/14 16:48 ID:dsbYWY3G
>>700
要約すると、「天皇はいるだけで罪」ってことですか?

702 :S−RAM:03/11/14 18:37 ID:MLCjHpJP
>>688
良くわからんが、オマイが私に命令できる権限があると、妄想した理由を是非お聞かせ
下さい。

703 :S−RAM:03/11/14 18:39 ID:MLCjHpJP
>>693
あのう〜、私は在日でも元在日でも、先祖に在日が居たわけでも無いのでつ、が....

704 :S−RAM:03/11/14 18:42 ID:MLCjHpJP
>>701
日本に危機に陥る時、利用されちゃう危険性はあるわな。
本人達が馬鹿であろうが、利口であろうが、どっちにしろ血筋だけの人にそんな
重圧は可哀想でもあり、かつそんな期待は持つべきものでもないのだが....

浮かれた、尊皇君にはそんな単純なことすらわかんないのよね。

705 :朝まで名無しさん:03/11/14 20:09 ID:d79obi96
未だに、天皇崇拝の国にできる馬鹿がいるのか?



706 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/14 21:45 ID:XHbT8bRL
横たん
>「欧化」の歯止め。
ここのみ同意だべ。

そら、そうでしょう。幕府や各藩藩主が現実の天皇に対しては、殆ど軽視する
傾向であったにせよ、その地位は大いに利用された。
征夷大将軍っつーのは、「尊皇主義」「絶対主義」に他ならず、その根拠には”官職の任命者”
たる天皇の存在に他ならない。
本来、日本統一をはかる上で行った「蝦夷」の歯止め。
専制批判をかわしつつ、正統性という後ろ盾を作る屁理屈。
程度だったもんが、結局は崩壊してしまう。

と、変えてみた。うまく作れんかったべが。
要旨は、どの時代を見ても天皇の絡まんかった政権など有り得ないという事だ。
日本やめよーか?

707 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/14 21:56 ID:XHbT8bRL
>>679の亀たん、信教の自由も反論して丁髷

>君の発言内容は、受容者側の発想。
ん〜にゃ、「空」からの発想。
>想像力を持って理解する必要が有るだろう。
想像しているんだべな。ごく少数のクリスチャン的発想で例を示す。
天皇=日本では神である→YHW=天皇→YHW>人間(天皇を含む)の筈だ→天皇=汚物
彼らは此処で哲学が止まっているんだベさ。おかしい→何故だろうか、何に原因がある?
と踏み出せば、彼らの教義にも叶うんだベさ。こんな事は「イエスズ会」の宣教師でも
していた事だベさ。>>680

>受動者が内的信仰を危険と判断して(いるのならば)、外的な抑圧を強いることは間違いだと云っている。
信仰による判断は神(教義)に委ねるものであって、受動者の主観で教義を捻じ曲げる
事は、冒涜する行為に当たるべ。即ちこれは自らを神と置いているんだベな。この行為
は契約を無視した事になり間違いに当たるべ。>>680

宜しゅう。

708 :S−RAM:03/11/14 21:59 ID:MLCjHpJP
>本来、日本統一をはかる上で行った「蝦夷」の歯止め。
東北地方の平定は時代の流れであったろう。

天皇家がそうであろうと、違った「天皇家」であろうと行われたであろう。
北海道の平定はもちろん、天皇政権とは関係なく行われた。

709 :朝まで名無しさん:03/11/14 22:34 ID:xz0mtaFa
>>681
遅レスですまん。

>国家の倫理概念上(外的拘束)キリスト教を置いて(国教)、その対として
信教の自由を生み出した。
>であれば、信教の自由を置くのであれば国教を定めるのが
適当だと思う。

現在の日本では制度として政教分離原則を採用しています。
これは個人の信教の自由を担保する意義を有しています。
また価値相対主義を前提とする民主制の日本では絶対的価値観を前提とする宗教という価値を国教として保護することは
統治体制とも衝突します。

沿革のみから信教の自由と国教制度を論じるには議論として遅きに失するのです。

>私は「国教」も「信教の自由」もいらないという立場
とあるでのあまり以上の話はあまり意味がないでしょうが、
「元々」「本来」という言葉は魅力的ですが理由付としては短絡的すぎる場合が多いという例えとして使いました。

結果として揚足をとったようでごめんなさい。

710 :朝まで名無しさん:03/11/14 22:38 ID:n0s39DKD
今の両陛下やナルちゃん達は嫌いじゃないが、昭和天皇はマジ重罪だ。

711 :朝まで名無しさん:03/11/14 23:04 ID:hzI1UIc3
式典に宗教儀式としての名残を留めるが、実質は国家の政治的儀式であって特定宗教ではなく
国費で式典がまかなわれても国民の信教の自由を侵しているとはいえない。


712 :横レス野郎:03/11/15 00:33 ID:8yYsrauV
>>706
国民国家とか立憲主義という概念の無い時代と
それを目指した時代とを比較しても仕方無いですよ。
少なくとも明治以後は日本はそれを目指し、最終的に失敗したのではないか?
という事が、今のテーマではないのですか?

>専制批判をかわしつつ、藩閥政府の後ろ盾を作る屁理屈。
此処もほぼ事実を指摘したつもりだったんですが、どうして合意出来ないんですか?
帝国憲法が成立した当初は、議院内閣制は違憲であるというのが藩閥側の姿勢だし。
これによって、英国流政体を要求する勢力を抑える意図があったはずです。

明治以後の天皇の位置づけを、単純にいえば
「国民を思いやる義務を負う絶対君主」(笑
てな、近代国家とは思えない、大変メルヘンチックな存在であると思われるが
こういうメルヘンチックなもんを設定している段階で、国家権力を危険視する
発想で、これを制御しようとすることで成立する立憲主義とは相容れない存在
だと思うなあ。
実際、いろんな意味で、「大変便利な政治上の道具」として活用されたわけだし。

>どの時代を見ても天皇の絡まんかった政権など有り得ないという事だ。
>日本やめよーか?
貴方ともあろう人が、殆ど伝統主義者の言い分でありますな。(笑
確かにそういう言い方もできますが、「何故天皇が絡むことが必要なのか」の
説明とそれに対する評価が為されて居ないように思われる。
私は、こういう言い分は馬鹿らしいと思う方なんで、天皇が居なくても
日本は日本だと思いますよ。国民がそういう意識を持ち、そう名乗る以上は。

713 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/15 00:50 ID:Fwkfv/mr
>>697 釈たん
>そのネーミングは「後の人間」がしたものでしょうが、
だから、教育勅語の啓蒙パンフレットに「親政による」と書いてあると前レスで
示しているはず。第一に私はネーミングなんてどうでも良い。内実が重要だから。
>教育とか体制絡めて しまって混同させてますよ。
国の有るべき姿を映しだしているのが教育だろう。不可分なものだと思うが。

>大政翼賛会とセットでしょう、「国家社会主義」の有無を言わせず速やかなる決定を
>目指す為のまさしく「建前」だ。
其のソースなり根拠を示さないことには議論は成り立たない。

714 :朝まで名無しさん:03/11/15 07:59 ID:Os6puNd0
昭和天皇は、日本国民に塗炭の苦しみを与えた罪として、最悪天皇として記憶すべき。


715 :朝まで名無しさん:03/11/15 16:30 ID:0+KFVsi0
日本の伝統が破壊されたのは、アメリカの「押し付け憲法」のせいではなく、昭和天皇のせいだな。
こいつのおかげで、日本という国に対して誇りが持てなくなった。
日本人の精神的堕落の「元凶」であろう。


716 :朝まで名無しさん:03/11/15 16:52 ID:A5LM+Lin
明治天皇は立憲君主のなんたるかを示した世界で最も模範的なエンペラーだと思うよ。
昭和天皇は小者かつ無責任で世界屈指の失地王。

717 :朝まで名無しさん:03/11/15 16:53 ID:7nTLa0ci
226事件の時は「民主主義的」な昭和天皇を降ろして
もっと「国家主義的」な皇族の誰かを立てようとする計画があったらしい。

718 :???:03/11/15 18:21 ID:QnVHU5OU
廃止派っていつ見ても笑える論理展開をしているね。古来の日本の伝統に
基づいていないとかさあ。彼らの論理を追うと、竪穴式住居に住まなければ
伝統が貫徹できないんだろうか。(w
伝統が重層的であるのは外国でも常識なんだけどねえ。

利用されたとかって言うのも変。民主主義が独裁者に利用されたから、民主
主義をやめるのだろうか。そういうことを言い出さないところに噴飯物の
論理があるね。

要するに、自分の生活苦によるストレス解消の手段に廃止論をぶち上げて
いるだけだね。どこの政党も選挙の争点にしていないのにね。(w




719 :???:03/11/15 18:25 ID:QnVHU5OU
他者のせいにして誇りが持てないって人は、自立とはほど遠いね。(w
廃止派が自立していないことを物語っている。
擁護派程自立している存在はないことの証だろう。(w



720 :朝まで名無しさん:03/11/15 18:59 ID:A5LM+Lin
ここにいるのは天皇廃止論者とは限らない。
天皇制支持者でも昭和天皇だけは許せないという人の方が多い。

721 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/15 19:59 ID:qfYr1arY
>>709 よく分った、有難う。もともと日本は「価値相対」社会であるが、わざわざ
法により定めるその趣旨が好かんのんだべ。現憲法以下六法及び諸法がキリスト教的
法体系及び倫理である以上、内実の国教は「キリスト教」であるかもしれんね。

722 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/15 19:59 ID:qfYr1arY
>>712 横たん
>貴方ともあろう人が、殆ど伝統主義者の言い分でありますな。
「天皇」が絡んだ「歴史的事象、人物」を擁護しているんだが。文脈的に誤解を
与えるわな、すまん。

「馬鹿と刃物は使いよう」
つまり天皇皇室とは「刃物」であると言う事だ。それは、糸の解れを切ったり野菜を
切り、物を加工したり、我々に豊かな食を与える「刃物」である。しかしネオ麦茶の
如くそれは人々に向けられれば「凶器」と化すのである。しかし使い方さえ誤らなかっ
たら、「道具」として我々に多大な恵みを与えてくれる。使い方次第であろう。
切れ味の鈍った「刃物」は得てして使いにくい。いらぬ力を使い思わぬ怪我をする事が
ある。であれば、研ぐ事により切れ味を増す事が肝要ではなかろうか。奥にしまい込ん
でおくより「道具」は使う事により生きる、活かされる。
これは天皇に限らず「万人」「万物」についても同じ事である。

彼岸の方へ追伸、「道具」扱いしたと喚き散らさぬように

723 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/15 20:00 ID:qfYr1arY
>>713 亀たん
>だから、教育勅語の啓蒙パンフレットに「親政による」と書いてあると前レスで
>示しているはず。第一に私はネーミングなんてどうでも良い。内実が重要だから。
>国の有るべき姿を映しだしているのが教育だろう。不可分なものだと思うが。
資料絶対主義だろう。「教育勅語」の適用範囲が誰であるか考えれば、>>699の「国体明徴
運動を子供として受けた者と大人として受けた者、ごっちゃにしているべ。」と言わざるを
得なくなる。

>第一に私はネーミングなんてどうでも良い。内実が重要だから。
「仮定でも理屈でもなく、歴史は現実として起こっている事を考えるべき>>686。」
これと上記をお返しします。

>>「国家社会主義」の有無を言わせず速やかなる決定を>目指す為のまさしく「建前」だ。
>其のソースなり根拠を示さないことには議論は成り立たない。
美濃部の「天皇機関説」は「政党政治」に正統性を付与していた。

724 :朝まで名無しさん:03/11/15 20:16 ID:3sBOUFu3
しかし、これだけ不人気な昭和天皇のために「昭和の日」などをつくろうという香具師の考えは理解できん。


725 :朝まで名無しさん:03/11/15 20:54 ID:4uy5DCXR
>>724
明治帝のイメージを重ねたいんでしょ、賛同者は。
大正天皇の事は俎上にも上がらないのがその証左。

726 :朝まで名無しさん:03/11/15 21:13 ID:DiCL000R
>>724
昭和天皇は人気あるみたい。年配の人の話を聞くと。

727 :朝まで名無しさん:03/11/16 07:01 ID:UwbCFn2O
ボクも人気がほしいよう

728 :朝まで名無しさん:03/11/16 11:13 ID:RsKUIied
明治帝と昭和帝では、天地の差があるが…。


729 :朝まで名無しさん:03/11/16 12:19 ID:BiX8Hyt/
昭和天皇は言語不明瞭、いつも口をもぐもぐさせていた。
頭が不自由だったのかもしれない。

730 :朝まで名無しさん:03/11/16 13:31 ID:zQiP6N6k
>>718
古代中国文明の影響を排除すれば、竪穴式住居に戻らねばならないくなるのは本当のこと。
そして、古代中国の影響を排除すれば天皇も現在の天皇とはかけ離れるってことだよ。

わかるか?
天皇制こそ、日本の中国化を担った立役者であったわけだよ。

731 :朝まで名無しさん:03/11/16 13:44 ID:zQiP6N6k
>>728
さすがに、明治帝を知っている人は2ちゃんには居ないだろう。

732 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/16 14:40 ID:86ch1owf
>>717
最終的には「陛下は分かってくれるはず」って言ってたね・・・別の誰か、って
維新後奥羽越列藩同盟が「東日本政府の首長に担ぎ出した法親王」と混同して無いかい?

>>731
うちのばあちゃん(93)ですら明治の最後の年の生まれだからな・・・110歳位で無い限りは
明治帝の思い出なんて無いと思うぞ・・・

733 :YOSHIKI:03/11/16 15:44 ID:lyOuOBLV
t.A.T.uは音楽的には一流。
少なくとも国内のアーティストではそれ以上の実力者はいないよ。
そんな事もわからずに煽ってるだけのキチガイどもは同じ日本人として恥ずかしい。
良いものは良いと認めなきゃ駄目だよ。

脳から直接コンピューター操作が可能に?
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1296/sanf.html

私と語り合いたい者はこのBBSに。
t.A.T.u 応援もここに!
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=perform&vi=1046163268&rm=100

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

734 :朝まで名無しさん:03/11/16 16:11 ID:cUJZYW0v
http://thebbs.jp/adult/1068895155.html

???のおっさん、よそで荒らして顰蹙を買ってるらしいな。
皇国主義者の本質なんて所詮こんなもんだよ(w

735 :朝まで名無しさん:03/11/16 17:10 ID:KwCxOfoh
1945/6/13
    ||
  ヽ=-=/
  ( / ⌒ヽ  ← 海軍太田少将沖縄司令官
   | |   |
   ∪ / ノ  「沖縄県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ・・・」
    | ||
    ∪∪

1947/9/22
       ○-○
       ( π ) <「米国が沖縄その他の琉球諸島の軍事占領を
     ⊂ :つ    続けるよう希望している」(沖縄メッセージ)
      (  ノ
      ι\)   ← ごぞんじ裕仁

  ∧_∧ ドカッ <駐留米軍に「御高配」してどないすんねん!
 (#・∀・)つ  ,,..、、,,. ○-○ アッソ!!
 と     ̄⌒)※ (; π)⊃
  (  ( ̄ ̄W (/"''"(/  ノノ
  (__)   ノノノ



736 :朝まで名無しさん:03/11/16 17:39 ID:nZO1Z+/+
日本の皇室は立派な人が多いと思うがなあ。

737 :朝まで名無しさん:03/11/16 17:58 ID:FMbe8ot1
>>734
くだらねー

738 :朝まで名無しさん:03/11/16 18:28 ID:lyOuOBLV
★YOSHIKI様、宇宙から2chにご帰還!★

http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1068967945/l50

,

739 :S−RAM:03/11/16 20:24 ID:VHdOcOzg
>>736
なら、その立派な人の人権を回復せねばならない。

740 :???:03/11/16 20:48 ID:fjvBH6sm
確かにくだらないな。本人でもないのに捏造か。あきれた。
皇国主義者って意味不明な言葉にこだわる奴の本質が見えたぜ。(w



741 :朝まで名無しさん:03/11/16 21:41 ID:cUJZYW0v
おっ、荒らしのおっさん登場だな。
こっちのスレも「キョウサンシュギハンタイ」と意味もなくあらすかね。(w

742 ::03/11/16 21:57 ID:u4atFMxY
天皇家は近親相姦家系であたまパラパッパーばかりニダ!
したがって精神鑑定の結果、責任能力なし。
ガイキチは君臨すれども統治せず。

743 :朝まで名無しさん:03/11/16 23:07 ID:/W4b22uS
>>735
結局、天皇は国民すべての父だとか言ってもやることは、えげつない罠。
ただの保身に走った醜い権力者そのものだね。



744 :朝まで名無しさん:03/11/16 23:30 ID:VDj2edxa
「昭和天皇」(原題Hirohito)が、海外での
常識になってしまったらしい。
「レイプ・オブ・ナンキン」もそうだ。
その状況をどうすればいい?いくら日本人が
国内でその本のそこがおかしいとかほざいても、
何の力にもならないぞ。

745 :朝まで名無しさん:03/11/17 06:48 ID:dT3Px92R
「昭和天皇」に書いてあることは、ほぼ事実。
いくら日本のウヨ学者が、否定工作をしても、海外では全く受けない。
おとなしく昭和天皇はDQNと認めざるを得ない。


746 :朝まで名無しさん:03/11/17 07:15 ID:6UFZto4f
所詮、サヨってがむばっても早稲田止まりでしょ?

旧帝大にも入れないDQNの言うことなんかねぇ。。

747 :朝まで名無しさん:03/11/17 07:51 ID:MdF+wUp7

所詮、コヴァってがむばっても国内止まりでしょ?

海外では一切発言できないDQNの言うことなんかねぇ。。


748 :(…〆…):03/11/17 08:07 ID:9W0UWfbk

所詮ヒキオタってがむばっても部屋内止まりでしょ

お家の外にも出れないDQNが何言ってもねぇ。。

749 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/17 09:30 ID:UUNYlsoH
>>723 釈たん
>「国体明徴運動を子供として受けた者と大人として受けた者、ごっちゃにしているべ。」と言わざるを 得なくなる。
私が問題にしているのは受けた者ではなく、発信する側の思想性向について。
是は大人も子供も関係有るまい。受け手による認識の差違は当然あるだろうが
発信する側が「天皇の親政」を国民(臣民)へ向けて認知強化したことに違いはない。

>美濃部の「天皇機関説」は「政党政治」に正統性を付与していた。
もっと分かり易く云って欲しい。
・「国家社会主義」は誰が目指したのか?
・其れはどの様な思想に基づくものなのか?
君のレスから読み解くのは困難。
因みに美濃部の機関説は主権者は国家、立憲君主制による政党政治、天皇の存在は
其の国家機関の「君主」として位置するというのが、大まかな私の理解だが。

750 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/17 10:57 ID:9J2Vx6Tw
>>744
アイリスチャンの著作の信頼性はうせたというのが見解として確立されたので無問題

751 :朝まで名無しさん:03/11/17 11:36 ID:F++l8JAZ
日本が自衛隊をイラクに派遣したら、アルカイーダが皇居を攻撃してくれるってさ。
わくわくしてきたね。(w

752 :朝まで名無しさん:03/11/17 19:41 ID:yViUC/Ud
 今の逆ギレ政権なら、「治安維持法」を復活させそうだな。



753 :朝まで名無しさん:03/11/17 19:47 ID:yViUC/Ud
「昭和天皇の正体」
1945/6/13
    ||
  ヽ=-=/
  ( / ⌒ヽ  ← 海軍太田少将沖縄司令官
   | |   |
   ∪ / ノ  「沖縄県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ・・・」
    | ||
    ∪∪

1947/9/22
       ○-○
       ( π ) <「米国が沖縄その他の琉球諸島の軍事占領を
     ⊂ :つ    続けるよう希望している」(沖縄メッセージ)
      (  ノ
      ι\)   ← ごぞんじ裕仁

  ∧_∧ ドカッ <駐留米軍に「御高配」してどないすんねん!
 (#・∀・)つ  ,,..、、,,. ○-○ アッソ!!
 と     ̄⌒)※ (; π)⊃
  (  ( ̄ ̄W (/"''"(/  ノノ
  (__)   ノノノ



754 :朝まで名無しさん:03/11/17 21:21 ID:3F+2D+KG
醜い権力者そのものだね。
じょんいると一緒だよ(w



755 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/17 23:36 ID:B7T7O0UF
>発信する側の思想性向について。
ずっとそれを聞いているのですが。「皇国主義」&「国家神道」&「天皇親政」の
定義です。「皇国主義」「天皇親政」の定義は既に僕から提示したが、この定義その
物に反論がまだないです。

・「国家社会主義」は誰が目指したのか?
ほとんどの国会議員、貴族議員、軍人、だべ。
・其れはどの様な思想に基づくものなのか?
独逸 第一次大戦でズタズタ→世界大恐慌→ナチス(国家社会主義)党の躍進
→ナチスの社会政策によりドイツが世界に先駆けて復興
日本人はよく世界に真似る。混迷の時代であった当時の日本が世界趨勢を鑑みドイツに
範を採る心境は、今日の事象(海外ブランド信仰、外国の経済モデルの導入)を見ても
明らかに分る事と思ったのですが。日本人の「海外信仰」「舶来信仰」です。

756 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/17 23:44 ID:B7T7O0UF
美濃部の「天皇機関説」
僕もほぼ同じ解釈です。
ちゃんと「立憲君主制による政党政治」と書いておられるではないですか。
同じ事です。

757 :朝まで名無しさん:03/11/18 03:45 ID:y/gcP6Dw
ちむぽ

758 :朝まで名無しさん:03/11/18 07:01 ID:p9nXY1/y
>>756
実際は「偉大な大元帥さま」という専制君主だった。


759 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/18 08:50 ID:Nzyk/Piy
>>755 釈たん
天皇親政=天皇がみずから政治を行うこと。また、その政治。
文字通り。
1939から1939まで首相を務めた平沼騏一郎は天皇親政論者と云われている。
元老であった西園寺は平沼の首相指名に対しては余り賛成をしておらず、其の理由として
・平沼が右翼団体・国本社の総帥であること。
・天皇機関説問題の時、平沼が背後にあって策動した疑いが強いこと。
・天皇親政論者であること
・親英米的な外交ができる人物でないことなど
を理由に不適当と発言している。
岡田俊介首相が発した「国体明徴運動」については、当時多くの政治家や学者の
支持を受けていた「天皇機関説」を天皇親政を主張する軍部や右翼から攻撃を受け、
岡田内閣もこれに屈したとするのが歴史的事実。天皇親政を後の論者が言い出したとする
君の説は初耳だが。(当時から「親政」という表現を使われていた論証として、
教育勅語の啓蒙パンフレットを何度も例示している)
君の「国家社会主義」という理解だが、その説明では全く分からない。
ナチスは確かに結党当時社会主義を掲げて議会での議席をのばしたが、
後に回避しているはず。厳密な形而上的思想はなく、実相は衆愚におもねた
ファシズムであろう。因みにナチスとは和訳すれば国家社会主義ドイツ労働者党となる。

760 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/18 08:56 ID:Nzyk/Piy
釈たん
ちょっと思い当たる事があり、思い出したが君が云っているのはひょっとして
北一輝の「国家社会主義」の事かな?もしそうだとすれば、その認識は間違い。
彼の思想は当時の政治・軍部の中枢からは邪説として捉えられており、マジョリティーは
得られていない。丸山真男云うところの「超国家主義」という理解が最適だろうと思う。

761 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/18 16:12 ID:IREJ2rtK
>>752
治安維持法は普通選挙法とセットだったから、同時にどんなアメがもらえるのかねぇ・・・・

さて、国民の選出責任だが、太平洋戦争に関しては国民に責任がないことは明白。

では日中戦争への国民の選出責任はあるのか否か、っちゅうのが問題やね。

762 :朝まで名無しさん:03/11/18 19:46 ID:+opi9xMT
最悪の売国奴は、こいつだ!!
1945/6/13
    ||
  ヽ=-=/
  ( / ⌒ヽ  ← 海軍太田少将沖縄司令官
   | |   |
   ∪ / ノ  「沖縄県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ・・・」
    | ||
    ∪∪

1947/9/22
       ○-○
       ( π ) <「米国が沖縄その他の琉球諸島の軍事占領を
     ⊂ :つ    続けるよう希望している」(沖縄メッセージ)
      (  ノ
      ι\)   ← ごぞんじ裕仁

  ∧_∧ ドカッ <駐留米軍に「御高配」してどないすんねん!
 (#・∀・)つ  ,,..、、,,. ○-○ アッソ!!
 と     ̄⌒)※ (; π)⊃
  (  ( ̄ ̄W (/"''"(/  ノノ
  (__)   ノノノ



763 :朝まで名無しさん:03/11/18 22:51 ID:b23DhWAg
国民の責任を問うより、先に昭和のテンコロの戦争責任を問うべきだね。
  

764 :???:03/11/18 23:04 ID:EaWZilW3
患者って死ぬまで同じことを繰り返すんだね。(w



765 :朝まで名無しさん:03/11/18 23:11 ID:y/gcP6Dw
うんこのにほひ

766 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/18 23:28 ID:IREJ2rtK
何度目のループ?
ガンパレじゃないんだぞ・・・別に良いけど、俺の知る限り、これで7回目くらいのループだよな・・・
居ない間に更にあっただろうし・・・

767 :朝まで名無しさん:03/11/18 23:36 ID:TT9ecTsn
ただの荒らしだわな

768 :朝まで名無しさん:03/11/18 23:53 ID:ZK9KtLAG
皇統の存続という条件と引き替えに、昭和天皇自らはは責任を取って死ぬべきであった。
跡目を皇太子に継がせれば良いだけなのだから、天皇制は維持できる。
やはり命が惜しくて責任を取らなかったという他無い。

769 :てんころマンセー:03/11/19 06:32 ID:vMY/icL4
クズだクズ!!


770 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/19 06:38 ID:OLG06pDP
やはり一世一元の原則が足を引っ張ったんやろうねえ。

やっぱ国作る時は終わらせ方も決めておくべきやわ。

>>769
国 国酢(国編に酢)でクズっていう異民族が飛鳥時代くらいまでは居たらしいよ。
奈良時代の貴族の日記に形骸化した「クズ」が演奏する「クズ奏」っていう儀式についての記述が
あるよ。

クズ(葛)っちゅう言葉は意味は違うけど安倍清明の母親の名にも有るから800〜1400年近い歴史があるんだねぇ・・・

771 :朝まで名無しさん:03/11/19 18:52 ID:KZn1OU7T
じゃ革命ってことですか?


772 : :03/11/19 21:05 ID:be45VK2J
>>768
極めてガイシュツだろうが、マッカーサーの自伝では
先帝ての会見で、先帝の言動を褒め立てている。
これは、貴兄の意見と一致しないと思うが。
小生の知りうる限りにおいて、先帝とマッカーサー会見録は
ほかにないと思うが、貴兄がその結論に行った経緯を
貴兄の予断ではない、意見をご教授いただきたい。


773 :朝まで名無しさん:03/11/19 21:28 ID:m202+f7s
昭和天皇自身はこう言っている。
(抜粋)
(前略)
『もし退位した場合はどうであろう。
何故退位したかと問われるであろうし、混乱も起るであろう。
又靖国神社の宮司にまつりあげて何かしようとしている人々もあるとの噂もあり、
又摂政になると予期して、戦時中の役目から追放になる身でありながら動きを見せた皇族もあるから、退位はなさらない方が
よいと言ってくれたのは松平慶民(注・敗戦直後の宮内大臣)であった。

木戸(注・幸一)内大臣が終戦前に将来退位問題が起るであろうと言ってくれた時、反対はしなかったが、その時とその後では事情が違う。
退位すると言ったことはない。』
(後略)
出典:稲田周一侍従長が昭和天皇から聞いた内容を、徳川義寛侍従が記録した日記。
「退位問題について・・昭和45年4月24日に稲田侍従長が承った要旨による」

敗戦までは昭和天皇も退位は止むを得ないと思っていたが、敗戦後、その考えを改めたと思われる。

ちなみに同資料によれば退位しない理由として上記の他、

『その他、東京裁判の頃にマッカーサー元帥から退位はなさらないでしょうねと聞いて来た時、三谷(注・隆信侍従長)、田島(注・道治宮内府長官)と相談して、退位しないと答えさせたことがある。
今、退位すると言っては信義にもとることになる。
以上二つの理由から退位しない方がよいと思っている。』

とも言っている。
昭和天皇本人が退位論を退けた理由はマ元帥が昭和天皇の地位を約束した事が大きな後ろ盾になったのは間違いないのではないか。

774 :朝まで名無しさん:03/11/19 22:48 ID:fKtZfDWe
天皇「私は、日本国民が戦争を闘うために行った全てのことに対して全責任を負う者として、あなたに会いに来ました。」この勇気ある態度は私の魂までも震わせた。と後にマッカーサーは回顧録に執筆している。

     「國破れてマッカーサー」西鋭夫氏


775 :朝まで名無しさん:03/11/19 22:50 ID:fKtZfDWe
マッカーサーは、日本に上陸して僅か5ヶ月後、日本国民の日常生活の中で、その精神文化の中で、天皇がいかに
重要な存在であるかを完全に把握していた。天皇を死刑にすれば、日本は崩壊し、マッカーサーの統治は不可能と
なる。天皇は生かしておかなければならなかった。

昭和21年(1946年)1月25日、マッカーサーは陸軍省宛に極秘電報を打った。この電報が天皇の命を救う。
「天皇を告発すれば、日本国民の間に想像もつかないほどの動揺が引き起こされるだろう。その結果もたらされる
事態を鎮めるのは不可能である。天皇を葬れば、日本国家は分解する。連合国が天皇を裁判にかければ、日本
国民の憎悪と憤激は、間違いなく未来永劫に続くであろう。復讐の為の復讐は、天皇を裁判にかけることで誘発され、
もしそのような事態になれば、その悪循環は何世紀にもわたって途切れることなく続く恐れがある。政府の諸機構は
崩壊し、文化活動は停止し、混沌無秩序はさらに悪化し、山岳地域や地方でゲリラ戦が発生する。私の考えるところ、
近代的な民主主義を導入するという希望は悉く消え去り、引き裂かれた国民の中から共産主義路線に沿った強固な
政府が生まれるだろう。そのような事態が勃発した場合、最低百万人の軍隊が必要であり、軍隊は永久的に駐留し
続けなければならない。さらに行政を遂行するためには、公務員を日本に送り込まなければならない。その人員だけ
でも数十万人にのぼることだろう。天皇が戦犯として裁かれるかどうかは、極めて高度の政策決定に属し、私が勧告
することは適切ではないと思う」 「國破れてマッカーサー」西鋭夫氏

なんという脅しであろうか。戦後50年を経て、この平和な日本では想像出来ない世界である。マッカーサーが
恐れたものは、日本人の魂と共産主義だったのか。

この電報を受け取った陸軍省は、すぐさま国務省との会議を持ち、国務省と陸軍省は天皇には手をつけないで
おくことに合意した。「國破れてマッカーサー」西鋭夫氏




776 :朝まで名無しさん:03/11/20 06:56 ID:1jbgGOkl
昭和天皇よりも、マッカーサーの方が偉いね。
マッカーサーに日本の大統領になってもらったほうがいいよ。


777 :朝まで名無しさん:03/11/20 07:01 ID:KjNzcStd
いよっ
大統領

778 :朝まで名無しさん:03/11/20 07:19 ID:/9VpxVSh
King Hirohito should be executed for murdering many Japanese people!!

779 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/20 09:42 ID:ZMaR20TH
>>772
史学的に言うと、「傍証にはなりうるが、他の記述で政治的配慮が見られる為に史料としての価値は
疑問視されてる」っちゅうのがアンチ派の意見だったわな。

>>776
もう死んでるし、フィリピンでも同じようなこといわれてフィリピン軍元帥だったし。
ちなみに、もしもマックァーサー将軍が敗軍の将となり日本軍に捕縛されていた場合、
米軍制服及びフィリピン軍元帥の制帽着用という、戦時国際法かジュネーブ条約の捕虜の服務規定
か何かに違反しており、フィリピン軍元帥やアメリカ陸軍大将(日本進駐前くらいに元帥位大将になったと
記憶してるが)としての待遇ではなく一兵卒捕虜としての扱いになったと思われ。

俺達は当時の新聞が当初「余」とか「朕」とかって使って持ち上げたマックァーサーの功績と虚像に惑わされ
ているが、実務家として結構問題のある人物だった。

だから、史学的には1割くらい割り引いて考えるのが妥当だと思ふ。

780 :朝まで名無しさん:03/11/20 15:27 ID:Aj9Tbs5i
口ではカッコイイ事言ってるけど、何一つ行動で示さなかった売国奴だな。


781 :糞スレ撲滅委員会:03/11/20 15:35 ID:xk6G0s+U
>>1は、密入国した寄生虫の超賎人。ゲラゲラ




削除依頼出せよ、反日糞サヨ。

782 :糞スレ撲滅委員会:03/11/20 15:37 ID:xk6G0s+U
>>776  (・∀・)ニヤニヤ



CIA???KCIA????

783 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/20 21:26 ID:sHILzOKM
マッカーサーは権力志向が強く、朝鮮戦争でも原爆投下を主張して退けられている。
日本を思いのままに出来た占領軍時代に激しい勘違いをきたしてるという指摘もある。
アイゼンハワーとの軍人の権力抗争にも敗れ「ただ消え去るのみ」という言葉を残した。
ただ、彼は日本国憲法制定時、そのうち日本人が自分達に合うよう改正をするだろうと
云っている。彼もまさか是ほど永く修正条項もなく日本人が憲法を守り続けるとは
思わなかっただろう。多分、今生きていてドイタカコを見たらさぞ驚くだろう。

784 :朝まで名無しさん:03/11/20 22:25 ID:Pv5MTXg0
それでも、「あっ、そう」くらいしか名言の無いヒロヒトラーよりは、マッカーサーの方が、日本人にとっては記憶に残る人だね。


785 :朝まで名無しさん:03/11/20 23:49 ID:KjNzcStd
記憶にございません

786 :朝まで名無しさん:03/11/21 00:15 ID:MytlxSO5
>>776
マッカーサーは任命権者たる、天皇の信任を得て、占領期間中、日本の王になったのだよ。(大笑


787 :S−RAM:03/11/21 00:22 ID:LPrYrUAU
>>778
もう死んじゃったって。

788 :???:03/11/21 00:22 ID:eu9TEtwg
生活苦と限りない嫉妬が反日、反皇室の原動力だろうね。自業自得でも。(w



789 :S−RAM:03/11/21 00:23 ID:LPrYrUAU
>>786
悪りーとは思うけど...ソリ反対でしょ、実際のところ。

790 :S−RAM:03/11/21 00:25 ID:LPrYrUAU
>>788
街頭宣伝車右翼にも生活苦を感じちゃう私って....うーん、銀行の経営統合に困っちゃってるのだけど...

791 :S−RAM :03/11/21 00:39 ID:pzaNhCGt
>>1
早く自分のお国に帰りなさい。


792 :S−RAM:03/11/21 00:56 ID:+3xxOxI4
>>791
偽者....まったく。

偽者が出るほど、オリは人気なんかねーハズなんだけどねえ、まったく。

793 :朝まで名無しさん:03/11/21 00:57 ID:ieqHxYeJ
>>791-792
ジサクジエーンでした

794 :S−RAM:03/11/21 01:01 ID:+3xxOxI4
>>793
あなたは、そう信じたいわけね。

795 :朝まで名無しさん:03/11/21 02:46 ID:MytlxSO5
>>789
「逆」とは何ぞや?興味あるから解説キボーン!



796 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/21 08:36 ID:/UBU8h6J
>>759>天皇親政を後の論者が言い出したとする君の説は初耳だが。(当時から「親政」と
>いう表現を使われていた論証として、教育勅語の啓蒙パンフレットを何度も例示している)
混同させてますよ。僕の表現ミスもあったと思います。
僕が後付としたのは「天皇を頂いて戦った結果に対する疑問」という点。敗戦の原因を
「シベリア抑留帰還兵の中の共産主義転向者」は天皇及び君主に求めているでしょう、
これは彼らが洗脳されたと考えられる。洗脳者は当然洗脳された知識、思想を自発的に
取り入れたとしなければ洗脳が成功したとはいえない。
「コミンテルン」から「コミンテルン日本支部」への支持にある通り「君主制」それに
類する物は共産主義を実行する為に排する必要がある。その為の先兵として彼らを利用し
天皇及び日本の転覆を謀ったと見るのが妥当な見方であるでしょう。

>親政
亀さんは資料絶対主義になっていると思う。僕はその資料の存在を否定しているのではなく
端的に言って「親政」とは方便であると言っているのですが。

>平沼騏一郎と右翼
今回調べてみた。彼と国本社の思想を見て取れるサイトが皆無だった。いいのがあれば、
紹介してください。

797 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/21 08:37 ID:/UBU8h6J
>ナチス=厳密な形而上的思想はなく、実相は衆愚におもねたファシズムであろう。
一眼的ですね。今でもアウトバーンを挙げて、地域誘導型の高速道路行政を主張する議員が
いるでしょう(w 現在のアウトバーンから僕も一定の評価は与えていますし。
ドイツ、EUの基幹産業であるVWの端緒の国民車計画も合わせて国家「社会主義」政策を
実現していった。

戦後、フランスがルノーなど多くの企業を国営化し社会主義に傾斜していくのも、ナチス政策の
「強さ」をまざまざと見せ付けられたからだろう。コンプレックスと畏怖が入り混じっていると
言ったら良いか、ナチスの亡霊に取り付かれているのだろう。フランスとドイツ、ドイツとシオ
ニスト、歪な関係である、閑話休題。

>日本の国家社会主義
大陸進出も国内政策の延長線上であるが、戦争と切り離して国内政策を見て貰いたい。
厚生年金法(昭和19年)、配給制度(昭和14年辺り)などの法整備は国家による再配分を
意味する。ついで、日本を占領支配したGHQ政策農地改革、財閥の解体と富の分解、再
配分を意図したと見た方が妥当であると思う、閑話休題。

798 :Static Random Accecss Memory:03/11/21 08:41 ID:HH/RPbp7
うんこ食べよ

799 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/21 09:10 ID:JRvgej6T
>>781 釈たん
>敗戦の原因を 「シベリア抑留帰還兵の中の共産主義転向者」は天皇及び
>君主に求めているでしょう、
此の敗戦の原因については、私は完全に支持している訳ではない。幾つか有る
原因の一つとしてのものであり、明治憲法にも当時の政党政治にも付け入る隙が有った。
福沢は英国的な君主制を理想と考えていたが、伊藤らの欧州視察の結果採用されたのは
君主の権限の強いプロシャだった。伊藤自身も立憲君主制を理想としていたが、
招いた結果はご覧の通り。天皇を神と仰ぎ勝てる見込みのない戦争に突き進んで
他国の占領を許した。
>その為の先兵として彼らを利用し 天皇及び日本の転覆を謀ったと見るのが
>妥当な見方であるでしょう。
勿論為政者側としてはそういった意図が働いた事を否定している訳ではない。
私が云いたいのは「以外にも」自主的に共産主義を選択し、帰国後自立的に
憑き物が落ちたように共産主義を捨てたシベリア抑留者は少なくなかったという事。
>「親政」とは方便であると言っているのですが。
為政者側からすればそうだろう。昭和天皇自身は親政を望んでいなかったのだから。
国民側(臣民側)からすれば、そういいった裏の意図は関係なく天皇親政という
文脈で統治される側であるから、「親政」は日本で生きるための前提条件となる。

800 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/21 09:16 ID:JRvgej6T
>>781 釈たん 続き。
平沼内閣に関しては、私の知る限りでは下記のサイトしかない。
申し訳ないが、岡田内閣などの様に大きな歴史的変化があった内閣ではなかった為か
君の云うとおり記述したHPは少ない。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6515/Syouwa-kyukenpou/36-Hiranuma.htm

801 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/21 09:25 ID:JRvgej6T
>>781 釈たん 訂正。
>>784の最後の行は一寸変だね。
「「親政」は日本で生きるための前提条件となる。」は
「「親政」による国体で統治される事は日本で生きるための前提条件となる。」
と理解して下さい。
>>782
>ドイツ、EUの基幹産業であるVWの端緒の国民車計画も合わせて
>国家「社会主義」政策を実現していった。
ナチスの国家整備事業は成功しているからね。公共事業、第一次大戦時の賠償金償還
など経済政策はことごとく上手くいきだからこそ国民的な評価も高まった。そういった
眼に見える、特に体感し易い政策こそ愚衆政治の手法の一つだろう。自民党などよい例。
嘗ての田中角栄はその事実を体現していた。分かり易い政策は眉に唾を付けて見た方が
良い。痛い目に遭う可能性が高いから。

802 :戯けたレコード◇W0I6REF2IY:03/11/21 10:46 ID:/UBU8h6J
>>801 唾を付けて見ているからこそ、為政者が何を考え何を意図して行動したかを
考察して語っているんだけど。如何わしいとだけの視点で見ると、何も見えないじゃ
ないかな。
後のは病院から帰ってからレスします。

803 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/21 15:22 ID:JRvgej6T
>>802 壊れた氏
>為政者が何を考え何を意図して行動したかを 考察して語っているんだけど。
是でいいんじゃないの。チェック機能が働けば、其れだけ検証できる訳だから。
為政者側と民衆とその個人側という多角的な検証が必要だろうと思う。
君は確か、民主党や道路公団スレに常駐してるんじゃなかった?まぁ、いいけど。
最近其のスレで暴れていた某氏を見かけないけど、どうしたんだろうね。

804 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/21 17:06 ID:+mCOLluw
どーせ次スレ立てるだろうからその時は【昭和天皇近代天皇制の功罪について4】で頼む。

805 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/21 17:23 ID:/UBU8h6J
「壊れた」方じゃなくて「戯けた」方だ(w 向うが本家でこっちが傍流。
とある電波に対するネタハンとして使用しているものだが、間違えて使った・・・
すまない。
彼は雲散霧消してN議にいると思う。天皇スレに固執するよりも2ちゃんねらーと
して健全ではなかろうか。何だ、この健全って(ry 向うを見たがひどいね。D−
RAMに彼の爪の垢を煎じて飲ませたい。

>天皇を神と仰ぎ勝てる見込みのない戦争に突き進んで他国の占領を許した。
日露戦争は天皇を戴き戦争に勝したと言える。「物は言い様」って事だろう。

>「親政」による国体で統治される事は日本で生きるための前提条件となる。
>憑き物が落ちたように共産主義を捨てたシベリア抑留者は少なくなかったという事。
勘違いしていました、すいません。日本人って状況において顔を変えるのが上手いというか
面従腹背ではなく面従服従という姿に徹せれるという事ではなかろうか。所属する組織の中
では個人の思想はどうあれ組織に合わせて信念まで変えれるからね。「医療ミス隠し」など
過去現在においてもよく見られる(よく勘違いされるから言うが僕は糾す立場じゃない)。
遵法意識が強いと言える点なのだが、副作用を起す事もある。

>体感し易い政策こそ愚衆政治の手法の一つだろう。
「まつりごと」は体感なくしてありえないのだが。と突っ込んでみる。

806 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/21 17:49 ID:JRvgej6T
>>790 釈たん、
う〜、騙されたかw
らむたんは壊れてきている。君も少し絡んであげて欲しい。
>日露戦争は天皇を戴き戦争に勝したと言える。「物は言い様」って事だろう。
そう云って良いんじゃない?東郷は熱烈な天皇支持者だった訳だし。
>「まつりごと」は体感なくしてありえないのだが。と突っ込んでみる。
良いことを云う。だが同意してるのではなく日本人が付和雷同しやすい面を
上手く言い表しているという意味。政治に弱く流されやすい原因もこの辺に
ヒントがある。

807 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/21 18:35 ID:/UBU8h6J
みんな騙されているのです(w 彼岸の方、聞いているかー?

>>806 もともと壊れていたべ。僕が名無しの頃の名無しのD−RAMを特定出来たべ。
1128について、「目には目を」ってのたまったのがそうだと思う。この原則は第一者が第二者に
適用出来る物であって、第三者が絡むのはおかしいのだが。単なるプロ、もといキリ嫌い、あと
ウヨ嫌いなんだべ。N議他スレにもコピベ張っていた男だろう。
前、コテのDと一遍絡んだのだが、相手の意志を曲解している。「国民主権主義者」って自らを
規定した通り、自己の規範、哲学が支離滅裂でとても相手に出来ない、もといあのお方には敵いません(w
仏教で彼の行為は修羅道と云う。

>良いことを云う。だが同意してるのではなく日本人が付和雷同しやすい面を
>上手く言い表しているという意味。政治に弱く流されやすい原因もこの辺に
>ヒントがある。
良いことを云う。だが同意してるのではなく民主主義は日本人に合わないというのを
上手く言い表しているという意味・・・いつも参考意見にされるので(w

要は日本人が政治に弱く流されやすい事を変えたいでしょ。実は是、1128も同じ事を言って
いたんだべ(w 民主主義を絶対において其れにそぐわない者を教化する、恐らく国家神道の
起源も日本人の個の確立を目的したものだと思っている(あと防キリスト教)。
前言っていた憲法教育とは、亀さんの論を借りたら国家による「思想信条」への介入と言えるの
では無かろうか。

808 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/21 18:51 ID:JRvgej6T
>>792 釈たん、
「1128」は「知念」となり後に「!」となって天皇関連スレから消えていった。
最近彼とレスのやりとりをした。天皇スレからは身を引くそうだ。
私はらむたんは別に苦手ではないけどね。誤解を招く発言が多く、時折タガが外れるが。
宗教に対しては憎悪とも取れるくらいラジカルだね。情緒的な発言は目立つかな。

>亀さんの論を借りたら国家による「思想信条」への介入と言えるのでは無かろうか。
云えるね。国家(権力)に翻弄されるのは好きじゃない。会社組織でさえ好きになれず
自営業者をしている位だからね。其れだけは譲れない。

809 :朝まで名無しさん:03/11/21 19:09 ID:+k8HlX4m
これについては、もう弁護できませんね(w
1945/6/13
    ||
  ヽ=-=/
  ( / ⌒ヽ  ← 海軍太田少将沖縄司令官
   | |   |
   ∪ / ノ  「沖縄県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ・・・」
    | ||
    ∪∪

1947/9/22
       ○-○
       ( π ) <「米国が沖縄その他の琉球諸島の軍事占領を
     ⊂ :つ    続けるよう希望している」(沖縄メッセージ)
      (  ノ
      ι\)   ← ごぞんじ裕仁

  ∧_∧ ドカッ <駐留米軍に「御高配」してどないすんねん!
 (#・∀・)つ  ,,..、、,,. ○-○ アッソ!!
 と     ̄⌒)※ (; π)⊃
  (  ( ̄ ̄W (/"''"(/  ノノ
  (__)   ノノノ



810 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/21 19:29 ID:/UBU8h6J
>>808 亀さん、「会社組織でさえ好きになれず」同意だ(w
俺も田舎育ちで(と言っても親父の仕事の都合で播州、泉州、備後)と流れた。
故郷は祖父の備後と思っているが、ちっちゃい頃から「ムラ」社会が嫌いでねー(w
うちの死んだ爺さんを俺は毛嫌いしていたべ。爺さんも労働組合起したりと反逆精神に富んだ
人間で、己にもその血が流れているべ。多分これは爺さん罵って天に唾していると気付いた。
だが、妙に「ムラ」では名が通っているんだベさ、憎まれっ子って奴かな。
「ムラ」を知る為には「ムラ」に服した振りをする。やがて下から「ムラ」を揺り動かす。
「面従腹背」これが僕の処世であり、モットーですはい。

歴史において国家神道を擁護するように見えるでしょうが、実は日本人そのものを賛美している。
そんな「擬似一神教」に感化される筈がない。日本の風土はキリスト教ですら宣教を不可能たら
しめたから。僕は実質反体制であると思って戴いた方が真意が分り易いと思う。

彼は情緒的なレスが指し示すとおり、典型的日本人だべ。彼のレスは天に唾する姿そのもの(w
彼の批判は自らに批判していると見ていいだろう。
Dの問題点は端的に「ムラ」の論理に反している事。話を聞く姿勢(レスに姿勢って)すら見えない。
これは日本人にとって許されない事であり、自然法であると言っていい。だから彼にレスが集中する。
それを「盛り上げているからいいだろう」と自己正当化する姿は当然、反感を買う。
苦手とか何でもなく、話が通じない相手とレスし合っても意味がないだけだべ。
亀さんの様に、馴れ合う仲で、それ「だけ」なら出来るが、議論はしようがない。

811 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/21 19:44 ID:/UBU8h6J
>>808 宗教に関して、亀さんに物申す。創価に対しての批判がラジカルすぎると
思います。彼ら(神崎、坂口含む)の発言の多くはかなり日本人的(w
ただ、日本においてカルトと規定される姿も至って日本的。折伏などの布教「姿勢」に
見られる「絶対善の押し売り」、これを日本人は好まない。僕も法華経信奉者の
一人だが、法華経の言わんがする所は別であると考えている、ただ是だけは人には
教えられん所なんです。

あと僕から見たら、亀さん「穢れ」信奉者。
過去の戦争や失敗の責任を天皇制において「流し雛」にし穢れを浄化させようと
言っていると思えます。
「無神論者」って言っておられたが、所詮人間は流される身。自らの思想に何らかの
神や教義に身を委ねているとは思いませんか?

812 :朝まで名無しさん:03/11/21 21:02 ID:lHGqUv+t
>>809
 昭和天皇ってホントに国を売ってたんだね。
クズだね。


813 :???:03/11/21 22:43 ID:eu9TEtwg
自由に皇室の在り方を論じているように装っているが、過激な廃止派って、実は民族
の有り様を自分勝手に規定したい全体主義者と言えるかも知れない。
なぜなら、自由な思想を許容する過程では、廃止論が過激に推移することはまずない
からである。むしろ廃止論を通じて自らの独裁の芽を育てようとする意図さえあるの
である。
雀百まで踊り忘れずと言うが、田舎から自由な都会へ憧れて出て、そこに真の自由を
確立することは至難の技である。多くは、田舎の人間関係の疑似形態を会社組織・党
組織などで再現しようと試みるのである。そこには自らを村長として崇めさせたいと
いう欲望が生まれ、自らの権威を高めるために自らの権威より上にある邪魔な存在を
意識する過程で廃止論をぶち上げる可能性が無くはないである。
家庭でも会社でも小組織の独裁者であればあるほど、大組織の自由な擁護派の有り様
を想像することは難しいのであり、国家運営に対する想像性の欠如とも言える状況が
生ずるのである。
大国家であれあるほど、国家存立の基盤を揺るぎない形で維持・発展させるという
大志が必要だが、小組織の維持・発展のみに窮々とする人々には、大権の存在が見え
ないとも言える。それは、ちょうど、教育は国家百年の計であることを忘れ、目先の
利益にとらわれ、教育を安くあげ、投資のリターンを早く得ようとして、かえって、
学力低下を招いたのと同じ現象なのである。



814 :???:03/11/21 22:51 ID:eu9TEtwg
共産主義が、民主主義の名の下に、過激な独裁社会を招いたのは記憶に新しいところである。
我々は、過激な独裁を招く共産主義を断固排除しなければならない。



815 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/21 22:56 ID:JRvgej6T
>>810 釈たん
>爺さんも労働組合起したりと反逆精神に富んだ 人間で、己にもその血が流れているべ。
奇遇だね。私の母方の祖父も戦前には社会主義運動をしており、特高に目を付けられて
大変だったと良く母から聞かされていた。祖父は家業を祖母に任せ(髪結いの亭主状態)
妾を作り、左翼運動を盛んにしていたそうだ。そのお陰で私は母から思想的な言動や
本を読むことを随分と咎められた。だから高校時代は、親に隠れてサルトルなどを読んだ。
君も読んだことがあると云っていた網野の本に面白いモノが有るのだが、地域社会形態を
検証していくと西日本は「ムラ型」で東日本は「イエ型」だそうだ。家族形態や母系の
重要度など古代・中世期はかなり違った社会を営んでいたらしい。
>亀さんの様に、馴れ合う仲で、それ「だけ」なら出来るが、議論はしようがない。
私は寛容なのだよ。其れに固定された思想を持っていない。どちらかと言えば道教的な
考え方が肌に合っている。プロテスタント的な思想も合わないし、ましてカソリックは…
彼は痛烈な批判はするが、押しつけはしない。其処が気にならない所以だと思う。

816 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/21 23:04 ID:JRvgej6T
>>811 釈たん
>創価に対しての批判がラジカルすぎると思います。
創価に対しては、学会員の知人も居て公明党の議員をしている友人も居る。
個人的な資質としては彼等は非常に人間的に魅力がありまじめ。ただ、思想はいただけない。
基本的に私は現世利益を売り物にしている新興宗教は好きになれない。必ず嘘が有るからだ。

>あと僕から見たら、亀さん「穢れ」信奉者。
そういった面が全くないと云えば嘘になる。しかし、過去を清算しない限り
未来は開けない。日本人の一番いけないところは「なあなあ」でうやむやにしてしまう所。
こういった精神構造も好きになれない。結局は反省になってないし同じ過ちを繰り返す
ことになる可能性を残す。

817 :朝まで名無しさん:03/11/21 23:41 ID:3CH10ZVS
>>814
 自国民でも300万人、アジア諸国で1500万人を殺した天皇制よりは、共産主義の方がマシだね。


818 :???:03/11/21 23:51 ID:eu9TEtwg
共産主義が何人の人々を犠牲にし、今も続く拉致が共産主義の責任の一端と思えば、
共産主義を擁護する言葉など、普通の人には浮かばない。
過去を清算しない共産主義ほど醜いものはない。ノーベル文学賞を辞退した何とかっ
ていう作家は、過去を清算していない。(w



819 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/22 00:38 ID:uZJsJMFM
>>813 本物だと思うが、長文カキコとは珍しい(w

>>814 上の論から見れば、???が一番共産主義に毒されていると言っている、と煽ってみる。

>>815 僕は普段は寛容ですが、議論を行う人間が自らの論理破綻を来たし、それを
分らず(意図的に無視する場合もあるがDは前者)永遠に叫び続けるのは議論をする
資格なしと思っている。実は僕もDと同じくアンチキリスト教でして、これが学問、
思考、思想の原点です。が、僕の上記の点や>>630-631の様にプロテスタンティズム
的発言もある。即ち自らが批判する者は、自らと同じ心性を持っていると考えている。
これは僕の悪人としての自白であり、無自覚の批判をする者に対しての忠告であります。

>西日本は「ムラ型」で東日本は「イエ型」だそうだ。
日本を一括りには出来んが有り得るとは思える、これには分析が加えれないですね。申し訳ない。

僕も新興宗教の類はどうでもいいし、創価には親戚も知人も居る。此処で救われたらいい話である。
「思想はいただけない。」これは迫害でしょう。これが憲法の「信教思想の自由」への抵触である。

「相手の内的信仰は認めるが、外的な発露は差し控えて戴く」僕の>>630-631の一連のレスはそれには
抵触しないんだベさ。

>日本人の一番いけないところは「なあなあ」でうやむやにしてしまう所。こういった精神構造も好きになれない。
ならんでもいいでしょう、僕も別に好きでもない(w だが相手を殺しはしないでしょう。

老子 第58章 其の政、悶々たれば、其の民は淳淳たり。

>結局は反省になってないし同じ過ちを繰り返すことになる可能性を残す。
キリスト教徒、自由主義者にしたって同じ事。人間は過ちを繰り返す生き物です。
人間に進歩などないでしょう。

820 :???:03/11/22 02:54 ID:YT6xl+Pc
廃止論者には思想も哲学もない。ただ廃止したいその一点なのである。
何か批判を言っているかと思えば、それは本人自身への批判なのである。(w


821 :俺様!:03/11/22 02:57 ID:Z5rVZQOC
テメーラ全員敵にまわしても良いぜ!かかってこいや!

822 :愛国者:03/11/22 03:24 ID:SUNxTtGJ
あっそう。

823 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/22 09:49 ID:8h/2PziS
>>819  釈たん
>日本を一括りには出来んが有り得るとは思える、これには分析が加えれないですね。
網野は民族学の宮本常一も引用しているんだが、宮本は常民の生活様式で東は馬・西は牛、
東は袴・西は褌等を対置させて分析している。網野は「東イエ」「西のムラ」について
東は本家制度による同族関係を軸としており、一子相続の傾向が強く、西は婚姻による家族の
繋がりを重視し分割相続傾向が強い。また、婚姻関係で云えば東が家父長的なタテ社会である
のに対して、西は母系が強いヨコ社会であるとしている。更に家系の分析から、血縁・婚姻
による東西の交流は非常に希で、東西が文化的に分断されてきた影響を見て取れる。
とまあ、こんな内容です。「東と西の語る日本の歴史」網野善彦(講談社)

>これが憲法の「信教思想の自由」への抵触である。
私は別に彼等を迫害するつもりはないし、自由を奪うような行動をするつもりはない。
思想的な破綻を批判することは何ら法的に問題ない。ヒステリックに批判に反応する
創価は見苦しいが、あの姿こそ問題視されてしかるべきだろう。藤原の著書出版に圧力を
かけて問題になった事は忘れてはいけない。彼等は此の事件への反省がない。

824 :朝まで名無しさん:03/11/22 10:39 ID:8mZLmske
>>820
 「あっ、そう」しか言わない香具師を崇拝している連中にどういう哲学があるのだろうか?


825 :朝まで名無しさん:03/11/22 18:03 ID:yl/qY/b3
昭和天皇が延命できたのもアメリカのおかげなのだが…。


826 :朝まで名無しさん:03/11/22 20:13 ID:GFvxVQOh
クズだよな。


827 :朝まで名無しさん:03/11/22 20:40 ID:TCOYnRNn
潔く自殺したヒットラーよりも敵将に命乞いをした裕仁ラーのほうが
人間のクズということが証明されたね。

828 :朝まで名無しさん:03/11/22 21:19 ID:zHmQAMaO
しかも責任を全部忠義を尽くした部下に押し付ける厚顔さは、あきれるばかり。


829 :朝まで名無しさん:03/11/23 02:19 ID:WFxE8Qm/
ヒトラーは南極で生きてるよ。

830 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/23 11:05 ID:sgJKRrwx
>>823 彼らの外的な反社会的行動は、法律の範囲内で裁かれる事項だ。

>思想的な破綻を批判することは何ら法的に問題ない。
どゆこと? 僕が言ったキリスト教徒の教義への信仰の指摘と一緒の様に思えますが。

東と西は今でも50Hzと60Hzの違い、江戸期には金銀の流通貨幣の違い、古くは純友と将門などの
対比事項がありますね。地学的にはフォッサ=マグナの分断があり、ソ連とアメリカの分断統治案も
西と東。ただ一つ言えるのは、方言に言える様に長細い地形が全てと思う。うちのばあさんの様に
「イエ」意識が強かったりしますので、一概には言えない。むしろ価値のモザイク的な文化と言た方が
いいし、逆にアイヌ語と琉球語に多くの共通が見られる様に統一した何かがあるとも言える。
あと皇室や日本社会を父系社会とか血統主義と見ると、「イエ」「ムラ」意識を度外視していると単眼的
視点になるだろう。これは亀さんにではなく、廃止派の多くに言っておきたい。

831 :朝まで名無しさん:03/11/23 12:27 ID:RZF/9KsB
 今の日本人のモラルが荒廃したのも、「戦争犯罪人」のヒロヒトラーが何の責任も刑罰も受けなかったからだね。


832 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/23 14:04 ID:6Y8pDsUj
>>830 釈たん
>どゆこと? 
批判しても憲法に抵触する事はない、ということ。

>うちのばあさんの様に 「イエ」意識が強かったりしますので、一概には言えない。
家系を調べると面白いかも知れない。因みに君のおばあさんは「ムラ」意識の強い
西日本政権である戦前の政府による教化政策のたまもの。東日本独自の「イエ」意識
というよりは天皇を頂点とした「儒教的」家父長制の強い影響が有ると思われる。
また、網野らの研究によれば「一部の」例外は勿論認めているし、全体的な傾向の
形質として論証している。

私は網野の東西文化論は示唆に富み面白いとは思っているが、全面的に賛同しては居ない。
一口に日本といっても多民族だし(此は網野も認めている)縄文・弥生という二元論でも
括りきれない多彩な文化形質が見られる。

833 :朝まで名無しさん:03/11/23 14:47 ID:RZF/9KsB
これについては、もう弁護できませんね(w
1945/6/13
    ||
  ヽ=-=/
  ( / ⌒ヽ  ← 海軍太田少将沖縄司令官
   | |   |
   ∪ / ノ  「沖縄県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ・・・」
    | ||
    ∪∪

1947/9/22
       ○-○
       ( π ) <「米国が沖縄その他の琉球諸島の軍事占領を
     ⊂ :つ    続けるよう希望している」(沖縄メッセージ)
      (  ノ
      ι\)   ← ごぞんじ裕仁

  ∧_∧ ドカッ <駐留米軍に「御高配」してどないすんねん!
 (#・∀・)つ  ,,..、、,,. ○-○ アッソ!!
 と     ̄⌒)※ (; π)⊃
  (  ( ̄ ̄W (/"''"(/  ノノ
  (__)   ノノノ


834 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/23 14:48 ID:sgJKRrwx
>>832 日本は八百萬の価値に富む文化だという事だね、納得。勿論天皇もその一つに
当たるのだが、亀さんがそれを認める立場である事は存続派にはっきりさせておいた
方がいいね。
僕の網野式の読み方は「権力側がどうしたこうした」って言う要素を排除する事。
彼は簡単に「西日本政権である戦前の政府による教化政策」とか言っちゃうからね。
反権力を訴えるのであれば、こういう言は逆に「権力コンプレックス」というか
「我々が権力を行使しなければこのおかしさは変わらない」という権力嗜好そのもの
だから(w 彼の著作は彼の視点そのものに価値があるんじゃないかな。対比と言う
考察は面白いし、現代でも対比軸のひとつだし。網野式は傍流であって本流じゃないと思う。
僕は全くとは言わないが、教化政策で日本人の意識を変える事はできないと考えている。

>西日本政権である戦前の政府
これは無理やりだベさ、これ(w 西が「ムラ」であるのに何故「イエ」を普及させるの?
理解不能だ。これ言うなら>>807の「恐らく国家神道の起源も日本人の個の確立を
目的したものだと思っている(あと防キリスト教)。」当りに反論して欲しいな。

>「儒教的」家父長制の強い影響
自然的結論だと思う、「無為自然」の人間の有り様に「制」とか付けるのが如何にも
型苦しい(w 「法家」的だと思う。

亀さんの創価批判は「教義そのもの」の批判だと思っていたんだが・・・
共産党も創価学会も一部の日本の多様な価値観の発露であると考えたらいいと考えない?

835 :朝まで名無しさん:03/11/23 15:13 ID:MZ+tChpg

そろそろ新・後醍醐天皇にご降臨いただきたいですね。

836 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/23 15:38 ID:6Y8pDsUj
>>819 釈たん
創価批判は、基本は教義内容だよ。
日蓮を至高の存在として、釈迦を下位に置くなど邪宗としか云えない。
此は佛教ではなく「日蓮教祖教」であり、其の佛教理念を軸とする日蓮の理想とも
乖離するものであり、此処がトンデモ宗教とする根幹である。

837 :朝まで名無しさん:03/11/23 17:31 ID:Qwl8Vo0d
そろそろ無駄な税金の投入やめにしないか?


838 :朝まで名無しさん:03/11/23 17:38 ID:/NPAmHet
明治天皇は軍艦を買うために自ら節約すると言い出したのに、
昭和天皇は国民が飢えに苦しみ戦火に焼かれても贅沢三昧。

839 :朝まで名無しさん:03/11/23 19:19 ID:eCQKNdzD
戦後の民主化のときに、昭和帝の財産が公開されてさすがにヒンシュクを買ったそうだ。



840 :朝まで名無しさん:03/11/23 21:04 ID:eCQKNdzD
今上も明治帝を見習って財産を全部、国の借金の補填に使えばいいのにね。
今までタダ飯くってたんだから、最後くらい恩返ししてもいいのではないか?


841 :朝まで名無しさん:03/11/23 21:23 ID:fm/LTRtq
日本を壊滅一歩手前にまでしながら、最後まで、和歌を詠むしか能のなかった“迷君”だね。

ポツダム宣言第13項
「日本軍の無条件降伏は直ちに実行され、日本政府のその保障が充分にして誠実になされるものとする
これ以外の日本の選択肢は、“完全且つ迅速な壊滅”のみである」

842 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/24 09:43 ID:mG1ECzUO
何か次スレっぽいのが立ってるんだが・・・

843 :朝まで名無しさん:03/11/24 15:02 ID:WgTCEU9+
戦争に負ける程度の能力しかないバカ天皇を、
北のブタキムみたいに「アリガタヤ」って
拝まないといけないらしい

アホ丸出しだね(藁

844 :朝まで名無しさん:03/11/24 15:04 ID:WgTCEU9+
DQN天皇担ぎ出して、また同じやりかたで同じように
戦争に負けるよう仕組むなんて、まさに

  反 日 売 国 奴 の極み だね


845 :朝まで名無しさん:03/11/24 15:06 ID:0o+lBMG6
>>843-844
そういやテンコロスレはスレストされたみたいだなw

846 :朝まで名無しさん:03/11/24 15:26 ID:8/jS5Af4
>>845
AA貼られまくって肥大化(470kBとか)の末にw

847 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/24 15:56 ID:ND+FAhjb
470kbって単に容量オーバーDAT逝きなんじゃ・・・確か470kb越えで24時間以上書きこまれないと
DAT逝きってあったような気がするぞ。

848 :朝まで名無しさん:03/11/24 22:50 ID:XBHBh5O/
自衛隊の変わりに陛下をイラクに派遣して人柱になってもらおう。

849 :戯けたレコード◇W0I6REF2IY:03/11/24 23:23 ID:bDWnaGAv
>>836>此処がトンデモ宗教とする根幹である。
では、浄土真宗もとんでも宗教と規定する?

亀さん、話戻すよ。
>>806>そう云って良いんじゃない?東郷は熱烈な天皇支持者だった訳だし。
誤魔化しているべ、結局「親政」やら「国家主義」とか使って昭和天皇に罪擦り付けたい
だけの様に捉えれるレスだが。

あと、反論がないから戦中の日本の国家施策及び思想は「国家社会主義」でOK?

850 :朝まで名無しさん:03/11/24 23:58 ID:ddK5sIGY
>>847
DAT逝きにあらず、厳然たるスレスト。ご確認あれ。

851 :朝まで名無しさん:03/11/25 00:00 ID:FojYIUsO
金正日こそ史上最強の反朝鮮売国奴!


852 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/25 04:10 ID:vA/ng44w
>>849 戯けたレコードたん
>浄土真宗もとんでも宗教と規定する?
親鸞は仏陀を否定してないからね。仏法を独自解釈しているからOK。
創価は仏陀は大したこと無い、日蓮こそ優れた教えを説いてるとしてるところがトンデモ。
主客逆転、本末転倒。 これは宗門問題という形而下の理由が原因だから、尚レベルが低い。

>結局「親政」やら「国家主義」とか使って昭和天皇に罪擦り付けたい
罪は明確にあるでしょう。当時は彼が国家の最高責任者なんだから。
彼が不幸だったか、問題意識が希薄だったか、自ら願わなかったかは別。
当人も自分に責任があったことは認識していたし、東条や近衛も認めている。

>反論がないから戦中の日本の国家施策及び思想は「国家社会主義」でOK?
反論はしてるよ。北一輝かナチスの思想がそうだとすれば違う。
ナチスは思想の原型にハイデッガーの実存主義があるが、日本は違う。

853 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/11/25 16:22 ID:ILddqWx3
>>850
そっか・・「某パゲスレ」もスレスト食らってたよ。

最近ようやっと削除人やらスレストやらがこっちにきたのかな。

しかし、新スレの方は・・・・こっちで完全敗北したからって新スレたてたのがバレバレ・・・

854 :朝まで名無しさん:03/11/27 07:53 ID:mkf91Qv3
天皇制って神道の宗教法人によって支えられているらしいね。
公明党と一緒に廃止しろ。

855 :糞スレ撲滅委員会:03/11/27 08:50 ID:1hTiO8f8
>>854
おまえって、本当に頭が悪そうだな。ゲラゲラ


それとも、ただの馬鹿サヨか!!時代遅れの(嘲笑

856 :糞スレ撲滅委員会:03/11/27 08:53 ID:or+bMj8w
-------------------------------------------------------------
昔の左翼は、馬鹿な扇動に乗せられて労働組合や全学連で、
反日活動を繰り返す、国際共産主義を信じた、似非インテリが多かった。

最近の馬鹿サヨは、低脳が多くなり、主にヒキコモリ秋葉原系アニメヲタで
それでも、マジに国際共産主義をを信じてるとは恥ずかしくて言えないので、
2chねる用語を使いながら、隠れ共産主義者として、オナニーばかり。
反日マスコミを擁護するのが生き甲斐で、世論には低脳で立ち向かえないので、
2chで低脳コピペを繰り返すだけ。2chでしか鬱憤を晴らせない本当の馬鹿サヨに
落ちぶれたけど、反日カルトのオナニーを繰り返すのが特徴。



ゲラゲラ
-------------------------------------------------------------



857 :朝まで名無しさん:03/11/27 08:56 ID:or+bMj8w
●第2次朝鮮戦争が終わったら、60万在日第2次帰還事業を成功させよう!!

統一後は、在日永住資格も撤廃されます。その時こそ、在日が真人間に
なれるチャンスだ!!

国連と連携し、全ての在日を朝鮮半島に人道的見地から帰還させよう。
北朝鮮亡き後の統一された朝鮮半島の新国家建設のために、彼らは
生涯を賭けて生き甲斐のある事業に身を捧げるだろう。
人道的にも差別、貧困などから日本に密航してきた彼らこそ、21世紀の
朝鮮の新国家建設に役立てる人材だ。
東アジアの安全保障、日本国内の治安、犯罪防止上の観点からも、それが
最も良い解決策だ。

日本人は、国連や他の国際機関と連携して、在日60万第2次帰還事業を
絶対に成功させなければならない。

なお、日本を愛する在日は、日の丸・君が代に忠誠を誓って、日本人に帰化し、
日本のために頑張ってもらいたい。


858 :朝まで名無しさん:03/11/27 14:53 ID:PJRV+wk5
お前等30年後も同じ内容であーだこーだやってそうだな。



859 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/27 23:37 ID:XCgHs9Og
>親鸞は仏陀を否定してないからね。仏法を独自解釈しているからOK。
そういう主観を排すのが仏法の事始(w 冗談は置いておいて、その独自解釈において
ただ念仏を唱えるのみとしたのは何もしないことを是とする親鸞の教義において
明らかな論理矛盾でしょう。

仏陀=覚れる人のサンスクリット語の音訳であり、釈尊も勿論その一人であると考えられるが
仏陀=釈尊ではない。

あと禅の「不立文字」。これは如何なる教義にも縛られない仏法的発想を見出す事であり、仏法
さえ見誤らなければ「仏陀」を否定する事も可能。

>創価は仏陀は大したこと無い、日蓮こそ優れた教えを説いてるとしてるところがトンデモ。
だから、「日蓮」正宗です。

>主客逆転、本末転倒。
仏法及び仏性は人それぞれ。

>これは宗門問題という形而下の理由が原因だから、尚レベルが低い。
解説キボンです。

860 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/27 23:47 ID:XCgHs9Og
>当人も自分に責任があったことは認識していたし、東条や近衛も認めている。
そういう事では無いでしょう。その罪が法治国家として明文化されてない以上、
個々の思想、善悪、宗教観においての断罪だろう。私刑と言っていい。法治国家で
ある及びあった事まで放棄しますか?
もし日本的自然法でこの行為を断罪する行為は、「死人に口なし」に追い銭を
かける守銭奴その者と捉えられると思う。だから「水に流す」のが肝要である。

861 :唯法院釈奇知碍蓮華居士:03/11/27 23:50 ID:XCgHs9Og
>反論はしてるよ。
>日本の国家社会主義
大陸進出も国内政策の延長線上であるが、戦争と切り離して国内政策を見て貰いたい。
厚生年金法(昭和19年)、配給制度(昭和14年辺り)などの法整備は国家による再配分を
意味する。ついで、日本を占領支配したGHQ政策農地改革、財閥の解体と富の分解、再
配分を意図したと見た方が妥当であると思う、閑話休題。

これに対し、全く反論が見当たらないのですが、目、節穴かなー俺?

862 :朝まで名無しさん:03/11/28 17:33 ID:y0iXO+SJ
>>855
お前って本当に頭割るそうだな。
知能指数代ジョブか

863 :朝まで名無しさん:03/11/28 20:19 ID:y0iXO+SJ
こいつを死刑にしなかったのが戦後最大の過ちだな。

864 :S−RAM:03/11/28 22:40 ID:86kJy753
>>858
そして30年後に天皇制が廃止されたら、最高!だね。

865 :朝まで名無しさん:03/11/29 06:46 ID:LiAFV8LW
多くの国民が耐えがたきに耐えしのびがたきにしのんだのにこいつは悠々としていたんだからなぁ。
最後にやっと気づいたらしいが。


866 :朝まで名無しさん:03/11/29 06:47 ID:LiAFV8LW
つくづく天皇制はやばいと思う今日この頃。


867 :昭和天皇:03/11/29 11:23 ID:H/TLU4nJ
朕はたらふく食ってるぞ
汝人民飢えて死ね

868 :朝まで名無しさん:03/11/29 19:32 ID:XiH2vmM+
ヒロヒトのおかげで父親や夫が殺されたんだからね、
旅先で石のひとつでも投げられりゃあいいんだ。

ヒロヒトが40歳を過ぎた猫背の小男ということを
日本人に知らしめてやる必要がある。
神さまじゃなくて人間だ、ということをね。

それが生きた民主主義の教育というものだよ。

昭和21年2月、昭和天皇が全国御巡幸を始められた時、
占領軍総司令部の高官たちの間では、こんな会話が交わされた。

しかし、その結果は高官達の"期待"を裏切るものだった。
昭和天皇は沖縄以外の全国を約8年半かけて回られた。
行程は3万3千キロ、総日数165日。
各地で数万の群衆にもみくちゃにされたが、石一つ投げられたことはなかった。

イギリスの新聞は次のように驚きを率直に述べた。

日本は敗戦し、外国軍隊に占領されているが、
天皇の声望はほとんど衰えていない。
各地の巡幸で、群衆は天皇に対し超人的な存在に対するように敬礼した。
何もかも破壊された日本の社会では、天皇が唯一の安定点をなしている。

イタリアのエマヌエレ国王は国外に追放され、長男が即位したが、
わずか1ヶ月で廃位に追い込まれた。
それに対して、日本の国民は、まだ現人神という神話を信じているのだろうか?
欧米人の常識では理解できないことが起こっていた。

869 :朝まで名無しさん:03/11/29 19:33 ID:XiH2vmM+
昭和天皇が全国御巡幸の決意を示されたのは、
敗戦直後、昭和20年10月であった。
宮内府次長加藤進氏に次のように指示された。

この戦争により先祖からの領土を失ひ、国民の多くの生命を失ひ、
たいへん災厄を受けた。
この際、わたくしとしては、どうすればよいのかと考へ、また退位も考えた。
しかし、よくよく考へた末、全国を隈無く歩いて、国民を慰め、励まし、
また復興のために立ちがらせる為の勇気を与へることが自分の責任と思ふ。
このことをどうしても早い時期に行ひたいと思ふ。
ついては、宮内官たちはわたくしの健康を心配するだらうが、
自分はどんなになってもやりぬくつもりであるから、健康とか何とかはまつたく考へる
ことなくやってほしい。
宮内官はその志を達するやう全力を挙げて計画し実行してほしい。

御巡幸の打診を受けた占領軍総司令部は、冒頭で紹介したような魂胆もあって、許可した。

870 :朝まで名無しさん:03/11/29 19:34 ID:XiH2vmM+
昭和21年2月19日の最初のご訪問の地は、昭和電工・川崎工場であった。
食糧増産に必要な化学肥料の硫安を生産していたが、
空襲で70%の設備が破壊され、社員は必死で復旧に努めていた。

一列に並んだ工員たちに、昭和天皇は「生活状態はどうか」、
「食べ物は大丈夫か」「家はあるのか」と聞かれた。
感極まって泣いているものも多かった。
案内していた森社長は、天皇が身近な質問ばかりされるので、
宮中で安楽な生活をされていたら、こんなことは口だけでは言えまい、
と急に深い親しみを感じた。

二度目の御巡幸は、2月28日、都内をまわられた。
大空襲で一面、焼け野原である。新宿では、昭和天皇の行幸を知った
群衆が待ちかまえ、自然に「天皇陛下、万歳」の声が巻き起こった。
昭和天皇が帽子をとってお応えになると、群衆は米兵の制止も振り切って、
車道にまでなだれこんだ。これ以降、巡幸される先々で、このような光景が繰り返された。

871 :朝まで名無しさん:03/11/29 19:34 ID:XiH2vmM+
昭和21年には、関東、東海地方の各県を廻られ、
22年6月には、大阪、兵庫、和歌山。
そして8月の酷暑の中を東北全県の巡幸を希望された。
側近が驚いて、涼しくなってからでは、と延期を願ったが、
「東北の運命(食料の増産)は、真夏にかかっている。
東北人の働くありのままの姿を是非この目に見て激励してやりたい」と許されなかった。

敗戦直後で、宿舎がままならず、列車の中や、学校の教室に泊まられた事もあった。
「戦災の国民のことを考へればなんでもない。十日間くらゐ風呂に入らなくともかまはぬ」
と言われて、行幸を続けられた。

出炭量の40%を占める重要なエネルギー供給基地福島県の常磐炭坑では、
地下450mの坑内を歩かれ、40度の中を背広、ネクタイ姿で、
上半身裸の鉱夫たちを激励された。深い坑内で万歳の声が轟いた。
この時の御製(お歌)である。


「あつさつよき磐城の里の炭山にはたらく人をををしとぞ見し」

872 :朝まで名無しさん:03/11/29 19:41 ID:XiH2vmM+
この2ヶ月後には休む暇なく、甲信越地方9日間の御巡幸に出られた。
最初に浅間山の初雪の中を2キロも歩かれて、山麓の大日向開拓村を訪問された。
大日向村は満州への分村移民を全国で最初に実行した村である。
しかしソ連の満州侵略により、移民694名中、ようやく半数の323名が生き残って、
村に帰ってきた。
そして標高1095mの荒れ地を切り開いて、入植していたのである。

天皇をお迎えした開拓団長堀川源雄の奏上は、幾度となく涙でとだえた。
昭和天皇のお顔も涙に濡れた。


「浅間おろしつよき麓にかへりきていそしむ田人とふとくもあるか」

873 :朝まで名無しさん:03/11/29 19:47 ID:XiH2vmM+
この年、11月から12月にかけてには、
さらに鳥取、島根、山口、広島、岡山をまわられた。
島根県では新川開拓村で3万人の奉迎に応えられた後、伊波野村で農作業をご覧になられた。
農業会長が、働いている老夫をさして、
「我が子を二人とも失いましたが、村人の助けも得て、屈することなく働いております」
と説明すると、天皇は次のようなお言葉とお歌を賜った。

この度は大事な二人の息子を失いながら、
猶屈せずに食糧増産に懸命に努力する老農の姿を見、一方又、
これを助ける青年男女の働きぶりを見て、まことに心うたれるものがあった。
このやうな涙ぐましい農民の努力に対しては深い感動を覚える。
いろいろ苦しいこともあらうが、努力を続けて貰ひたい。


「老人(おひびと)をわかき田子らのたすけあひていそしむすがたたふとしとみし」

874 :朝まで名無しさん:03/11/29 19:47 ID:XiH2vmM+
12月5日、広島に入られる。広島市では戦災児育成所の原爆孤児84名に会われた。
原爆で頭のはげた一人の男の子の頭を抱えるようにして、目頭を押さえられた。
周囲の群衆も静まりかえって、すすり泣く。

爆心地「相生橋」を通過されて、平和の鐘が鳴る中を元護国神社跡で
7万の奉迎を受けられた。周囲には黒こげの立木、あめのように曲がった鉄骨が残る中で、
天皇はマイクで次のように語られた。

このたびは皆のものの熱心な歓迎を受けてうれしく思ふ。
本日は親しく市内の災害地を視察するが、
広島市は特別な災害を受けて誠に気の毒に思ふ。
広島市民は復興に努力し、世界の平和に貢献せねばならぬ。

「ああ広島平和の鐘も鳴りはじめたちなおる見えてうれしかりけり」

この中国地方行幸にお目付役として同行していた占領軍総司令部民政局のケントは、
原爆を落とされた広島の地ですら誰一人天皇を恨む者がいないことに、
ただただ驚くばかりであった。
もともと天皇制廃止を目論んでいた民政局は、兵庫県で小学生達が禁止されていた
日の丸を振ってお出迎えしたのを「指令違反」であるとして、以後の御巡幸中止を命じた。

しかし、御巡幸を期待する九州、四国地方からの嘆願や議会決議が相次ぎ、
昭和天皇も直接マッカーサーにお話しされた模様で、翌々年に再開が許可された。

875 :朝まで名無しさん:03/11/29 19:48 ID:XiH2vmM+
昭和24年5月18日から6月10日にかけては、九州全県を巡幸された。
5月22日に立ち寄られた佐賀県基山町の因通寺には、
40余名の戦災孤児のための洗心寮があった。
孤児たちの中に、位牌を二つ胸に抱きしめていた女の子がいた。

昭和天皇は、その女の子に近づかれて、「お父さん、お母さん?」と尋ねられた。
「はい、これは父と母の位牌です」とはっきり返事をする女の子に、さらに「どこで?」。

「はい。父はソ満国境で名誉の戦死を遂げました。
母は引上げの途中病のためになくなりました。」

天皇は悲しそうな顔で「お寂しい」と言われると、女の子は首を横に振って、
「いいえ、寂しいことはありません。私は仏の子です。
仏の子供は亡くなったお父さんとも、亡くなったお母さんともお浄土にいったら、
きっともう一度会うことができるのです。・・・」

昭和天皇は、すっと右の手を伸ばされ、女の子の頭を2度、3度と撫でながら、
「仏の子供はお幸せね。これからも立派に育っておくれよ」と言われた。
数滴の涙が畳の上に落ちた。
「お父さん」、女の子は小さな声で昭和天皇を呼んだ。


「みほとけの教へまもりてすくすくと生い育つべき子らに幸あれ」

876 :朝まで名無しさん:03/11/29 19:50 ID:XiH2vmM+
因通寺の参道には、遺族や引き揚げ者も大勢つめかけていた。
昭和天皇は最前列に座っていた老婆に声をかけられた。
「どなたが戦死をされたのか」
「息子でございます。たった一人の息子でございました」
声を詰まらせながら返事をする老婆に「どこで戦死をされたの?」
「ビルマでございます。激しい戦いだったそうですが、
息子は最後に天皇陛下万歳と言って戦死をしたそうです。・・・
天皇陛下様、息子の命はあなた様に差し上げております。
息子の命のためにも、天皇陛下さま、長生きをしてください」
老婆は泣き伏してしまった。じっと耳を傾けていた天皇は、
流れる涙をそのままに、老婆を見つめられていた。
引き揚げ者の一行の前では、昭和天皇は、深々と頭を下げた。
「長い間遠い外国でいろいろ苦労して大変だったであろう」と
お言葉をかけられた。一人の引き揚げ者がにじり寄って言った。
天皇陛下さまを怨んだこともありました。
しかし苦しんでいるのは私だけではなかったのでした。
天皇陛下さまも苦しんでいらっしゃることが今わかりました。
今日からは決して世の中を呪いません。人を恨みません。
天皇陛下さまと一緒に私も頑張ります。
この言葉に、側にいた青年がワーッと泣き伏した。
「こんな筈じゃなかった。こんな筈じゃなかった。
俺がまちがっておった。俺が誤っておった。」
シベリア抑留中に、徹底的に洗脳され、日本の共産革命の尖兵として、
いち早く帰国を許されていた青年達の一人であった。
今回の行幸で、天皇に暴力をもってしても戦争責任を認めさせ、
それを革命の起爆剤にしようと待ちかまえていたのである。
天皇は泣きじゃくる青年に、頷きながら微笑みかけられた。

877 :朝まで名無しさん:03/11/29 19:50 ID:XiH2vmM+
九州御巡幸では約190カ所にお立ち寄りになり、
各県とも6、7割の県民が奉迎したので、約700万人とお会いになった。

御巡幸はその後も、四国、北海道と昭和29年まで続き、8年半の間に昭和天皇は沖縄をのぞく、
全都道府県をまわられ、お立ち寄り箇所は1411カ所におよんだ。
奉迎者の総数は数千万人に達したであろう。

「戦のわざはひうけし国民を思ふこころにいでたちてきぬ
わざはひをわすれてわれを出むかふる民のこころをうれしとぞ思ふ
国をおこすもとゐとみえてなりはひにいそしむ民の姿たのもし 」

大日本帝国が崩壊して、始めて国民は間近に天皇を拝する機会を得た。
驚くべき事に、それは人々と共に悲しみ、涙を流す天皇であった。
一人ひとりが孤独に抱えていた苦しみ、悲しみに、天皇が涙を流された時、
人々は国民同胞全体が自分達の悲しみ、苦しみを分かち合ってくれたと感じ、
そこからともに頑張ろう、という気持ちが芽生えていった。
戦後のめざましい復興のエネルギーはここから生まれた。

昭和63年9月、昭和天皇が病床につかれると、全国の御平癒祈願所に約9百万人が記帳に訪れた。
40数年前の御巡幸で昭和天皇に励まされた人々も少なくなかったであろう。

昭和天皇は病床で「もう、だめか」と言われた。医師たちは、ご自分の命の事かと思ったが、
実は「沖縄訪問はもうだめか」と問われたのである。
御巡幸の最後の地、沖縄に寄せられた昭和天皇の御心は、今上陛下によって平成5年に果たされた。

878 :朝まで名無しさん:03/11/29 20:32 ID:BIDG7IXY
尊皇厨の提灯記事子ぴぺうぜー。

879 :朝まで名無しさん:03/11/29 20:51 ID:v+MybVEX
最後までついに訪問する事がなかった沖縄こそ昭和天皇が訪れるべき場所ではなかったのかな。


880 :朝まで名無しさん:03/11/29 20:53 ID:T3fOBjtE
不祥事が怖くて政府が昭和天皇を沖縄に行かせなかったらしい。
天皇自身も行く気は無かったようだ。

881 :S−RAM:03/11/29 23:01 ID:MfbX3otB
>>880
ますます、今回の米国大統領の行動は尊王房にとっての打撃だねえ。

882 :朝まで名無しさん:03/11/29 23:04 ID:gp1IBAbz
>>881
ハア?そんな変な発想するのは多分キミだけだ。

883 :S−RAM:03/11/29 23:24 ID:MfbX3otB
>>882
で、その発想に何か矛盾があるかね。

884 :朝まで名無しさん:03/11/29 23:32 ID:S9wZmRTJ
妄想の世界に生きている基地外が約一名いるようだ。

885 :朝まで名無しさん:03/11/30 06:13 ID:zFewUd84
乞う賊の小遣いって億単位らしいな。
パソコンとかもXeonのデュアルだったりして。
グラボも当然最新の5マン位するやつ.

886 :朝まで名無しさん:03/11/30 08:21 ID:Hw868nu8
>>868〜877
全国どさ周りパフォーマンスの長文ご苦労さん。
まあ、放火犯が火事見舞いにいって、アフォが有難がるようなもんだナ。

887 :正義の見方:03/11/30 11:08 ID:Hv6m+9I8
戦後左翼のデマを聞かされて、それをそのまま信じている単細胞人間に昭和天皇
を批判できるわけがないんだ。英国人の一部が日本の天皇に悪意を持つのは肉親
を戦争で失えば当然のことだが、それ以上に英国はタイで日本軍と戦い、あっと
いうまに負けてしまったんだ、大英帝国としてはこれほどの恥辱はないわけで、
黄色人種に負けたというトラウマ、人種差別感むき出しなんです。
そういう白人の尻馬に乗って、日本叩きをするのは在日の得意技であり、それに
同調する日本人もバカの壁に遮られているんです。

888 :朝まで名無しさん:03/11/30 18:07 ID:zFewUd84
>>887
そもそも知能の低い人間が天皇制をそのまま信じているものに天皇制を主張できるわけがない。


889 :朝まで名無しさん:03/11/30 18:10 ID:FiZPXRaR
さんざん世界中に害悪を垂れ流した王家を維持しているイギリス人にいわれてもなあ。。。

890 :朝まで名無しさん:03/11/30 19:55 ID:Y8pT+ApJ
「日本破れたりとはいへ、その国民性は決して軽視することができぬ。
例へば日本国民の皇室に対する忠誠、敗戦後における威武不屈、
秩序整然たる態度はわが国の範とするに足る」 (中華民国国民政府・王世杰外交部長)

滞京二週間の印象としてまづあげられることは日本国民がこの僅か二週間の間にも
最初の衝撃から段々に醒めて雄々しくも着々復興の準備にとりかゝりつゝあると
いふことである。日本に着くまでは「浪人」や右翼の連中が相当うるさいことだらう
と想像してゐたが実際来て見て全国民が余りにも冷静なのに驚いた。
(AP通信社東京支配人ラッセル・ブラインズ氏)

敗戦直後の日本は、世界にこのような驚きを与えていた。国家存亡の危機に発揮された
この「国民性」とはどのようなものであったか、同じ敗戦国ドイツと比較しつつ、
史実をたどってみたい。

891 :朝まで名無しさん:03/11/30 19:56 ID:Y8pT+ApJ
「ドイツ国民がいつかもう強くもなく、自らの生存のために血を流すほど
献身的でもなくなれば、滅びてもっと強い国に抹殺されるがよい」

この恐ろしい言葉が彼(ヒットラー)の本心だったのはドイツの敗戦が近づく
につれて明らかとなり、彼は断固として降伏を拒否して傷ついたドイツ陸軍を
勝ち目のない戦いにかり立てた。

降伏するためには、ヒットラーを暗殺する以外になかったが、ライプチヒ市長だった
ゴードラー、および、ロンメル将軍によるそれぞれの暗殺計画はいずれも成功しなかった。

1945年5月には、ドイツの全領土は連合軍に蹂躙されていた。ヒットラーは自殺し、
政府要人はすべて自殺、逃亡、あるいは、捕虜となり、まったくの無政府状態に陥った。

わずかにデーニッツ提督がヒットラー総統の後継者として、降伏条件に署名したが、
これは軍に関する降伏だけで、国家としての降伏ではなかった。
しかも提督は降伏直後、捕えられて、以後、後継者と称するものはいなかった。

戦後のニュールンベルグ裁判では、ゲーリング、ローゼンベルグ、リッペントロップ、
ヘス、カイテル、カルテンプルンナーら、指導者達は、
「総統の催眠術にかけられていた」などと、ヒトラーにすべての罪をかぶせようとした。
後にイスラエルの法廷で裁かれたアイヒマンも「総統の命令に従っただけ」と述べている。

892 :朝まで名無しさん:03/11/30 19:57 ID:Y8pT+ApJ
当時日本本土には陸軍二百二十五万三千、海軍百二十五万、計三百五十万余の
兵力が依然として温存されていた。また陸海軍を合せて一万六十機の
保有航空機のうち、少くとも六千機以上は特攻作戦に使用可能と考えられていた。・・・
海軍こそ戦闘可能の戦艦は皆無で、空母二隻、巡洋艦三隻、駆逐艦三十隻、
潜水艦五十隻という劣勢に追い詰められていたが、
この温存兵力の無言の圧力は無視することができない。

ドイツは交渉の余力もなく壊滅したが、連合国はこの「無言の圧力」を考慮して、
ポツダム宣言において条件を示して降伏勧告を行い、日本政府はさらに、
「天皇の国家統治の大権を変更するの要求を包含し居らざることの了解の下に」
という条件付きで受諾する事を宣言した。これを受け取ったアメリカ側では敗戦国とは
思えぬ堂々たる対応と迫力に打たれたという。

今日ドイツが有する唯一の「政府」は聯合国にこれを仰ぐほかなく、ドイツ人みづから
政府を構成する許可が与へられるまではこの状態が続くであらう、
しかし日本は全体としては今後も占領されることになつてをらず
(占領は一部の地点のみで、全土ではない)、これはドイツと比較して真に大きな
差異である。日本には政府喪失といふ事態がないばかりか、強大且つ活溌な政府を
有してゐる。聯合国はこの政府に対して命令を発することは出来ても、
聯合国みづから日本を支配することはないであらう。(NBC放送、R.G.スウィング氏)

893 :朝まで名無しさん:03/11/30 19:59 ID:Y8pT+ApJ
さて日本政府がぎりぎりの条件として提示した「天皇の国家統治の大権」という条項で、
日本政府は具体的には何を守ろうとしたのか?

東京裁判で裁かれた東条英機は、次のような証言を行っている。

国政に関する事柄は、必ず右手続で成立した内閣、及び統帥部の輔弼輔翼に
よって行われるのであります。これらの助言によらずして、陛下が独自の考えで
国政または統帥に関する行動を遊ばされることはありませぬ。
この点は旧憲法にもその明文があります。・・・
それ故に一九四一年(昭和十六年)十二月一日開戦の決定の責任も、また内閣閣員及び
統帥部の者の責任でありまして、絶対的に陛下の御責任ではありません。

開戦の決定は、自分たち内閣の責任だと言う。東条は自らの生命を抛って、
天皇を戦犯として起訴することの非を訴えたのである。

占領軍司令官マッカーサーも、東条と同様に、天皇を守ろうとする国民の無言の気迫を
感じていたのであろう。
「天皇を戦犯にするようなことがあれば20個師団100万の軍隊と数十万の民政要員が
必要だ」と述べている。

894 :朝まで名無しさん:03/11/30 20:00 ID:Y8pT+ApJ
一方、昭和天皇はどのように、この困難な時期に対処されたのか。マッカーサーは、
昭和20年9月27日の昭和天皇との最初の会談を次のように語っている。

どんな態度で、陛下が私に会われるかと好奇心をもって御出会いしました。
しかるに実に驚きました。陛下は、まず戦争責任の問題を自ら持ち出され、
つぎのようにおっしゃいました。これには実にびっくりさせられました。

すなわち「私は、日本の戦争遂行に伴ういかなることにも、また事件にも全責任をとります。
また私は、日本の名においてなされた、すべての軍事指揮官、軍人および政治家の行為に
対しても直接に責任を負います。自分自身の運命について貴下の判断が如何様のもので
あろうとも、それは自分には問題でない。 構わずに総ての事を進めていただきたい。
私は全責任を負います」

これが陛下のお言葉でした。私は、これを聞いて、興奮の余り、陛下にキスしようとした位です。
もし国の罪をあがのうことが出来れば進んで絞首台に上ることを申出るという、
この日本の元首に対する占領軍の司令官としての私の尊敬の念は、
その後ますます高まるばかりでした。

陛下は御自身に対して、いまだかつて恩恵を私に要請した事はありませんでした。
とともに決して、その尊厳を傷つけた行為に出たこともありませんでした。

昭和天皇のお言葉は、終戦時の次のお歌と照応している。

「爆撃にたふれゆく民のうへをおもひいくさとめけり身はいかならむとも
身はいかになるともいくさとどめけりただたふれゆく民を思ひて」

895 :朝まで名無しさん:03/11/30 20:02 ID:Y8pT+ApJ
戦争は避けられるなら避けた方が良い。またひとたび、開戦となったら、
負けない方が良い。しかし負けたらお終いで、勝者がすべて正しく、敗者がすべて
悪かったとという事ではない。敗戦に処して、昭和天皇も、東条英機も、そして多くの国民も、
自らの生命を投げ出しても、守ろうとした「なにもの」かがあった。

その姿勢において示される敗者の尊厳によって、勝者の尊敬を受けることもある。
一国を国際社会の中で、存在感あるものにするのは、こうした自尊自立の精神である。
決して国の大きさや経済力、武力、戦争の勝ち負けといった物理的な要因だけではない。

これを敷衍すれば、戦後の日本経済の奇跡的な成功に勝者として驕ってはならず、
また第二の敗戦とも呼ばれる現在の経済危機においても、敗者として卑屈になる必要はない。
勝者はその勝利によってどのような価値を追求するのか、また敗者は敗戦に処して、
本当に守るべき価値は何なのか、を問うべきである。

敗戦当時に、昭和天皇と国民が示された「敗者の威厳」は、
今後の日本の取るべき道を考える上でも、重要な指針を示唆している。


896 :S−RAM:03/11/30 20:08 ID:5boMjAYM
なんか長文で敗戦を言い訳しているのを見ると、なんか自身までミジメに感じちゃうよね。

 負 け は 負 け で し ょ 。

897 :まいっちんぐマチ先生:03/11/30 20:14 ID:nsuXE/jf
いやいや。
負けかたにもイロイロあるよ。

898 :朝まで名無しさん:03/11/30 20:29 ID:+vAdZo33
安易に昭和天皇を中傷するのは良くないことだし、売国奴と呼ぶとは、あまりに無知としか言いようがない。
我々が昭和天皇の御心を推し量ることいいとしても、故人の名誉は傷つけるべきものではない。
崩御なされた今では中傷されたような事柄について

899 :朝まで名無しさん:03/11/30 20:31 ID:CCzCWly4
日本の残存戦力といっても松の油で飛行機も戦車も役立たず。
鉄砲の行き渡らない歩兵。ポロ負けだよね。
昭和天皇が生き延びたのも、マッカーサーのおかげでしょ。
日本国民のほとんどは、昭和天皇が処刑されても、無関心だっただろうね。
当時の日本国民は、明らかに「マッカーサーが新しい天皇で、昭和天皇より身分も上」と考えていたようだね。


900 :S−RAM:03/11/30 20:31 ID:lfmXN4UQ
>>897
原爆まで落とされ、市民を虐殺され、その上戦後の食料すら自給できず、米国の牛のエサ
を恵んでもらって、生を繋いだ....
若い女性は食う為にパンパンとなって米兵の腕にぶら下がった....

これ以上、ミジメ〜な敗戦は無いでしょ。

901 :S−RAM:03/11/30 20:34 ID:lfmXN4UQ
>>899
そういやあ、松脂集めたらしいねえ。
燃料に使っても、潤滑油に使っても....機械は壊れるわなあ。
今まで気づかなかった...

ひまし油も使ったらしい...(これは結構良かった??)

902 :まいっちんぐマチ先生:03/11/30 20:36 ID:nsuXE/jf
>>900
うむ。
国家の最高権力者としては、国民の生命・財産の保全を第一
にかんがえねばなるまい。
その意味では最悪の負け方だったといえるだろう。

903 :S−RAM:03/11/30 20:37 ID:lfmXN4UQ
>>902
同意してくれてありがとう、感謝する。

904 :朝まで名無しさん:03/11/30 21:42 ID:zFewUd84
>>902
私も同意する。
あんなぼろ負け戦をして国家元首としての責任を問われなかったんだもんなぁ。
ホント天皇制って不可侵だったんだな。(W

そろそろいい加減にこの馬鹿な天皇制にピリオド打つべき。

905 :朝まで名無しさん:03/11/30 21:48 ID:iecKuIGl
昭和天皇って、軍人さんが死んだりしたときに
安全なところで「お手製和歌」つくって済ませてたんでしょ?


 気 楽 な も ん だ ね(w



906 :朝まで名無しさん:03/11/30 22:19 ID:715+qfOo

通りすがったら、市民の仮面をかぶった、ドス赤黒の、臭い汚い、いつも左側に座る、
幼稚な思考の餓鬼のような臭いがする。
意図的なチ○ンかな・・・。それとも脳みその逝かれた救いがたい、いわゆる市民
グループと称する例の破廉恥な者共かな。
こんなのがいなかったら、どんなに世の中は平和なことだろう。
あーあ、やだやだ、味噌も糞も一緒の世の中だもんな。
馬鹿につける薬はない、馬鹿は死んでもなおらない。
それにしても昭和天皇は、すばらしい神様のような偉大な人であったな・・。
世界にあんな偉大な人は何人もいないだろうな。
赤い尺度を持った者には決して、永遠に分からないことだよ。
そして、人格が素直でなく、心が偏屈している者には決して分からないことだよ。




907 :S−RAM:03/11/30 22:41 ID:lfmXN4UQ
>それにしても昭和天皇は、すばらしい神様のような偉大な人であったな・・。
>世界にあんな偉大な人は何人もいないだろうな。

こんな思い込みこそ、「宗教」とよぶべきであろう。

908 :朝まで名無しさん:03/11/30 23:06 ID:Hw868nu8

マッカーサーの過ちは、天皇を残したことと、朝鮮戦争の敗北。

909 :朝まで名無しさん:03/12/01 07:17 ID:fEjpaxTE
左翼の中に、場合によって米英中心主義エージェントも乗り入れてくるわけだw
これは複雑怪奇な様相だな

910 :朝まで名無しさん:03/12/01 11:33 ID:CmRSNDK5

赤い旗を振って、いつも左隅のイスに座り、物事を斜めに見て、世の中を卑屈に生
きる 0.数パーセントの極くわずかな社会のゴミどもが、赤い国が発する嘘の歴史
をそのまま鵜呑みにして、操られているのも知らないで、彼らの傀儡に成り下が
っている。彼らの生き様は、自分にツバをかけ続けているのとまったく同じ。
その様は滑稽としか言いようがない。
この者たちは、やがて史観思考の幼稚園を卒業して、覚醒して真実を知り、中央の
正道に戻り、自責の念に苛まれることになる。
しかし、頭が悪く、こころのひん曲がった者は、なかなか直らない。
一生苦しんで生きるが、彼らには、自分の苦しみすら感じとれない、かわいそうな
輩。こいつらは、未だ拉致はないと信じている。
おそらく先祖は、ハタレであろう。


911 :朝まで名無しさん:03/12/01 11:50 ID:QfHhovRB

北朝鮮の基地外も
天皇狂徒の基地外も
共通なのは何をいっても、    通 じ な い 。

912 :朝まで名無しさん:03/12/08 16:21 ID:i45T5WIY
>>890-895
どこから持って来た文書か、ぜひ教えて欲しいもんだな(嘲

913 :朝まで名無しさん:03/12/08 18:21 ID:n6CFRy7y
日本はこれまで一度も異人に支配された事はなかった
あのモンゴルのフビライにもだ
然るに昭和天皇の生ぬるい判断にてあのアメに喧嘩吹っ掛けてしまい
初めて異民族の支配に屈する事になった
明治帝の業績をチャラにしてしまう失態なのだ
300万の英霊を忘れアメのデズニーランドで遊んでいる感覚が理解できぬ



914 :朝まで名無しさん:03/12/08 18:32 ID:0TS9YMm7
そろそろ中傷ネタも尽きてきたようでw

915 :朝まで名無しさん:03/12/08 18:43 ID:5RgSpJUz
>>914
ちゅうしょう【中傷】
根拠のない悪口を言い,他人の名誉を傷つけること。 (新辞林 三省堂)

根拠を挙げているものを中傷とは言わない。
中傷とは>>906 >>910のような書き込みを言う。

916 :朝まで名無しさん:03/12/10 23:33 ID:IcOkKS+m
敗戦直後に明仁天皇(当時皇太子)に宛てて出した手紙の一部より
「敗因について一言言わせてくれ
我が軍人が精神論に重きを置き過ぎて科学を蔑ろにした事だ」

負けた後に言ってんじゃないよ

917 :朝まで名無しさん:03/12/10 23:35 ID:7Vqh4kbQ
共産主義を憎むものが真に幸福をもたらすものではない


そんな事実を教えてくれた意味で名君だった

918 :朝まで名無しさん:03/12/10 23:36 ID:7Vqh4kbQ
もっとも、モスクワと条約むすんだくらいだから
共産主義が心底嫌いであったわけでもなさそうだし(w

919 :S−RAM:03/12/12 00:31 ID:H1sioTqV
>>917
な〜んか切ないねえ、真実ってこんなに切ないのかしらん。

920 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/12/17 13:34 ID:3whL2ndm
仮に対米戦争を回避しようとするなら、ハルノートの受諾だな。
数年早く満州・樺太・朝鮮の悲劇が起き、東北では大暴動が起こり、餓死者が続出。

東京でも焼き討ち事件は起きただろう。
んー、朝鮮は相変わらずおとなしいまんまか。一度でもレジスタンスしてれば連合国の仲間入りできたのに
できてないし。

沖縄と樺太と千島全島(4島ではない)は保全された、かな。

その代わり、仏印・蘭印などは独立未遂だったかもしれない。
何より問題なのは、おそらくは未だに華族が幅を利かせ、寄生地主に年貢を納めねばならない小作農民が
多かっただろうということ。
まあ、その副産物として過疎化には歯止めがかかっただろうな。

対米戦争を吹っかけてよかったのは、これらが敗戦の影響ですべて消え去ったこと。
逆に消えて困ったのは、陪審制・明治維新後に失われた江戸文化をゼロから100年以上にわたって
築き上げた東京文化の喪失・いわゆる地位にふさわしい教養とバランス感覚をもった超エリートが消えたこと。

921 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/12/17 13:37 ID:3whL2ndm
さて、視点を変えてオリンピック作戦・コロネット作戦まで実行に移されたらどうだっただろうか?

現実には北は千島・樺太で1945年8月19日〜8月23日の間にソ連軍は多大な被害を出し、千島樺太の
領有宣言に至ったのは10月のことだ。
武装解除命令が下った後で侵攻を受けた状態ですら10月まで粘れたのだから、完全装備で本土決戦用に
部隊の抽出を受けていない完全状態でソ連軍を迎え撃ったらどうだっただろうか?

史実では3日の間にソ連軍に3000名の死傷者を強いている。
このことから考えて、仮に北海道に進入を許したとしても、それは46年になってからのことだろう。

一方米軍は九州方面から攻めると手痛い目にあうだろう。宮崎から小倉を目指すルートは官僚が意図的に
発展を遅らせたともいわれるほど、整備がなされていない。
四国方面も、高知は取れたとしても、山岳戦となると話は変わってくるだろう。
中国にせよ、本州にせよ、ゲリラ戦と化すだろう。

この場合、やはり東京急襲しかあるまいが、時間がたてば昭和帝は松代大本営に退避されただろう。
そうなれば・・・まー今のソマリアよりタチの悪いことになっただろうな。

そう考えると、今の歴史の流れは不幸ではあったが、結構マシな部類に入るかもしれないね。

922 :たけヤーン:03/12/17 14:25 ID:T2M5GhCM
100万の同朋の 屍乗り越えて 大和魂で 戦うのではなく
ピカドンで 大和魂は 吹き飛び ひ弱な日本人に 再生された

923 :朝まで名無しさん:03/12/17 21:56 ID:uVZ21g2d
もし米ソに分割占領されていたらどうなったか、をテーマにしたシミュレーション
「トップ・シークレット ―防がれた日本の分割占領―」という番組がずいぶん前に
放送されたんだが。
見た記憶のあるヤツいる?

924 :朝まで名無しさん:03/12/17 22:07 ID:xl69G+yr
サムライは先の大戦でみんな死んじまっただよ。

925 :S−RAM:03/12/17 23:15 ID:Q5eFj8iJ
>>924
サムライが良いなら貴方がサムライになるか、貴方の子供をサムライに育てれば良い。

926 :朝まで名無しさん:03/12/18 01:35 ID:+pyr+hwJ
>>925
侍は「さぶらう」から来ているとうり
仕えるご主人が居なければ成り立たない。
そうでないなら、ただの武装集団。
侍になるとか育てるとか、あなたは無知ね。

927 :S−RAM:03/12/18 21:16 ID:x/fE8xiX
>>926
会社に仕えればよいじゃん。
国家にでも良い、良い公務員に育ててくれたまえ。

928 :  :03/12/18 21:25 ID:Q6tfwMz7
あれ、ハルノートって確か旧ソ連のスパイが草案を作ったって
最近どこかで見た覚えがあるんだが・・・
記憶違いだったらスマソ

929 :朝まで名無しさん:03/12/19 00:41 ID:bPfgy3B9
>>927
“社畜”になる事を勧めてるのかね?
社畜養成と言えば、狂セラが有名だが(w

930 :S−RAM:03/12/19 18:34 ID:S+PzBGn6
>>929
それは自由だと思いまつ。
それぞれ勝手に判断されるのが良いと思います。

私としては、真面目で優秀な社員も欲しいし、真面目な公僕たらんとする公務員も欲しいです。

931 :朝まで名無しさん:03/12/27 02:45 ID:bgBxZMPb
>「私が深く悲しみとするあの不幸な戦争」

って、経済封鎖と列強のアジア侵略のせいで開戦せざるを得なかった日本の正当性を、
当時の世情で可能な限り主張した発言だったんじゃないの?
俺には、「日本」という国の誇りを守ろうとした立派な発言に思えるのだが?

932 :朝まで名無しさん:03/12/27 03:59 ID:UtqX2cWp
>>931
まったくその通り。
大東亜戦争(なぜアメリカに習って太平洋戦争とするのか謎)は、必然であったし
昭和天皇を安易に批判するのは、大間違い。
そんなヤツは、あの時日本のおかれた立場がまったく分かってないヤツだな。

933 :朝まで名無しさん:03/12/27 11:46 ID:nHUKnDgk
>>932
北朝鮮とは異なり、
我々が徴兵制からもネット規制からも解除されているのも
昭和天皇の名君のおかげだ。


934 :朝まで名無しさん:03/12/27 12:46 ID:ST63zBdh
天皇に限らず戦前の指導部は、国際情勢の空気が読めないバカだった。

935 :朝まで名無しさん:03/12/27 16:39 ID:KPnM2np2
>>933
では、一部で喧伝されている「押しつけ憲法」論も否定するのだね?(w

936 :朝まで名無しさん:03/12/27 17:16 ID:j3PJmPUD
>>933
ならばこの世が存在するのも昭和天皇様のおかげですか?


937 :朝まで名無しさん:03/12/27 17:49 ID:vO/rn/IC
現在の国家大赤字も迷君のおかげだ。

938 :朝まで名無しさん:03/12/28 01:07 ID:Rc+b6R4Z
>>933
ウヨっぽく茶化すな。

>>935
無知で悪いが「押しつけ憲法」論って何?

>>934
当時の国際情勢をどれだけ読めても、アジア人に有利な世界なんて作り出せる余地はなかった。
帝国主義全盛の時代では、欧米列強諸国の大半はアジア人を地表に這うゴキブリか、どう好意的に見ても
家畜ぐらいにしか見てなかった。
どういう空気を読むと平和と安定を当時の「アジア」で両立できたのか、ぜひ教えてほしいね。

>>936
西洋の一神教の「神」と混同するな。
933の発言から、どう言う風に思考が飛躍すると、「この世が存在するのも…」になるんだ?

>>937
結局、現在の国家大赤字を誰のせいにしたいのかわからん。
終戦直後から、どれだけ時間がたち、どれだけ豊かになったよ?
少なくとも、高度経済成長は、昭和に起こった出来事だが?
さらに言わせてもらうが、現在の政治を動かしているのは、「官僚や政治家」で、富を作り出しているのも、
この国の主権者も、「国民」のはずだが…?


939 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/12/29 12:51 ID:U7aTv2HK
>>938
昭和20年8月15日革命説、8月革命説っていうのがある。

この時点をもって天皇から実権が奪われ、国民へ実権が移されたので、本来ありえない
大日本帝国憲法の改正という形で、現在の日本国が成立した。

初代首相は伊藤博文となっており、刑法や監獄法、民法などの多くの分野の法律は帝国時代を
そのまま受け継いだのに・・・・・

憲法だけは全面改正された。

旧帝国暫定政府がGHQに上申した草案は「天皇主権」を残すものだったので、GHQは事前に1週間で
GHQの民生局?だったかな?に、作らさせておいた草案を突きつけ、日本暫定政府は、これを、ほぼ
丸呑みした。

だから、「押し付け憲法」論が存在する。

ただし、憲法9条の微妙な翻訳などに当時の政府のせめてもの抵抗があるとも言われている。

940 :ちく ◆UwK2vSKFOA :03/12/29 12:53 ID:U7aTv2HK
>>937
>>938
ここまで国債依存度が高まったのは、バブル時に増収した際に国債を積極的に還元したり、
韓国・北朝鮮【以外の】アジア諸国への軍票の回収などの費用に当てずに、ひたすらに公共事業に
金を使いつづけ、。ODAで無駄金使いつづけた当時の政府・役人・政治家・地方から陳情しに行った
議員連・圧力団体の責任。

941 :S−RAM:04/01/03 19:53 ID:dfmoMuCs
>>940
その議員を当選させた有権者の責任だと思うよ。
ま、責任とってこれから増税と低福祉にあえぐわけだが...。

942 :朝まで名無しさん:04/01/06 23:30 ID:cK0KtHtv
とんだ税金の無駄。
よくのうのうと生きてこれたもんだよ。

943 :938:04/01/07 01:50 ID:S7SrZr/T
>939

ありがd

944 :朝まで名無しさん:04/01/16 15:44 ID:tdT/gxBf
>>939
その説には賛成できないな。
8月の時点では、権力は天皇制政府からGHQに移ったに過ぎない。
名実共に主権在民になったのは、日本国憲法が施行された日からだ。

945 :朝まで名無しさん:04/01/25 21:34 ID:sWSH58a4
  

946 :次スレはこっちでいいんじゃないの?:04/01/26 22:32 ID:adfD5PmX

【嫌中ウヨ】天皇はケ小平に謝罪した【国賊】
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news2/1072259862/
1 名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:03/12/24 18:57 ID:ri3engrS
岩見隆夫 敗戦記念日と「昭和天皇」の偉さ
http://www.mainichi.co.jp/eye/iwami/sunday/2002/0901.html
かつての天皇取材で知ったことだが、中国の最高実力者だったケ小平(当時の肩書は副首相)が、
戦後はじめての中国要人として来日したのは七八年十月、日中平和友好条約の批准書交換に立ち会うためである。
このとき、宮中を訪ねたケさんに、昭和天皇は、
「わが国はお国に対して、数々の不都合なことをして迷惑をかけました。ひとえに私の責任です……」
と語りかけた。事前のシナリオにない率直な謝罪の表明である。
瞬間、ケさんは立ちつくし、電気にかけられたようになって、
言葉が出なかったという。終生、ケさんは天皇ファンだった。

昭和天皇は謝罪したのに、未だ一向に反省しない人達がいる。
口頭とはいえ、天皇の心からの謝罪が中国人の心に届いた。
大御心に背く国賊とは、中国人に対して反省しない人達ではなかろうか。
天皇陛下の綸言は汗の如し。
嘘など、つくはずが無い御方ではないか。

947 :朝まで名無しさん:04/01/27 08:36 ID:xytTxm1E
>>938 漫画本の受け売りコピペやめたら?w
    

948 :朝まで名無しさん:04/01/27 08:39 ID:xytTxm1E
>>938の頭の悪さ


>当時の国際情勢をどれだけ読めても、アジア人に有利な世界なんて作り出せる余地はなかった。
 「当時の状況からしかたなかった」=「議論すること自体ムダ」=思考停止


>西洋の一神教の「神」と混同するな。
 日本の八百万の神(やおよろずのかみ)を廃して成立したのが、統一国家神道の神なんすけど?(pu

最後は単なる循環論法なので、ツッコム価値もなし
漫画ばっかよんでないで、もっとお勉強ちまちょうね♪



949 ::04/01/29 15:35 ID:Vha8D7Dm
>>948
あなたの言ってることに疑問があります。
それは、
>日本の八百万の神(やおよろずのかみ)を廃して成立したのが、統一国家神道の神なんすけど?
と言う部分です。
まず、国家神道は八百万の神を廃していないばかりか、
国家神道自体多くの誤解を受けているもので、
もともと神道としてあった言葉ではなく占領軍が名付けたものです。
そもそも、日本の皇室祭祀は古来よりあるもので、
八百万の神を廃してしまうなら、記紀に記された
国体観を覆すことになってしまうのです。
それはまた、天皇という存在を希薄にするばかりでなく、
神道としても成り立たないものなのです。
最も、>>938の言うことにもいくつか誤謬があるのは解かりますが、
日本の正道の歴史を学んでほしいものです。
決して日本は、多くの教科書に載ってるような悪道の国であらずして、
大東亜戦争も意義があったと知っていただきたいものです。


950 :S−RAM:04/01/31 23:27 ID:DrjWwnZz
>>949
>記紀に記された国体観を覆すことになってしまうのです。

もし、記紀に書かれたこを鵜呑みにするなら、天皇家は日本への侵略者だな。
高天原へ帰ってもらうか?(中国か朝鮮か宇宙かしらんが。)

951 ::04/02/01 00:17 ID:4hPP2eRo
>>950
天孫降臨のくだりですか?
高天原は、天津神々がおいでになる天のさらに上の世界ですよ。
さらに、天皇陛下は天津日嗣なのです。
あなたは間違っておいでです。

952 :朝まで名無しさん:04/02/01 00:19 ID:vf8WTnC3
宇宙人だったのデスね 太陽系かな?それとも…足八本?もっと深く追及すべき

953 ::04/02/01 02:00 ID:4hPP2eRo
確かに我々も宇宙人ですねw



954 :S−RAM:04/02/01 08:35 ID:h1SaYjYF
え、菊さんって不思議さんだったのでつか?

955 ::04/02/01 16:17 ID:4hPP2eRo
>>954
はい、もちろん視点を変えればという意味ですよ。


956 :S−RAM:04/02/01 17:34 ID:anf7qewp
私の>>954発言は、菊さんの>>951発言に対するものです。
菊さんって不思議さんとか呼ばれてませんか?

957 :朝まで名無しさん:04/02/01 17:48 ID:r61qoqWU
またまた、上がりましたね。

そろそろ、次のテンコロスレを立ててくれー。

  

958 :朝まで名無しさん:04/02/01 18:08 ID:R1k+/rya
まあ天王制廃止論者は少数派ってことでw

959 :朝まで名無しさん:04/02/01 18:15 ID:G3ZuJ+77
今では、天皇無関心派が大多数。

天皇の顔すら思い浮かばん。


960 :S−RAM:04/02/01 18:18 ID:0nOoMf+l
>>959
昭和天皇の顔写真と今上天皇の顔写真を見せてどっちが今上天皇でしょう?
とクイズ出したら...今上天皇って何?

と答えるだろうなあ。

961 :朝まで名無しさん:04/02/01 18:21 ID:R1k+/rya
今上天皇ってなに

962 :朝まで名無しさん:04/02/01 18:23 ID:R1k+/rya
>>959
無関心って何?
日本が天皇制であることを知らないやつが多いのか

963 :S−RAM:04/02/01 18:46 ID:0nOoMf+l
>>962
多分、今上天皇の名前を漢字で書けない人が大多数だって。

964 :朝まで名無しさん:04/02/01 18:47 ID:R1k+/rya
まあ学校でならわないからね

965 :???:04/02/01 18:49 ID:etmaChqX
よく知らない奴って知らないうちから廃止、廃止って連呼するね。街宣車?(w


966 :朝まで名無しさん:04/02/01 18:50 ID:srwBJ2WI
とにかく無責任。

967 :朝まで名無しさん:04/02/01 18:52 ID:R1k+/rya
>>965
ネットでは連呼してるけど
現実ではできてないようだね

968 ::04/02/02 09:05 ID:Dbz6qjGS
>>956
アーそういう意味ですか。
ですから、記紀に依る高天原の考え方が、
今に照らし合わせると宇宙になると言いたいんです。
そもそも、アメノミナカヌシノカミは宇宙の根源神とされています。
なんら、可笑しいことはありませんよ。


969 :S−RAM:04/02/02 22:41 ID:NlfMIEVM
>>968
で、その記紀の伝承が真実だと思います?嘘っぱちの創作話だと思います?

970 :朝まで名無しさん:04/02/02 22:54 ID:w9AXFQ1k
もはや、巷ではテンコロと馬鹿にされている。

こんなに軽んじられている君主を何億もかけて養う必要はないでしょう。



971 ::04/02/02 23:06 ID:Dbz6qjGS
>>969
こう考えたらどうでしょう。
そもそも、この広い広い宇宙のなかに
私達がいること自体が夢幻のようなものなのです。
また、記紀は真実か否かではなく
我々日本人のこころの原風景であり、誇りなのです。
天皇陛下を頂かせてもらっている我々としては、
万世一系の思想の元に日本人を日本人足らしめる重要なものなのです。
神道もまた、日本人にとって欠かせないものなのです。

972 :朝まで名無しさん:04/02/02 23:22 ID:8TxujJcG
朕と爾等国民との間の紐帯は、終始相互の信頼と敬愛とに依りて結ばれ、単なる神話と伝説とに依りて生ぜるものに非ず。
天皇を以て現御神とし、且つ日本国民を以て他の民族に優越せる民族にして、延いて世界を支配すべき運命を有すとの架空なる観念に基くものにも非ず。


973 ::04/02/02 23:27 ID:Dbz6qjGS
>>972
昭和天皇のいわゆる「人間宣言」がどうかしました?

974 :S−RAM:04/02/02 23:46 ID:NlfMIEVM
>>971
やっぱ、不思議ちゃんだね。

975 :朝まで名無しさん:04/02/03 00:25 ID:PVNOb/WM

  Λ_Λ ←>>1     ☆
 <ヽ`Д´> ☆      /
  ~~~~~~ \     /) ∧___∧
    \\\\ (( ( ヽ(・∀・ ) ≡
          ___\ /    て) ≡
           ( つ つ\  く ̄ ≡
          )  ) ).  \  )  ≡
           (__)_)    し' ミ



976 :朝まで名無しさん:04/02/03 00:26 ID:PVNOb/WM
                 貴様か!このスレをたてたのは!
    ∧_∧                  ∧ ∧_
  Σ<丶`Д´>   +         ____(゚Д゚,,) ヾ
   /    ヽ  `========ll⊂| >    | ∨/| ̄`ヽ
   | >>1 | |            | >  i | // |  i  |
   | |   | |              ̄ ̄| |//.  |  |へ|
    ∪ イ ∪               | |=∞==|  |ナ
    | || |                  l___|  i  |_|
    | || |                   /    |   ヽ
    | || |                   L__⊥___」
.    (_フ_フ                /Y_l   〈_Y`、
                         ̄      ̄


          斬ってよし!!
───────────────────────────−──────―
────────‐───────────−────────────―─‐
─‐────────────‐────────‐∧_∧ ───‐──―──‐
─────‐∧ ∧,〜 ────────────‐<丶`Д´> ────―─‐──‐
──−──‐( (⌒ ̄ `ヽ───_ ───────‐ /    /─―/ヽ────―─‐
──―───‐\  \ `ー'"´, -'⌒ヽ──────‐| |>>1/‐─‐/ | | ─────―
―‐――──‐ /∠_,ノ    _/_───‐―──―─‐| |  /─―/ | |―────―‐
─────‐ /( ノ ヽ、_/´  \―────‐──‐∪ ./──,イ ∪ ────―─
────‐ 、( 'ノ(     く     `ヽ、 ―────―‐| /−─/|| | ──−───―
───‐‐/` ―\____>\___ノ ──────‐|/──/ || | ────‐─―‐
───/───―‐/__〉.───`、__>.―‐―───‐─―‐| || | ─────―─
──/──‐──────────────―−───‐(_フ_フ─────―─
─/────────−────────────‐──────────―‐



977 :朝まで名無しさん:04/02/03 01:26 ID:+PLyEVpR
>>1

結局このスレの目的って、
日本には未だに自国の戦争責任に目をつむり、
天皇の戦争責任にも目をつむり、
て人間がたくさんいるんだぞって喧伝する事なんでしょ?

2ちゃんは隣国民も結構読んでるからね。
そーやって隣国民の反日感情を煽ってるんでしょ?

お見通しですよ、カルトさん(笑

978 :朝まで名無しさん:04/02/03 09:51 ID:stuvfRg5
「過去の克服」が全く為されていないのも事実だよな、>>977よ?

979 :朝まで名無しさん:04/02/03 20:01 ID:aYd1X1I/
過去の克服って?
マッカッサー憲法の改正?

980 :朝まで名無しさん:04/02/13 16:47 ID:JLYGeT5B
>>977
いーや。スレの目的ってあんたみたいな低脳を釣り上げて
観察する事 きゃはは

981 :鶴哲人:04/02/29 12:46 ID:6BkuX/1/
天皇スレは政治思想板へ

382 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)